FC2ブログ

日比谷ゴジラスクエア ゴジラ像

さて今回はバンダイ ムービーモンスターシリーズ「日比谷ゴジラスクエア ゴジラ像」です。

シンゴジ日比谷3

これ以上余計なものを買いたくないので、ムービーモンスターシリーズのソフビはスルーしているんですが、これは引っかかりました。映画のスーツでなくて、日比谷スクエアに設置されているゴジラ像をモデルアップしたところに惹かれました。

シンゴジ日比谷4

△ 日比谷スクエアのゴジラ像

日比谷シャンテ前(旧 合歓の広場)には以前からゴジラ像(ビオゴジ版)が設置されていましたが、日比谷シャンテのリニューアルに合わせてシン・ゴジベースのゴジラ像に変わりました(旧ゴジラ像はTOHOシネマズ日比谷のロビーに移設)。このシン・ゴジベースのゴジラ像をソフビ化してしまうとは面白すぎます。

シンゴジ日比谷2

銅像ベースなので、ソフビ自体も黒一色で目などの彩色もありませんが、のたくった長い尻尾と、展を見上げて咆哮するポージングは像そのものです。肌の質感に若干シャープさが無いのは気になりますが、価格を考えれば妥当なところでしょう。

怪獣ソフビの世界も どんどんマニアックな方に向かっている気がしますが、既に絶版となっているものやモデルアップされていないモノも多いので、上手く商売していって欲しいですねw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



スポンサーサイト

MG543 MGC SFA V10ウルトラ コンパクト オールシルバー

さて今回は「MGC SFA V10ウルトラ コンパクト オールシルバー」モデルガンです。

MGC V10S

このモデルは以前中古で入手したモデルで、内部を見る限り未発火のようでした。トリガー等が異なる画像も散見できますが、どこまでオリジナルなのかは不明です。入手後はラバーグリップが劣化していたので、同じHOGUEグリップに交換した以外は特に手を入れていません。

MGC V10S2

MGCと言ってもTAITO時代の製品なので内部や細かいパーツに荒さがありますが、幸いにもメッキ自体は良い状態で、仕上がりも悪くありません。店頭では一度しか見たことが無かったモデルなので、販売数はそれほど多くなかったと思われます。

MGC V10S4

左側スライドの刻印は「V10 ULTRA COMPACT」「CAL.45」書体が若干平べったい感じですけど雰囲気は良く出ています。

MGC V10S3

右側スライド刻印は「SPRINGFIELD ARMORY」の社名とロゴマークが入っています。ベレッタ社の訴訟があった直後は軒並みメーカー刻印を自粛してたけど、V10はどうだったんですかね。初期のコンベンショナルタイプのリアサイトが付いたモデルは刻印が無かったようですけど、未確認なんです。

フレームには「SPRINGFIELD ARMORY GENESEO IL. USA」「N343905」の社名・所在地。シリアルNOが入っています。実銃では刻印がもう少し前方に寄っているようですけど、この位置のモノもあったのかもしれません。

MGC V10S6

特徴的なスライドの孔とバレルに開けられた10個のエキゾーストポート。恐らくバレルはオフィサーズなどと共通で、痕からポートを加工してつくらてたモノと思われます。思っている以上に手間がかかってたんですね。

MGC V10S5

いま見ると、フレームがスプリングフィールド製らしくなかったりもしますが、手軽に手に入れられるV10のモデルガンとしては唯一のモノですね(BWCのV10とかもありますが、限定モデルの上にお高いので)。

金型持っているはずのCAWが出さないは、金型が揃っていなかったのか後加工が多かったのか、何らかの問題があるのでしょう。個人的にはバレルとマガジンだけでも作って欲しいですねw

今日はここまで!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



ゴジラ検定 合格しましたw

3月に開催された「第1回 ゴジラ検定」の結果が戻ってきました。
結果は初級は正解率9割で合格、不安だった中級も正解率8割で合格でした。

ゴジラ検定

送られてきたのは合格認定書と採点結果だけでしたけど、久しぶりの試験結果ということもあって嬉しかったですね。受かったからと言って、何の役に立つと言うことも無いんですけどね。

人に自慢したい用?の合格認定カードは別途有料申し込みしないといけません。商売臭プンプンですけど乗るしか無いですね。何せ公式テキストやら受講代やら既につぎ込んでますからw

この手の検定は色々あるみたいですが、マニアやオタク心をくすぐるネタが揃っている上に、無駄な知識を認めて貰いたいニーズに合わせた上手い商売だと思います。

今後味を占めて「ゴジラ検定 上級」もやりそうですけど、また乗せられるんだろうなw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



2019静岡ホビーショーの東京マルイ新製品 を見てきました!

5月11日(土)に第58回静岡ホビーショー」をに行ってきました。
いつものように、東京マルイのブースで見かけた新製品について紹介します。

2019静岡ホビーショー8

マルイのブースに来て最初に気付いたことは、いつもよりブースが狭い事。大がかりなステージも無いし、いつものレンジや体験コーナーがありません。メイン看板も3年前から同じモノを使ってるようで、販促予算の削減を想像してしまいました。

2019静岡ホビーショー2

メインに展示してあったのは「89式小銃 折曲銃床型」。新製品と言っても昨年発売された「89式小銃 GBB」のバリエモデルです。しかもマルイHPの予告に出ていたので、驚きは無かったです。

2019静岡ホビーショー

バリエモデルと言っても折曲銃床はアンビセレクターに対応した新規設計のようですし、ロアレシーバーもストック取付部位の形状変更で新規に作り直しているとのこと。また89式用外装を変えたコンパクトな20連マガジンが付属するので、中々魅力的に仕上がっています。8月ぐらいに販売予定のようです。

2019静岡ホビーショー5

6月にも発売が予定されている「FNX-45」。FN刻印こそありませんが、雰囲気は抜群です。昨年のマルイフェスタでは作動モデルを展示していたのに、今回はなし。これは全ての展示モデルに共通だったので、会場内での作動に規制がかかったのかもしれません(クラウンのコーナーではレンジがあったので別の理由かも)。

2019静岡ホビーショー3

個人的に気になっている「V10コンパクト」は「FNX-45」の後の発売になるとの事なので、7月ぐらいかな。こちらもスプリングフィールドの刻印が無いですけど、別途プロサイト用マウントが付属する仕様になっています。

個人的には10年近く前に発売された、「FNX-45」なんかよりも、アメリカ軍制式ピストルになった「M17」[M18」の製作発表があることを期待したんですが、この分では望み薄ですね。

2019静岡ホビーショー4

小説「ガンゲイル・オンライン」コラボの「Vorpal Bunny」。デトニクスベースですけど、特徴的な色合いと相まってチョット惹かれるデザインです。発売予定日・予価とも未定との事ですけど、予約段階で無くなっちゃうんでしょうね。

2019静岡ホビーショー7

予約で無くなると言えば、発売が6月に延期された「Lightning Hawk」も展示されていました。発売した割には生産数は増やしてないようなので、確実な入手は難しそうです。そんなモノを展示されてもなぁ。

2019静岡ホビーショー6

昨年末に発表された「Mk46 Mod.0」は量産モデルに近い状態まで改良が進んでいるとのことでしたが、今回もはデモも無く展示のみの状態でした。試射できるようになるのが楽しみですけど、気軽に買えない価格になりそうですね。

他にも「HK45 Tactical BLACK」や「MTR16 GOLD MATCH」が出品されていましたが、殆どが昨年の「マルイフェスタ」で発表されているものばかりで、しかも事前にマルイのHPで発表されていた(ヒント扱いでしたけど)ので、残念ながら新鮮味や驚きは乏しかったですね。

下半期の「全国模型ホビーショー」や「マルイフェスタ」に期待するしか無さそうですね。マルイまで元気が無くなることが、ありませんようにw

もう少し詳しい「2019静岡ホビーショー」の記事はこちら

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



ベレッタ M9A3用ピストルケース

さて今回はGW直前に入手した「ベレッタ M9A3用ピストルケース」です。

M9A3BOX

実銃のベレッタM9A3は、このコンテナ風のケースに入れられて販売されているという記事を見てから、このケースが欲しくて仕方なかったのですが、ようやく手に入れました。国内で買うと現地価格の倍ぐらいになってしまいますが、個人輸入する送料や手間を考えると妥当なところですかね。

M9A3用のグリップが異常な国内価格だったので、逆に割安感がありました。

M9A3BOX2

アモケース風の本体は樹脂製で、見た感じよりも軽く作られています。蓋の内側周囲には防水用のゴムチューブが貼られています。内部はウレタンスポンジで、仕切りが作られていて、それぞれのパーツを納めることができるようになっています。

M9A3BOX3

M9A3本体とマガジン2本、オプションのラップアラウンドグリップが入るスペースになっているので、それぞれ詰めてみると中々良い感じになります。こういう小さな満足感が実銃アクセの醍醐味です。

M9A3BOX4

今回のケースの色はコヨーテブラウンとかに近い色。それに対してKSCのM9A3のカラーがイエローに寄り過ぎなのが気になります。イメージ通りにするなら、やっぱり塗り直すしかないですね。全バラして、バレル、スライド、フレームマグバンパーをれぞれを別々の色に塗装するのは結構面倒です。

梅雨に入る前に思い切ってチャレンジするかな〜w
今日ここまで!!!!!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



道楽カウンター
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR