AG325 UMAREX(VFC)HK45CT GBB

さて今回は「UMAREX(VFC)HK45CT」GBBです。

UMAREX HK45CT

先月中旬頃に発売された海外製GBBですが、最近のUMAREX(VFC)は製品のレベルが高くなっていたので、ネットで予約をして入手しました(UMAREXのHK45はKSC(KWA)のOEM製品だったので安心していたのもあります)。

パッケージは従来通りのUMAREX製品でしたが、開けてみてビックリ。一昔前の海外製GBBのようなツヤ有りブラックの分厚い塗装仕上げのスライドが最初に目に入りました。細かい部分を見ると、トリガーの形状は違うしスライドトフレームにスキマはあるし、どうやらKSC(KWA)製のHK45をコピーした別メーカーの製品のようです。

UMAREX HK45CT2

内部メカは、リアルライブオペレーション機構もそのままコピーしたようですが。マガジンもフォロアーにロックのないマルイ方式。

分解しなくてもリコイルSPガイドを回すことでHOP調整ができる独自アレンジメカが搭載されていますが、分解時はそれが仇となってスライドからバレルとリコイルSPユニットを取り出すのが面倒になっているので、特に優れているわけではありません。

UMAREX HK45CT4

そのHOPも、ノンHOP状態だと見事に弾ポロするので、強めにHOPをかけた状態で発射することになります(ローディングノズルが延長されているのが影響しているようです)。HOPの問題を覗けば、作動はスゴぶる快調。

16mm正ネジのKSC製SOCOMサプレッサーを付けても、ブローバック作動に影響は無く。下目に着弾気味の弾道にも問題ありませんでした。作動だけで言えば、前作のVP9に匹敵するぐらいの完成度です。

UMAREX HK45CT3

マガジン装着時にガス放出バルブとノッカーが接触してガス漏れを起こす欠点もありますが、マガジンキャッチを押さえながら入れれば問題無いので少しの調整で直るでしょう。あとはスライドの塗装を仕直して、トリガーをKSC製のHK45のトリガーに変えれば、満足できるレベルにはなると思います。

これって、海外製トイガンが安さだけが売りだった時代と変わらないレベルですよね。作動が良いだけの製品は、やっぱり満足できないですね。UMAREX(VFC)は仕上げやメカの再現についても評価してただけに残念です。

今日はここまで!!!!!!!


UMAREX(VFC)HK45CTの詳しいレビュー記事はこちら


新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


スポンサーサイト

高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 クリアブラック

さて今回は「高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 クリアブラック」

ブラスター水鉄砲3

言わずと知れた映画「ブレードランナー」に出てくるブラスターを水鉄砲にした玩具です。原型を「Elfin Knights Project」の高木式爆砕拳銃が原型で、代表の高木氏が監修しているので、水鉄砲とは思えないリアルさです。

ブラスター水鉄砲

細かいディテールも、できる限り再現されていて水鉄砲とは思えない拘り感満載です。反面パッケージ自体は良くある水鉄砲のビニール製パッケージなので、チープ感満載。水鉄砲だからこんなものでしょう。

ブラスター水鉄砲2

付属のオレンジのパーツは恐らく海外向け用のもの。受光部のパーツを交換すれば、海外のトイショップによくある、子供向け鉄砲トイのカラーリングになります。

ブラスター水鉄砲4

本体がクリアブラックでグリップがクリアオレンジなので、色目的にも良い感じです。バリエカラーのシルバーモデルはボディの色がグレーでグリップがブルーなので、ちょっと残念な感じです。水を入れて撃ってみると、普通の水鉄砲ですね。

トリガーの素材も本体と同じポリと思われるので強度的には弱そうです。またリアルサイズのグリップが太いから子供は握れないでしょう。こんなの知ってるのはいい年の大人だから、子供が握れなくても問題無いって事でしょうけど、それなら大人向けに強度を上げる工夫が欲しかったですね。

定価で入手できたなら改造ベースや塗装のベースとしても楽しめそうなので、本末転倒だけれども水鉄砲として云々するのは野暮なのかなw

今日はここまで!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


タニオ・コバ M4A1 CQB試射動画

先日の浅草ブラックホールで、タニオ・コバ ブースでM4A1 CQBをほぼマガジン1本分、撃たせて貰いました。

セミはともかく、フルオートの調子が良いのには改めて驚きました。見ていた限りでは、試射用のM4A1もクリーニング無しに次々と使用していたので、連射能力は相当高いですね。

発火用に何とか手に入れたくなりましたが、本音を言えば以前会場で販売していた「M&P」刻印のM4も欲しいので、なんとか2丁分の資金を貯めないと。

発火用のスタンダードタイプ分を貯める事から始めるべきですねw

タニオ・コバ M4A1 試射動画



新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


浅草ブラックホールで、タニコバ M1911A1カスタムを見てきましたw

8月11日〜13日に開催されている「夏祭り浅草ブラックホール」を、夏の恒例行事として見に行ってきました。

会場に付いたのは10時半頃でしたが、一部でまだブース準備が終わってなかったりして全体に緩み感が漂っていたのが気になりました。相変わらず1フロアを持てあますような出店数ですが、タニオ・コバブースとB.W.C。ブースのモデルガン試射コーナーの発砲音のお陰で、雰囲気は結構盛り上がっていました。

GM7.5M1911A1カスタム

タニオ・コバブースに展示してあったのが、MULEとのコラボモデル、GM7.5 M1911A1ガバメント・カスタムです。本体は製品サンプルでしたがパッケージを含め、ほぼこのまま発売されるそうです。

M1911A1用のパーツをMULEが製作し、タニオコバが製造・組立をしてMULEから発売されるとのこと。MULEサイト以外にも一般流通でも販売されるようです。

GM7.5M1911A1カスタム2

気になる販売価格は正価32,800円と、GM7.5からはUPしてますが、カスタム扱いで木グリ付属ならギリ妥当な感じです。発売は9月を予定しているそうで(製造がタニオ・コバなので、それ程遅れは無さそうです)、生産数は500丁程度とのことです。

GM7.5M1911A1カスタム3

発火方式はダブルヘッドのオープンデトネーターBLKで、ポリマーオープンカートが復活したのも嬉しいですね。シリーズ70も良いけれど、軍用ガバメントにはやっぱり惹かれます。

近々発売と言うことで、今回タニオ・コバブースにあった、タニオ・コバカスタムのCAWデトニクスはスルーしましたが、デトニクス用オープンカート用デトネーター&ハンマースプリングセットを入手したので、MGCデトニクスに組み込んでみるつもりです。

ブラックホール自体は往年の活況は無くなりましたが、タニオ・コバとB.W.C.が出展しているので、自分を含めて年配のモデルガンファンが結構集まっていました。もう少しモデルガン寄りの出展者を誘致すれば、新たな特徴のあるイベントになる可能性はあると思うんですが、どうですかね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


MG491 MGC M.E.U.ピストル その弐

さて今回は引き続き「 MGC M.E.U.ピストル」の詳細編です。

タイトーMEU2

スライド左側刻印は「MODEL 1911-A1」のモデル名と「CAL.45」の口径表示というスプリングフィールドモデルでお馴染みのもの。所持モデルのスライドはHWの湯流れ跡が酷くて、ダマスカス鉄のようですこれでも3丁ぐらいからマシなのを選んだんですけどね。

こんなスライドのイメージがあるので、最近のKSCのHWの湯流れなんて全く気になりません。いいのか悪いのか分かりませんけど。

タイトーMEU3

右側スライドにはスプリングフィールドのロゴマークと、「SPRINGFIELD」の社名が入っています。

フレーム右側、グリップ基部には「SPRINGFIELD」「GENESEO IL. U.S.A.」[NM140735]の社名。所在地。シリアルNOの刻印が入っていますが、アーリーモデルでは軍の保有する程度の良いM1911A1のフレームパーツを使用しているはずなので、この刻印には疑問です。

もしかしたらスプリングフィールド製のフレームを使ったものも、あるのかもしれないですけどね。

タイトーMEU5

メインスプリングハウジングは滑り止めのないストレートなM1911タイプ。実銃でもM1911のものを使用していたのか不明ですけど、ストレートにしたかったら軍の在庫パーツでは他に無いはずなので、あり得そうですね。

タイトーMEU4

アンビセフティーはシアーピンで右側セフティを押さえるタイプで、トラストモデル(レイトモデル)のキングスタイプのものと異なっています。このアンビセフティは、他のMGCモデルには使用されていないみたいなので、わざわざこのM.E.U.ピシトルのために新造したのかもしれません。

所有モデルだけのことかもしれませんが、グリップセフティ下部がメインスプリングハウジング出抑えきれず浮き上がっている感じです。購入時にはそのような記憶が無かったので、パーツ精度だけの問題では無く経年で変わったのかもしれません。

タイトーMEU7

後に発売されたトラストモデルと比較するとサイトの違いだけに目が行きますが、実際にはサイト以外にも、アンビセフティとグリップセフティ、メインスプリングハウジング、ハンマー等の金属パーツが異なっています。

いくらパーツ在庫があったにせよ、しっかり作り分けしていたんですね。モデルガンメーカーとしての意地みたいなものですねw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


道楽カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR