FC2ブログ

MG555 MGC ボブ・チャウ スペシャル Ⅰ その参 ベルトクリップ

さて今回は「MGC ボブ・チャウ スペシャル Ⅰ 」の続きで、実銃のアイコンにもなっている、ベルトクリップの取付です。

MGCボブチャウS23

MGCのボブ・チャウス ペシャルは、最後までベルトクリップは省略されたままだったので、実銃の雰囲気を再現するためには自前でベルトクリップを用意する必要があります。

MGCボブチャウS24
左から、BROWNE&PHARR製、HARTFORD製、WA製

手持ちのベルトクリップは実銃用のBROWNE&PHARR製、HARTFORD製、WA製の三種。BROWNE&PHARR製は最近手に入りづらく、HARTOFORD製は一番入手が簡単ですけど刻印がオリジナル。WA製は単体では販売していないようですけど、同社ボブ・チャウ スペシャル用のパーツがオークションや中古ショップでときどき見かけます。

今回は、ちょっとおごってBROWNE&PHARR製をチョイス。以前紹介した箱入りのBROWNE&PHARR製クリップを保存用にキープしているからというのも理由の一つですが、やっぱり雰囲気に浸るのは実銃と同じモノにするのが一番です。

MGCボブチャウS15

実際の取付時に問題が発生。アンビセフティ用の加工をする必要があったので、直ぐに加工したんですけど、現物合わせをしてみるとセフティレバーの先端がクリップの根元に干渉するのが新たに分かりました。

WA製のベルトクリップでも同じように干渉しますが、WAのボブ・チャウの場合はセフティレバーを若干短くして対応しているようです。実銃の写真を見てみるとベルトクリップ自体を削っているようだったので、今回は面倒でもベルトクリップを加工することにしました。

MGCボブチャウS16

加工自体はドレメルを使って15分程度。仕上げとブルーイングして30分ぐらいで完成です。形状的にも実銃のモノに近くなったと思います。

MGCボブチャウS225
BROWNE&PHARR製ベルトクリップ 左:加工後、右:加工前

ドレメルを使ったから比較的簡単でしたけど、ヤスリで手作業でやるのはしんどい加工ですね。80年代の正価が$4.95のはずなので、スエンソンのセフティを加工するよりは、こちらを加工するのが妥当でしょうね。

MGCボブチャウS18

アンビセフティをONにしたときの、グリップとベルトクリップとの関係はこんな感じ。ベルトクリップの根元を削っているので、左手で操作しても指がベルトクリップとは干渉しません。R部分も一部角張ってる気もしますが、概ね満足の行く仕上がりです。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



スポンサーサイト



MG555 MGC ボブ・チャウ スペシャル Ⅰ その弐

さて今回は「MGC ボブ・チャウ スペシャル Ⅰ」の続きで、詳細編です。

MGCボブチャウS4

ブログを始めて10年以上も経つのに、今まで細部の紹介したことがないのに気がつきました。今回引っ張り出したのを機に、色々観ていきたいと思います。

MGCボブチャウS5

スライド左側の刻印は「NM7791435」はシリアルナンバーでは無く、1963年〜68年までのUSナショナルマッチのスライドの固有ナンバー。ロット番号なのかパーツナンバーなのかは不明ですが、同ナショナルマッチのスライド刻印は調べた限り同じです。

ちなみにミッキー・ファラーがビアンキカップで使用したホーグの6inchカスタムのスライド刻印も同じナンバーなので、ベースモデルはUSナショナルマッチって事ですね。スライドストップの角も後加工で丸められています。

MGCボブチャウS7

右側スライド刻印は「COLT’S PT.F.A. MFG.CO. HARTFORD.CONN. U.S.A.」で、これもUSナショナルマッチの刻印通り。画像では一部しか見えませんがフレームのグリップ上部にも「COLT’S PT.F.A. MFG.CO. HARTFORD.CONN. U.S.A.」と入っているのは実銃がフレームとスライドが別個体のものを組み合わせているためです。

フレームの「13365B70」はシリアルナンバー。フレームの角もしっかりと丸められています。

MGCボブチャウS9

チャンバーには[45 AUTO]の口径表示とUSナショナルマッチ固有のバレルナンバー「NM7791414」。制作者ボブ・チャウの「CHOW」の刻印が実銃通りに入っています。エジェクションポートの角も丸められていて、ポート自体も大きく広げられています。

MGCボブチャウS22

バレルブッシングは「CHOW」の刻印が入って角が丸く加工されたボブ・チャウオリジナルブッシングを再現してあります。スライド前部野門も丸く加工されていますが。こうしてみると加工跡がしっかり残ってますね。

MGCボブチャウS6

トリガーガードとフロントストラップ部にはステッピング加工が施されています。パターンが一定ではないので、手作業による加工のようです。トリガーはオリジナルの長さですが、トリガーストップスクリューが付け加えてあります。

木製グリップはマガジンキャッチ周辺が削り込まれています。この当時のグリップはヘレッツ製では無いと思いますが、綺麗なチェッカリングの質感の高いもの。恐らくレーザー加工機が導入されたのでしょうが、この点だけはMGC時代よりも良くなっています。

MGCボブチャウS10

リアサイトは実銃通りに、先に発売していた「USナショナルマッチ M1964」で作った専用サイトを加工。 ローマウント化してスライドに取り付けてあります。MGCの最後期に生産されたボブ・チャウ スペシャルではパーツの在庫が払拭したのか、リアサイトがボーマーサイトを加工したものになっているようです。

MGCボブチャウS14

オリジナルのままのグリップセフティやトリガーを見る限り、できあがった当時のボブ・チャウカスタムをモデルアップしているのが分かります。ほとんどのパーツに後加工が加えられていているので高価だった理由が良く分かります。

エッジの丸め方が浅い部分もありますが、量産モデルとしては及第点でしょう。新日本模型時代は組み立てが雑になったり、パーツの精度が落ちたりしてイマイチなイメージがありますけど、幾つかのモデルは、本当に手が込んでいて良くできてましたね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



MG555 MGC ボブ・チャウ スペシャル Ⅰ

さて今回は「 MGC ボブ・チャウ スペシャル Ⅰ」モデルガンです。

正月休み期間中にMGCガバのメインSPをタニコバ製に交換しながらメンテ作業を行ったモノの一つです。今回のモデルは10年以上前に紹介したモデルとは別個体ですが、既に紹介したモデルを含めて作業が終わったモデルを、今後順に紹介して行く予定です。

MGCボブチャウS11

このモデルはMGCの製造部門解散後に新日本模型から発売されたモノ。「ボブ・チャウⅠ」と「ボブ・チャウⅡ」の2モデルが販売され、当時の販売価格は何とそれぞれ45,000円でした。「ボブ・チャウⅠ」はそれでも人気が高かったようで、何度も再生産されています。

MGCボブチャウS
(左:タニコバ製メインSP、右:MGC製メインSP)

今回引っ張り出したのはMGC時代の強いメインSPを、弱めのタニコバ製SPに交換するため。以前同様の作業をしたGM2よりもフレームにかかる負担は少ない設計のようですが、実際にABS製GM5のフレームのハウジングピン部分にヒビが入ったこともあるので、予防のために実施しました。

新日本模型時代のメインSPはABS時代のものよりも径が少し太く、メインSPキャッチピンがメインSPハウジングを貫通した形状に変更されているので、SPの交換自体は簡単です。メインSPを変えたことでハンマーのコッキングやスライドの操作が、非常に滑らかになりました。

MGCボブチャウS12

フレームやスライドのメルトダウン加工やステッピング加工は手作業の後加工で行われているようなので実銃に比べて加工が甘い部分もありますが、恐ろしく手間がかかっているのが窺えます。店頭で加工不良があるモデルも見ましたけど、よく量産販売したものです。

MGCボブチャウS13

現在では過去のカスタムになってしまいましたが、今でもWAが継続的にガスガンとして販売を続けているのは昔からファンによる人気だけでは無く、昨今のCQBカスタムに準じた機能美があるからだと思います。

専門誌で最初に見たのは40年程前ですが最初のインパクトは今でも鮮明に覚えていまし、今でも好きなガバカスタムのひとつですw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



AG359 AEG SIG P320-M17 GBB TANカラー

さて今回は「AEG SIG P320-M17 GBB TAN」GBBです。

WE P320-1

最初に販売されたSIG P320-M17のトイガンでしたが、刻印が全くないので当初は入手に躊躇していたモデルです。しかもAEG(ASIA Electric Guns)という聞き慣れないメーカー。

結局入手に至ったのは、製造はWEぽいであるとかSIG者公認を申請中とかの噂に乗せられたから。入手後、1ヶ月ぐらいで本家SIG AIRSOFTからP320-M17の発売がアナウンスされたのには苦笑しかありませんでした。

WE P320-2

本体を手に取ってみるとスライド刻印が全くないのでのっぺりとはしていますが、それ以外は実銃のSIGP320-M17を上手く再現しているようです。色目の違いが気になるサンドカラーは黄色みが少ない文字通りのTANカラー。実銃はもっと黄土色っぽいコヨーテタンですけど、無難?な色目です。

最も市販モデルのP320をベースとしているようで、太めの旧型トリガー(暴発問題が起きたとき野タイプ)や小型のスライドストップレバー、チャンバー側面の形状が現在のP320-M17とは異なります。

WE P320-4−5

恐らく実銃ともっとも異なるの(撃発方式は除く)がシャーシをフレームに取り付ける構造で、シャーシがトリガー前部でネジ止めされています。実銃ではフレームとテイクダウンレバーのみで固定されているので、少々興ざめ。後発のSIG AIRSOFT版では再現されているので、尚更です。

WE P320-3

もっとも後発でもあり、実銃メーカーが自社ブランドで発売しているSIGP320-M17と比べると色々アラが出てきてパチモノっぽい印象にもなりますが、トイガン自体の性能自体は昨今の海外製トイガン同様、国内モデルと変わらないレベルです。

気温が低いと流石にスライド動作はモッサリしますが、冬場以外であればブローバック作動も快調で集弾性も悪く無さそうなフラットな弾道です。

WE P320-4
(左:SIG AIRSOFT製P320-M17、右:AEG製P320-M17)

実銃メーカーのSIG社がエアガンを発売したことで、P320-M17は形状そのものにまで商標が及ぶ可能性が出てきています。今後他メーカーがSIG社に無断で同モデルをトイガン化することは、日本国内限定であっても難しいでしょうね。

その意味ではSIG社のエアガン発売前に出たこのモデルは、貴重な例外になるモデルかもしれません。

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



MG554 Pocket ワルサー・モデル9

今回紹介するのは、先日のビクトリーショーで入手した「 Pocket ワルサー・モデル9」というPocketさんという個人が製作販売した樹脂製ディスプレイガンです。

ワルサーモデル9-5

ディスプレイガンとして紹介したのは、模型としての再現度を重視した、モデルガン的要素を持つ新しいジャンルのトイガンだからです。モデルガンと違って撃発機構やスプリング類はありませんが、文鎮モデルと異なりスライドの可動やマガジンの脱着等のアクションや内部パーツなども再現されています。

今回入手したのは塗装済み完成品として2種類発売されていた内の「メタリック調ブラック仕上げ」です。

ワルサーモデル9-1

本体はレジン製でABSモデルのような強度はありませんが、表面の平面出しもしっかりしていて、レジン成形でイメージされる気泡なども一切無いように仕上げられています。パーツ同士の組み合わせもタイトで、フレームとスライドのスキマごく僅かです。

ワルサーモデル9-3

付属の分解ツールを使えば、実銃のように分解することも可能です。グリップスクリューがレジン製であったり、スプリングの代わりにレジンの弾性を利用しているパーツもあるので分解自体は簡単ですけど作業は慎重に行う必要があります。

ワルサーモデル9-4

重量は約80gほどしかありませんが本体サイズが全長10cmと小さいため、軽くてスカスカな感じはありません。スライドオープン時にエジェクションポートを覗くとエキストラクターやエジェクター、モールドながらファイアリングピンも再現されているので、かなりリアルです。

ワルサーモデル9-2

マルシン製のPPKと並べてみるとサイズの小ささに驚きますが、完成度の高さはメーカー製品に引けを取りません。個人でこのレベルの製品を量産化できる事自体が凄いですね。

今後は、今回のPocketさんや以前紹介した(旧)和室工房さんのような、レベルの高い個人製作のトイガンが増えていくのでしょうね。喜ばしいことですw

▼ Pocket ワルサー・モデル9のもう少し詳しい記事はこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=7341

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



道楽カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR