FC2ブログ

MG559 MGC ウィルソン LEコンバット イーノスモデル MCW その弐

さて今回は「MGC ウィルソン LEコンバット イーノスモデル MCW」の続きです。

MGCイーノスモデル5

前回、このイーノスモデルが基本モデルでは無いかと書いたのには理由があります。使用パーツの殆どが量産パーツで、イージーオーダー専用パーツのスライド&コンプも後加工の無いベーシックな(一番安い)パーツが使用されているのがその理由です。

MGCイーノスモデル6

左側スライドにはオーダー刻印の「Wilson Combat COMPETITION GRADE」が入っています。これが当時の価格で2,500円、刻印位置は左右どちらでも選べたようです。スライド刻印は、ノーマルのシリーズ70タイプ。

フレームは量産カスタムパーツの角トリガーガード・シルバーで価格は3,800円。スライドストップレバーはステンレスカスタムに交換していますが、元はシルバーメッキタイプでした。

MGCイーノスモデル13

スライド上部はセレーションの無い「クラーク・ピンガンタイプ」3,600円が使用されています。コンプはイージーオーダー専用パーツの「ノンブッシングタイプのシリーズLE イーノスタイプ」で、価格は6,000円と一番高価なパーツとなります。

画像では分かりませんが、量産パーツのリコイルSPガイドと後加工で前面がコンプ用にカットされているプラグの組み合わせが使われています。

MGCイーノスモデル15

フレームは量産フレームなので刻印はピンガンのモノと同じ。マガジンキャッチはステンレス製に交換済みですが、当初はクロームシルバーの「エクステンドマガジンキャッチ」1,200円が付いてました。トリガーはウィルソンらしい「3ホールタイプ シルバー トリガー」です。

MGCイーノスモデル11

メインSPハウジング、グリップセフティも現在はWA製の交換済みですが、当初は量産パーツの「チェッカード ストレート メインSPハウジング」「ビーバーテイル グリップセフティ」のそれぞれクロームシルバータイプが付いていました。

グリップも木グリに交換済みですが当初はプラ製、グリップだけは交換された可能性もありますけどね。

MGCイーノスモデル14

ハンマー、アンビセフティもWA製ステンレスパーツに交換していますが、元はMGC製のクロームシルバー「オーバルハンマー」と同アンビセフティが付属していました。ハンマーが量産パーツだったので、シアー&ディスコネクターもオリジナルパーツ(シルバーメッキ)でした。

MGCイーノスモデル7

チャレンジャー誌に載っていたカスタムの一例「ウィルソン コンペティション グレード」が8,900円だったことを考えると、コンプ以外のパーツが量産パーツで構成されている似たような構成
の「イーノスモデル」も同程度の価格だと推測できます。

カスタムワークス完成品として、MGCボンドショップで販売されていた「ウィルソン イーノスモデル」の価格が35,000円だったと記憶していますから、同じモデルの可能性は高いと思います。

実際はどうだったのでしょう。いろんな想像するのも中古モデルを入手した時の楽しみの一つですね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


スポンサーサイト



MG559 MGC ウィルソン LEコンバット イーノスモデル MCW

さて今回は「 MGC ウィルソン LEコンバット イーノスモデル MCW」モデルガンです。ロブ・リーサム氏と並ぶ名シューター、ブライアン・イーノス氏の使用したカスタムモデルをベースにモデルガン化したものです。

MGCイーノスモデル

随分前に中古で入手したモノですが、以前紹介した「リーサムモデル」同様、MGCのイージーオーダーシステムで作られたもののようです。「リーサムモデル」と異なるのはベーシックなパーツ構成なので、ウィンドウに展示してあった基本モデルではないかと推測しています。

MGCイーノスモデル12

「リーサムモデル」との違いは、コンプのガスポート。後のガスガン同様のワンホールタイプとなっています。このタイプのコンプのパーツ名が「LE イーノスタイプ」でした。

MGCイーノスモデル2

フレームは角トリガーガードの量産フレーム。セフティやメインSPハウジング等の金属パーツは、入手時はMGC純正のカスタムパーツが装着されていました。現在は「リーサムモデル」とペアガン的にしたかったのでWA製のステンレスパーツに交換してあります。

MGCイーノスモデル8

グリップはウィルソン純正木グリでは無く、キャロム製の木グリのイーグル調のメダリオンをWAのエアガングリップから取ったウィルソンメダリオンと交換したモノです。チェッカリングのピッチが若干異なっていますが色目的には遜色ないと思っています。

MGCイーノスモデル3

ABSスライド&フレームでスモールカート仕様の旧世代のガバメントカスタムですが、85年頃のカスタムモデルが一番憧れましたね。重量が軽いのが欠点ですけれどABSスライドの地肌は、昨今の塗装されたトイガンと比較できないぐらい魅力的です。

MGCイーノスモデル4
ウィルソン LEコンバット 左:リーサムモデル、右:イーノスモデル

発売当時、MGCの店頭で買えなかったカスタムモデルを2挺とも中古で(しかも状態の良いものを)揃えられたのは、幸運以外無いですね。大抵は買い逃したモデルは後々まで後悔を引きずるんですけど、この2挺は唯一の例外ですw

詳細編は次回で。
今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



VFC MP5ストック分解とボルトキャリアーの組み込み

さて今回は前回の続きで、VFC MP5ストックの分解についてです。

VFCMP5ボルトアッシー15

VFCのストック分解は入手から10年経って初めてです。取説にも分解方法は無いので、主にSTRIKE ARMSさんのブログを参考に作業を進めました。最初にストック基部とストック部を分解します。これはストックリリースレバーを引き出す側に回しながらストックを最後まで引き抜くだけです。

VFCMP5ボルトアッシー11

次にストックリリースレバー基部にある、小さなイモネジ(丸で囲った部分)を6角レンチ(1.27mm)を使って外します。この部分にはSPのテンションがかかっているので、組み立て時の位置合わせが面倒な部分ですが、分解時はには特に問題はありません。

VFCMP5ボルトアッシー3

ストックリリースレバー基部にある大型のCリングを外します。Cリングの片方の爪を押さえながら、もう一方をドライバーなどで少しずつ押す感じで外します。力を入れすぎるとドライバーの先端でけがする可能性があるので注意です。

VFCMP5ボルトアッシー4

イモネジとCリングが外れれば、ストックリリースレバーが外せます。あとはネジを2本外すだけです。

VFCMP5ボルトアッシー12

ストック基部の内側にある2本のネジを6角スクリューで外します。

VFCMP5ボルトアッシー6

ストック基部のカバーが外れ、大きめのネジが顔を出します。アルミのバッファー部分を押さえながら6角スクリューでネジを外しますが、ネジにはロックタイトが付いているので多少力が要ります。

VFCMP5ボルトアッシー7

無事バッファー部分が外れました。後はバッファーとネジを外したまま逆の手順で組み立てます。面倒なのはストックリリースレバー基部の小さなイモネジの位置合わせだけです。最初にイモネジを軽くねじ込んだ状態で、SPのテンションを片手で押さえながらネジ位置を感で合わせる感じです。

分解する前に画像を撮っておくと、大体の位置がイメージできるので作業しやすいと思います。

VFCMP5ボルトアッシー8

組み立て終わると、バッファーを止めてたスクリューの穴が空いたままですが、最新のMP5SD3のストックもこのままのようです。

VFCMP5ボルトアッシー14

SD3用の新型ボルトキャリアーを組み込んで、ストックを装着。無事組み立て終了です。

VFCMP5ボルトアッシー9

組み立て後試射してみると、旧型ボルトキャリアーに比べて反動は軽めですが、ボルトの後退スピードとキレが断然良くなった感じです。セミはもちろん、室温18度でバーストも問題なしです。フルで全弾撃ちきるのは、この季節では難しそうかな。

本体の動きが良くなったので、気化効率が良くなった新型マガジンを購入しようと思ったら、どこにも在庫がありません。海外からの個人輸入も、航空便が停滞している現状では難しそうなので、暫くは旧マガジンで楽しむしか無さそうです。

夏場には完全版に仕上げたいですねw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



VFC MP5SD3用ボルトキャリアーセットの組み込み

さて今回は先日入手した「VFC MP5ボルトキャリアーセット」のMP5の旧モデルへの組み込みです。

VFCMP5ボルトアッシー13

VFC製品の良いところは、交換パーツ単体の販売があることですね。バージョンアップキット等も出してくれるので旧モデルのアップデートができる点は国内メーカーにも見習って欲しいところです。逆に悪い点は、一旦パーツが市場から無くなると再生産まで時間がかかる事と、情報不足な事。

これは海外メーカーである以上、仕方ないところですね。

VFCMP5ボルトアッシー

このボルトキャリアーセットは昨年発売されたMP5SD3用に新たに開発されたもの。当初はボルトやリコイルSPがセットのなったので不評でしたが、作動性は良くなったと言われていました。その後旧モデルのMP5にも使用できると聞いたので、入手してみました。

VFCMP5ボルトアッシー2
上:旧モデル用ボルトキャリアー&リコイルSP、下:新型ボルトキャリアーセット

旧モデルはボルトヘッドがメッキの別パーツであったり、リコイルSPアッシーが独立したパーツだったりして、実銃に非常に近い構造でした。反面高圧ガスの使用が前提だったため、国内フロンで動かすにはバーストがやっとというレベルでした。

所持モデルも社外品のSPに交換したりはしていますが、昨今のGBBとは比較できない作動性の悪さです。新型のボルトキャリアーセットはパーツの一体化と簡略化で、リアルさは損なわれていますがリコイルSPの軽さと、ボルトのガタの少なさ等、作動性の改善が感じられます。

VFCMP5ボルトアッシー10

早速組み込んでみようと思ったら、ストック基部にある金属製のバッファーに干渉するのに気付きました。どうりでネットではストックとセットの販売が多い訳です。電動用のストックが流用できそうですが,既に品切れ状態なので、購入後初めてストックの分解を行うことになりました。

ストックの分解は次回に。
今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



FAB DEFENCE グロック用COBRAフォールディングストックの加工

グロックFABストック加工

今回は「FAB DEFENCE グロック用COBRAフォールディングストック」に行った加工について紹介します。アダプター部分を加工して、UMAREX製グロック18C用に取り付けできるようにしました。

グロックFABストック加工3

グロック18Cにアダプターをセットすると、内側のアーチ部分が干渉してロック位置まで入らない事が分かりました。さらにバックストラップ部の角も干渉しそうなので、現物合わせで削る事にします。

グロックFABストック加工8

ちょっと加工が粗いですが、干渉する部分をモーターツールで加工しました。これで問題なくロックできるようになりました。アダプターの太さや長さには問題なかったので、実銃のグリップ部分が微妙に形状変化したのかもしれませんね。

グロックFABストック加工4

G18Cに取り付けると、こんな感じです。これは折りたたんだ状態で、前方に回ったストック部分を掴むとフォアハンド代わりに使えそうです。本当に想定してデザインされたか不明ですが、エアガンならば雰囲気として楽しめそうです。

グロックFABストック加工5

グリップ近くのフォールディングボタンを押して、折りたたんだストックを展開します。この時箱出しのままだと、ストックの固定がタイトすぎてボタンを押しても展開できませんでした。どのアダプターでも同じだったので。もう一つ加工が必要になりました。

グロックFABストック加工2

その加工とは、アダプター左側のロックが入る溝の後部を軽く削る事。ここの傾斜がキツいのでロックが食い込んでいるようです。使用時の摩耗を考えて作られているのかもしれませんが、トイガンで使う限りは加工するべきでしょうね。たまたま所持モデルだけのことかもしれませんが。

グロックFABストック加工9


もう一つの問題は、ロングマガジンを使うとマガジンが邪魔でフォールディングボタンを押しながらストックを握れないので、グロックを構えたままストックを展開しづらい事。ボタンを押しながらストックを腿等に当てて展開させるなどの工夫が必要です。

ストックを銃から外すためのリリースレバーもロングマガジンを付けたままだと操作しにくいので、設計上ロングマガジンの使用は優先されていなかったようです。

グロックFABストック加工6

その割には、ストックを装着したままホルスターに納めることができるように基本的な部分は充分に実用的に作られているので、不便な所は運用面でカバーするということなのでしょう。

フルオーツのグロック18Cには、やっぱりストックが似合います。ストックが取り付けられるハンドガンはホント魅力的ですねw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



道楽カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR