FC2ブログ

AG2 デザート イーグル 10inch バイオハザード レオンカスタム(re.)


さて今回は「デザート イーグル 10inch バイオハザード レオンカスタム」です。

マルイ レオンカスタム2

このモデルを最初に紹介したのは、2008年だったから購入して直ぐだったんですね。今よりも数段マメだった頃です。このモデルは、カプコンとのタイアップ10周年記念で、新作ゲームの発売とはリンクしてなかったように思います。

マルイ レオンカスタム

このモデルも木製ケース入り。第2作目のデザートイーグル10inchカスタムの木箱と同仕様ながら、ブラックの塗装仕上げなのが、良い感じです。

マルイ レオンカスタム7

内部の緩衝材は前作のカタを流用しているらしく、短くなったマガジン部分に別パーツのアンコが入っています。このモデルから内部メカを一新した新型デザートイーグルが、ベースとなっているので旧型よりもマガジンが短くなったのに対応させたのでしょう。

マルイ レオンカスタム3

クロームメッキされた10inchバレル&スライドとフレームが非常に綺麗な仕上がりなのに加えて、ブラックのグリップとサイトとのコントラストも絶妙です。バイオハザード タイアップモデルの中でも優雅さはピカイチですね。

機能性とは異なる基準で作られたカスタムのようですね。通常モデルを含めて10inchバレルのデザートイーグルで、オールシルバーなのはこのモデルだけというのも特別な一挺という気がします。

マルイ レオンカスタム4

作動性は新型メカになって、旧モデルよりもスライドの動きがさらにシャープになりました.キレが良いブローバックという感じです。反面、見た目の豪華さとサイズの割には軽さも感じます。金属シャーシなどで重量は稼いでいますが、あと300gは欲しいところです。

またスライドの重量も軽いので、シャープなブローバックの割に反動に重さを感じないのもマイナスですね。これは作動音に高い音(プラっぽい)が混ざって聞こえるのが要因かもしれません。

マルイ レオンカスタム5

歴代バイオハザード デザートイーグル10inchカスタムを並べてみました。どれもサイズが大きすぎるので、たまに引っ張り出していじるぐらいしかしませんが、こうして並べると壮観ですね。

ライトニングホークの10inchがオールシルバーにしなかった理由が分かったような気がします。歩留まりの悪さを除いても、レイルモデルにクロムメッキが似合わないって事じゃないのかな。優雅さよりも10inchの迫力を取ったと言うことでしょう。

タナカがデザートイーグルのモデルガン化を進めているみたいなので、もしかしたらモデルガンの10inchデザートイーグルが見られるかもしれないですねw

▼東京マルイ ライトニングホーク .50AE 10インチカスタムの詳しいレビュー記事はこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=7211

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



スポンサーサイト



AG161 マルイ デザートイーグル.50AE バイオハザード2 10inch(re.)

さて今回は「マルイ デザートイーグル.50AE バイオハザード2 10inch(re.)」バイオハザードタイアップモデル第2弾です。

ライトニングホーク14

前回紹介した第1弾タイアップモデルの発売から8ヶ月経って、発売されたモデルです。ゲーム内のカスタムパーツを付けて、最強のマグナムに仕上がってからをモデルアップしています。このモデルも、ライトニングホーク同様バレル&スライドは2トーンだったので、購入時に悩んだのを覚えています。

ライトニングホーク19

このモデルからパッケージにこだわるようになって、木箱入りになりました。気がつきましたがマルイの木製品て、バイオカスタムの木箱しか無いような。元々木工関係は縁遠いんでしょうね。このぐらいシンプルな箱でも充分な気がします。

ライトニングホーク15

このモデルのリアアサイトはフルアジャスタブルの金属製リアサイトで、確かオリジナルデザイン。ロングバレルは実銃のデザートイーグルの10inchバレルをそのままモデルアップしています。専用グリップを付けたカスタムから、少しだけオリジナル化が図られています。

ライトニングホーク16

このモデルも旧型デザートイーグルがベースなので、現行モデルとマガジンの互換性がありません。久しぶりに撃ってみましたが、旧メカの割りにはブローバックの調子は中々のモノ。新型と一緒に撃ち比べてみないと分からないレベルです。

ライトニングホーク13

10inchモデルも新旧を並べてみました。ゲームの時代設定はともに1998年なのにここまで形状が異なるのは、20年の間に実銃のカスタム傾向が変わったからなのでしょう。コンプはともかくピカティニーレイルはそれ程一般的では無かったですね。

ましてやそれをハンドガンに取り付けるなんて発想はなかったですから、ライトニングホークは逆に98年のモデルとしては流行を先取りしすぎたSFチックな超最先端モデルで、この10inchカスタムの方が逆にリアルなんですねw

▼東京マルイ ライトニングホーク .50AE 10インチカスタムの詳しいレビュー記事はこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=7211

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします




AG161 マルイ デザートイーグル.50AE バイオハザード2モデル( RE.)

さて今回は、マルイとカプコンのタイアップ第1弾「マルイ デザートイーグル.50AE バイオハザード2モデル」です。ライトニングホークに触発されて引っ張り出しましたが、今回が2度目です。最初に紹介したのは2011年だから9年も前になります。

ライトニングホーク8

発売されたのは1998年でしたが、冬場にアメ横で購入した記憶がありますが、マルゴー商店だったか、近くのマルミヤ玩具店のどちらかで購入したのか、ハッキリ覚えていません。パッケージを最初に見たのはマルミヤ玩具店だったように記憶してるんですけどね。

ライトニングホーク11

その当時、トイガンに映画キャラクター以外のキャラクターが付いたパッケージは無かったと思うので、なんとも印象的なパッケージでした。ゲーム内のマグナムがトイガン化されたこと自体が驚きでもありました。

ライトニングホーク9

ノーマルのデザートイーグルとの違いは、エルゴノミクスデザインのウッドタイプグリップとメッキ仕上げだけでしたけど、ラクーンポリスののメダリオン入りというだけで満足してました。S.T.A.R.S.とR.P.D.のピンズも良かったですね。

ライトニングホーク10

当時は大型スライドが激しく動く作動性能に満足していましたが、久しぶりに撃ってみるとやはり旧メカだけあって、現行モデルよりもモッサリした動きです。グリップフィーリングも変わらないはずなのに当時よりもしっくり感じないのは、握力や手の筋力が落ちたからかなw

ライトニングホーク7

折角なので、バイオハザード2モデルとライトニングホーク6inchを並べてみました。この2挺の間に20年間の年月があるのが、驚きです。バイオ2をプレステでプレイして、このモデルをアメ横で入手した時は、20年先の事なんて考えてなかったですね。

ましてやコロナウイルスで、パンデミックになってるとは。ゾンビにならないだけゲームよりマシですけどw

▼東京マルイ ライトニングホーク .50AE 10インチカスタムの詳しいレビュー記事はこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=7211

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



AG362 東京マルイ ライトニングホーク .50AE 10インチ マグナポートカスタム その弐

さて今回も「東京マルイ ライトニングホーク .50AE 10インチ マグナポートカスタム」の続きです。といっても今回は6inchバレル&スライドへの換装です。


ライトニングホーク

付属する6inchスライドに載せ換えは、バレル&スライドがユニット化されているので、10inchと交換するだけで良いのが魅力です。ゲームストーリー的には、6inchから10inchに載せ換えるギミック(6inchの本体と、10inchのバレル&スライドユニットのセット)にした方が良かった気がします。

最近のトイガンでは珍しいシルバーのメッキの仕上げが良いですね。HWの塗装仕上げは納得できるんですけど、ABSの場合はメッキの方が圧倒的に仕上げがキレイで好きですね。実銃のステンレスの表現では塗装仕上げの方がリアルなんですけど、やはりメッキはトイガン的に味があって捨てがたい。

ライトニングホーク2

グリップ以外はほぼノーマルのデザートイーグルと変わらないのでインパクトがありませんが、何気に集光チューブと蓄光ドットのハイブリッド型のフロントサイトが見やすいところが気に入ってます。

バランス的には、6inchの方が好きですけど、10inchバレル&スライドがシルバーメッキ仕上げだったら10inchの方が好きになりそうな気もします。

ライトニングホーク12

6inchスライドも、10inch同様ノッチ欠け対策がされていません。コレクターズアイテムとは言え、撃って遊びたいから、この辺りはインナーシャーシの形状を変えるなどの簡単な対策をして欲しいところです。

もっとも10inchを含めてスライドパーツは、ノーマルのデザートイーグルと共用だから駄目になったら交換すれば良いということで割り切ったとも考えられます。何にせよ、補修パーツをキチンと供給されるのは良いですね。

▼東京マルイ ライトニングホーク .50AE 10インチカスタムの詳しいレビュー記事はこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=7211

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



AG362 東京マルイ ライトニングホーク .50AE 10インチ マグナポートカスタム

さて今回は今更ながらの「東京マルイ ライトニングホーク .50AE 10インチ マグナポートカスタム」です。

昨年入手してから、紹介する機会を逃していましたが「バイオハザードRE:3」にも登場したのを期に紹介しちゃいます。

ライトニングホーク4

東京マルイ ライトニングホーク .50AE 10インチ マグナポートカスタムは昨年7月に発売されました。木箱の生産が遅れたとの理由で発売予定日が延期されましたが、実際は、過剰な事前予約と転売対策だったと思われます。お陰で限定商品には珍しく定価以下で手に入れることができました。

10inchバレル&スライドが付いた本体と、交換用の6inchバレル&スライドユニットが付属する豪華なセットで販売されました。ベースとなったのはいささか旧式となったデザートイーグル,50AEです。

ライトニングホーク17

ライトニングホークの特徴は10inchのロングバレルと、バレル上下に付いたピカティニーレイル。「バイオハザードRE:2」の時代(元ゲームのバイオ2発売時期が1998年)を考えると、1995年開発のピカティニーレイルはギリギリ設定内に収まります。

ライトニングホーク5

東京マルイのバイオハザードタイアップモデルの第1弾&第2弾はともにデザートイーグル,50AEベースのカスタムモデルでした。第1弾は6inchモデル、2弾は10inchモデルで、ゲーム内ではベースの6inchモデルを、後から入手するカスタムパーツを使って10inchモデルへと強化する設定でした。

今回もゲーム上の設定は同じですが、トイガンは2挺を1つのセットにまとめた、よりゲームに近い仕様で販売された事になりますね。

ライトニングホーク18

実射性能はプルーフされたメカだけあって、今の季節でも大型スライドが小気味よくブローバックします。ゲーム内と違って10inchは振り回しにくいから、6inchの方が気に入ってますね。

最近のマルイのカプコンタイアップ製品は、妙にパッケージにこだわって高価になる傾向があるので購入を悩みましたが、今回ばかりはゲーム同様、タイアップ第1作のデザートイーグル,50AEのリメイクモデルということなので、感慨深いモノがありました。

最初にデザートイーグルを買ってから20年も過ぎたんですよねw

▼東京マルイ ライトニングホーク .50AE 10インチカスタムの詳しいレビュー記事はこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=7211

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



道楽カウンター
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR