FC2ブログ

MG556 タナカ SIG SAUER P226 MK25 マガジンについての訂正

先日UPした「「タナカ SIG SAUER P226 MK25の付属マガジンの調製」の記事で、UPした後に画像を眺めていたら、自分の勘違いを発見しました。

タナカP226MG8
上:P226MK25マガジン、下:P226レイルドフレームマガジン

マガジンSPについてレイルドフレームEVOモデルのものと、MK25EVO2モデルを同じようなモノと書きましたが、画像をよく見てみると長さは同じでもSPの巻き数は、EVO2のMK25は10巻き。レイルドフレームのEVOは11巻きでした。

長さが同じで巻き数が異なれば巻き数の多い方が一般的には柔らかいSPということになります。MK25のマガジンに15発フル装弾すると硬くて余裕が殆ど無いのは、SPが違ったからだったんですね。実際にSPを交換するとMK25のEVO2マガジンでも15発装弾後も余裕があります。

抜本的な解決は旧タイプマガジンのSPと交換するしかないですね。パーツ表だとマガジンSPは、一応単独パーツになってるので、注文することができるかも。あとは、いよいよSPカットですねw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



スポンサーサイト



MG556 タナカ SIG SAUER P226 MK25 マガジン調製

さて今回は「タナカ SIG SAUER P226 MK25」の付属マガジンの調製です。フォロアーの動きが悪くて11発しかカートが込められなかったMK25のマガジンを何とか改善してみました。

タナカP226MG7
上:P226MK25マガジン、下:P226レイルドフレームマガジン

最初にマガジンを分解してみました。比較のために調子の良いレイルドフレームEvoモデルのマガジンも合わせて分解したところ、マガジンの仕上げが変わった以外は,ほぼ同じ仕様でした。

当初怪しんでいたマガジンSPも同じモノのようなのでSPの強度変化による不調ではなく、単にマガジンフォロアーの滑りが悪いことが不調の原因と当たりを付けました。

タナカP226MG2

早速マガジンフォロアーの側面を磨いて細かいバリ等を無くし、マガジン内部も真鍮ブラシで軽く磨いた後注油。その後フォロアーの上から棒で何度かフォロアーを上下させてから、再度分解して汚れを拭き取り再度組み立てました。

タナカP226MG3

EVO2カートを装弾してみると、何とか15発込めることが出来ましたが、最終弾はかなりキツイ状態です。KさんからのアドバイスではSPの一巻きカットを進められましたが、個人的にマガジンSPのカットは良い思い出がないので(適当に切った自分が悪いんですけど)、それは最終手段として暫く様子見することに。

タナカP226MG6

マガジンの装着時に引っかかる感じがあったので、マガジン側面をバイスで締めてみたらスムーズにマガジンの脱着が出来るようになりました。これもKさんのアドバイスのお陰です。

マガジンケースのスポット溶接の強度はあまり強く無さそうなので、強めに締めたり叩いたりすると破損しそうなので、調製には注意が必要です。

タナカP226MG5

調整後のマガジンを15発フル装弾で本体にマガジンを装着して手動で作動させてみたところ、特にジャムる事も無く全弾装弾&排莢する事ができました。これなら発火しても大丈夫そうです。

反面、マガジンの装着時にかなり力が必要だったので、本体への負荷を考えて1発減らした14発で使った方が良さそうです。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



MG556 タナカ SIG SAUER P226 MK25

さて今回は、2020年度の初購入モデルガン「タナカ SIG SAUER P226 MK25」です。

タナカP226MK25-2

タナカのSIG SAUER P226のモデルガンの発売は1994年。以後数々の改良を重ねながら四半世紀も販売され続けてきました。同時にバリエーションも増えてレイルドフレームモデルが加わり、オリジナルモデルが現アーリーモデルに。そして今回発売されたのが現行カタログモデルのMK25となります。

このMK25はアメリカ海軍SEALsの制式ハンドガンだったモデルで(現在も一般市販はされています)新しい防錆処理が施されたスライドやピカティニー規格のレイルの装備など、現役のミリタリーハンドガンとしての改良が至る所に施されています。

タナカP226MK25-3

タナカのモデルガンも実銃をリアルに再現をしていて、パーカーライジング風のナイトロンコーティングされたスライドをABS素材で。ハードアノダイズド処理されたフレームはHW素材で上手に再現しています。

ピカティータイプのレイルの付いたフレームだけでなく、デコッキングレバーやマガジンキャッチ等の金属パーツや一見同じに見えるグリップ等も専用の新規パーツになっています。

タナカP226MK25-1

前作のEvo2レイルドフレームモデルから採用された、新型バレルやリコイルSPユニット。スライド内の金属プレートによるノッチ削れ対策等、耐久性や作動性を向上させる新規パーツも全て仕様として取り込まれています。フレームとスライドの素材を変えたのも作動性向上のためのEvo2の特徴です。

タナカP226MK25-6

残念ながら所持個体は、マガジンに11発以上カートを込められない不具合があって手放しで褒められない状態ですが全体の再現度はかなり高く、発火性能も期待が持てる仕様になっています。単価が高いので直ぐには難しいですけど、発火用の個体を確保したいですね。

タナカP226MK25-5
左から P226レイルドフレームモデル Evo、MK25、初代HW

我が家のP226は、初代HWモデル(現アーリータイプ)、レイルドフレームモデル Evo、MK25 Evo2とバリエーションが揃いました。色々あった初代モデルですら、バレルの自然崩壊以外(発火していないので)は原形を保っています。

3挺の間に25年もの時間の流れがあるなんて、感慨深いですね。タナカから完全新規モデルガンがしばらく作られていない証明みたいなものですけどw

▼ タナカ SIG SAUER P226 MK25の詳しいレビュー記事はこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=7382

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


MG552 タナカ M1897 Sawed-off Ver.2

さて今回も、今年入手したまま紹介していなかったモデルの第2弾。「タナカ M1897 Sawed-off Ver.2」モデルガンです。

タナカM1892ソウドオフ

タナカがソードオフタイプのM1897をモデルアップするのは、既に発売中止になったエアガンに続いて2回目です。更に遡ると、2006年にHWSがタナカから部材の協力を得て50+50丁限定で発売されたカスタムモデルに辿り着きます。

HWSモデルの人気が高かったので、タナカが自社のバリエーションに加えたと思われますが、実銃のM1987にバリエーションとして存在するモデルでは無く、個人のカスタムガンとして作られていたようです。専門誌などでもウェスタンイベントの参加者のカスタムとして紹介されたことがありました。

タナカM1892ソウドオフ2

ソードオフタイプのショットガン好きには堪らないモデルなので、HWS&タナカ製ガスガンに続き購入しました。M1987のモデルガンは過去2回生産されましたが、今回ver.2になって耐久性と発火性能が良くなったと言うことで期待値は高かったです。

フレーム全体は、最近のタナカ製ABSモデルにみられるパーカーライジング調のグレーで、ver.1時代に比べてヒケが目立たなくなっています。木製パーツは木工のタナカらしい綺麗な仕上がりです。

タナカM1892ソウドオフ3

ポンプアクションの動きは若干軽くなったような気がしますが、ver.1モデルは仕舞い込んだままなので直接比較していないので、正確なところは分かりません。同じ理由でパーツの改良点なども分かりません。

破損が多いとされるストックの付け根部分は、基本構造が変わっていないので強度の低いままだと思われますが、ソードオフの場合はストック自体が短いので、余り神経質にならなくても良さそうです。

ポンプを引くと装弾排莢もスムーズで、トリガーを引いたままポンプ操作だけで連射を行うラピッドファイアも行えます。MGCのM31同様、発火しなくても充分アクションを楽しめるモデルです(耐久性の問題が気がかりなままですが)。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



MG550 タナカ S&W M442 センチニアル グリップ交換再び

前回紹介したJフレーム用VZグリップを、お気に入りの「タナカ S&W M442 センチニアル エアウェイト」に装着しました。
VZグリップJフレ4

本来だったらM360シリーズの方がしっくりくるんですけど「ハンマーレスのちょい古モデルの近代化も良いのでは?」と思って取り付けてみました。

VZグリップJフレ5

シルエット的には中々良い感じだと思っています。マット仕上げのM442には、グレーとブラックのストライプ模様が似合いますね。サイズ的にも小指のかからないショートサイズのグリップなので38SP専用のM442の方が説得力がありそうです。

VZグリップJフレ6

最近はトイガン自体の価格が上がっているので、それに引きずられてグリップなどのアクセの出費も増えています。間隔が麻痺して来ているのもあるのかな。

逆にスピードローダーやラバーグリップなどの実銃用アクセの価格は数十年前とさほど変わらないということもあって、アクセ全般に手を出しやすくなってるのも事実です。余計な出費が増えることには変わりは無いんですけどねw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします




道楽カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR