FC2ブログ

AG231 タナカ M629 PCターゲットハンター シルバー

さて今回は「タナカ M629 PCターゲットハンター シルバー」ガスガンです。

タナカM629PCーSV

前回のNATOグリーンを購入して、暫くしてから再販されたものを購入しましたが、ペガサスはNフレームだけが増えちゃうんですよね。お陰で、M29クラッシク等には手を座せずじまい。もっと計画的に購入しないと。

さらに後から好みでシリンダーをV−COMP用のノンフルートシリンダーに交換しましたが、組み込むときにV−COMPなどのノンフルートシリンダー搭載モデルはフレームの一部をカットしてあって、シリンダーとヨークをフレームに組み込むときに引っかからないようになっているの知りました。メッキされているので削るわけにも行かず、ABSフレームの弾性を利用してなんとか組み込みました。

タナカM629PCーSV2

できばえに満足していたら、2〜3ヶ月後にノンフルートシリンダーのHW版が発売されて絶句。もう少し待てば良かったかと思いつつ、メッキモデルの方がキレイだと気を取り直しました。MGCのグロック何かの時もそうでしたが、バリエモデルを乱発してるときは下手ににカスタムしたり、焦って購入しない方が良いですね。

タナカM629PCーSV3

このシリーズはHOGEのグリップが付いているだけあって、グリップ形状は実銃に近いようです。これは同じくタナカのJフレームも同様で、グリップ後ろのラインがキレイに合ってます。Kフレームはどうなんですかね。パイソンなんかは全く違うようですが、この辺は実際に試さないとダメって事ですかね。

ペガサスは最初は面白がって撃ってましたが、撃って遊ぶのはGBBに偏ってきました。ホントはこれで8mmが撃てると違ってくるんでしょうけど、グリップ内にガスタンクがあるのは気分的にダメなので。結局リボルバーはカートが使える分モデルガンの方が自分に合ってるってことなんでしょう。

今日はここまで!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします

スポンサーサイト



AG229 タナカ ルガーレッドホーク 454カスール 9.5イン

さて今回は「タナカ ルガーレッドホーク 454カスール 9.5インチ」ガスガンです。

タナカSRレッドホーク

スタームルガーと言えば、22オートやセキュリティシックスが有名ですが、自分的なイメージで言えば44マグナムのスーパーブラックホークと言うことになります。そのSBHのダブルアクション版がこのスーパーレッドホーク(BHの44マグ版がSBHに対して、44マグリボルバーRHの改良版がSRHという違いはありますが)、唯一のモデルアップです。

そのSRHの使用弾薬を当時最強の454カスールとしたのがこのモデル。7.5インチと9.5インチがありましたが、当然長めの9.5インチをチョイス。SBH10インチカスタムのイメージを未だに引きずってます。

タナカSRレッドホーク2

表面はブラックスチールだったかのメッキ仕上げ。モデルガン時代のメタル仕上げと違い、禿げなくて良いですね。色目的には不満な部分はありますが、サイズが大きいのでマット系よりは全然ましです。それよりもこの個体はシリンダーが編心しているようで、トリガープルが一部で急に重くなります。

タナカSRレッドホーク4

規制対応パーツを組み込んだときに、合わせてシリンダーの調整したけど効果無し。シングルで撃つ分には余り気にならないので、そのまんまになっています。外見的には刻印の入ったノンフルートのシリンダーが気に入っています。握りやすいグリップも木製パネル部をキャロム製に交換してあるので、セフティの切り欠きさえなければ満点ですね。

タナカSRレッドホーク3

スイングアウトがボタン式のラッチだったり、ノーズの付いていないハンマー等が、S&Wやコルト系リボルバーにはない新鮮さを与えてくれます。本体真っ先にモデルガン化して欲しいモデルなんですが、余り売れないのか最近ではガスガンも市場在庫のみのようです。

センチニアルやM500は大歓迎ですが、まだまだタナカのガスガンからモデルガン化できるリボルバーはありますよね。

今日はここまで!!!!!!

姉妹ブログ(今は同じ内容ですが)はこちら→玩具道楽・・・三昧

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


AG189 タナカ ブローニングハイパワー 中華民国国有 HW

今日も寒いですね。
週末が寒さのピークらしいんですが、これ以上寒くなってどうするの?と真面目に思ったりしてます。

年間の寒暖の差が約40度、税金や政治以外の面でも住みにくい国ですね~

さて今回は「タナカ ブローニングハイパワー 中華民国国有 HW」ガスガンです。
俗にチャイニーズモデルと言われているモノです。

HP中


基本的にはM1935のタンジェントサイト付きのミリタリーモデルに「中華民国国有」の刻印を施したバリエなんですけど、実銃はM1935といってもベルギー占領後のカナダのジョン・イングルス社で生産されたものであるらしい。

HP中2


一応よく知られているカナディアンタイプのスライド以外にタンジェントサイト付きのモノもあったようだし、供給年を考えるとカナダ製でないとおかしいんですけど、大昔の先入観があるので自分的には納得できない部分も(幼少時からず~とベルギーのFN社が納品したモノと思い込んでました)。

HP中4


肝心の刻印は想像以上に細い書体なので、かなり薄く見えます。このあたりはマルシンのABSハイパワーのイメージが強すぎるのでしょうがないんですが、少し残念な所です。

HP中5


タナカのハイパワーミリタリータイプを今回初めて手に入れたんですが、嬉しかったのがストック用のスリットがきちんと再現されていること。これがあってのミリタリーですよね。マルシンのストックが付くかどうか、今度試してみます。

HP中3


所持モデルはオクにて入手したモノで、最初から木製グリップが付いていました。メーカーは不明ながらタナカ純正っぽい感じ。この時代のオートはやっぱり木グリは必需品ですよね。

これでタナカハイパワーのバリエは3種類目。Mk3に偏っているので次はオリジナルミリタリーと、HWのビジランティの出物を待つつもり。

このモデルに関しては作動さえ良ければ集弾性は気にしてないので、BB弾を入れて撃ってません。モデルガンの代わりみたいなモノです。

今日はここまで!!!!!


人気ブログランキングへ← ポチポチポチッとお願いします。

AG173 タナカ Sig&Sauer P228 HW

ブログをサボっている間に真夏から、また梅雨に逆戻りした感じで、不快度全開!
ホント蒸し暑いのには耐えられません。

さて今回は「タナカ Sig&Sauer P228 HW」ガスガンです。

P228HW

P228が発売された当初にバリエとして発売されましたが、しばらく再生産もされずにいたのが、少し前(といっても半年くらいですかね)に再発されました。

所有モデルは例によってオクで手に入れた物。出品者のコメントどおり、あまり撃ってなかったのか、中々の美品です。タナカ製ガスガンの欠陥でもあるマガジンもガスモレもなかったのでかなりのお買い得でした。

P228HW2

初期生産モデルなので、自主規制の手動セフティがハンマー脇フレームについています(最近は手動セフティを無理に付けないモデルが増えていますが、規制が変わったんですかね?協会が分裂しているからそれぞれ違うとか、よくわかりません)

P228HW4

ABSモデルとの違いは、スライドに入っているドイツ警察仕様の刻印と、スタンダードの太めのトリガー。P228にはこちらのトリガーの方がゴツくて似合う気がします。

P228HW3

このシリーズを紹介すると毎度のことになってしまいますが、モデルガン化されないですかね~。ペガサスリボルバーのモデルガン化やKSCのP230の例もあるんですから、何とかならないですかね。

CAWのガバメントのように、ダミーカートタイプを最初に出すのも手だと思うんですがね。

今日はここまで!!!!!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

AG170 タナカブローニングハイパワーMK3HW

今日で禁煙治療35日目!
完全禁煙4週間が過ぎましたが、未だに禁断症状でタバコが吸いたくなります。
頻度は少なくなってきたと思うので、後一月半がんばってみますかね。

さて今回は「タナカブローニングハイパワーMK3HW」ガスガンです。

HPHW

タナカのブローニングHPはバリエを含めて、これで5挺目。HPの中でも操作性が向上したMK3はお気に入りモデルということで、ABSモデルが2挺、HWモデルがシルバー1挺、ブラック1挺になってしまいました。

所有のブラックHWモデルはオクで購入した物。スライドに1箇所キズがあるものの、ノッチの欠けもなく、中々の状態。MK3はマットブラックが似合いますね。

HPHW2

これで半額以下で購入できたので良い買い物だったと思っています(結果として数だけ増えているんで良いかどうか疑問もありますが)。

タナカ特有のマガジンからのガスもれもなく、動作もキビキビしていて問題ありません。集弾性も平均レベルじゃないですかね。

HPHW3

マルシン以外のHPのモデルガンを見てみたい気持ちが強いので、タナカからのモデルガン化を期待しているんですが、エジェクションポート部のスライドの薄さを見る度に「無理そうだな~」と思ってしまいます。

BLKしなくても良いので、HPとP08のモデルガン欲しいですね。
最近はモデルガンのニューモデルが多いので、便乗して欲しいですね。

今日はここまで!!!!!
道楽カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR