FC2ブログ

MG500 MGC コルト ガバメント スタビライザー カスタム(Re.)その弐

さて今回は「MGC コルト ガバメント スタビライザー カスタム」の続きです。

MGCスタビカスタム8

前回も触れましたが、このモデルは特に実銃に決まったモデルがあったわけでは無く(似たような特徴を持ったカスタムはあったと思いますが)、既存のパーツ(GM6用のスタビライザー等)の流用が目立ったので、入手の時点では、寄せ集めパーツのカスタム程度に思っていました。

確かに寄せ集めパーツで作られてはいますが、細部をみるとそれなりに手間がかかっています。この時期のMGCには、まだ余裕みたいなものがありました。

MGCスタビカスタム9

スライド刻印はノーマルのGM5と同じ「COLT'S MKⅣ / SERIES'70 」「GOVERNMENT MODEL」と口径表示「,45AUTOMATIC CALIBER」。スライド自体の長さはコマンダーサイズよりも少し短めにに短縮してあります。前方のセレーションは後加工によるものです。

アルミ製のスタビライザーは、フレーム側に金属製のネジ受けを付けて2本のスクリューでネジ止めされています。固定自体はしっかりしていますが、フレームの強度面では若干不安があります。

MGCスタビカスタム10

右側スライドはオーソドックスな「COLT'S GOVERNMENT MODEL」。エジェクションポートのカットを見る限り、スライドのベースはピンガンのようです。

フレーム刻印は「COLT'S PT.F.A.MFG.CO.HARTFORD.CONN. U.S.A.」とシリアルNO「70G13184」とMGCカスタムワークス刻印の「MGC-MCW」が入っているので、こちらもピンガンに使われている共通のカスタムフレームが使われています。

MGCスタビカスタム11

スライドはブッシングタイプで、バレルとコンペンセイターは固定されていません。スライド上部はコンペンセイターと同じセレーションが刻まれています。

コンペは2ポートのボランドタイプとして販売されていたもの。フロントサイトはGM6のナストフカスタムなどに使われていたものが流用されています。

MGCスタビカスタム5

リアサイトは定番のBO-MARサイト。サイトベースとサイトブレードの角が後加工で丸められています。こういう細かいところに手が加えられているのが良いですね。オーバルハンマーはホーグNMカスタムのもので、サムガードはパックマイヤータイプが装着されています。

MGCスタビカスタム13

グリップは当時人気のスキップドチェッカータイプですが、左側はサムガード加工がされている上に、グリップ下部がマグウェル加工されたすら日ライザーカスタム専用のグリップになっています。

MGCスタビカスタム12

GM5やGM6用のカスタムパーツの蓄積に加え、カスタムのイージーオーダーシステムの受注を行っていただけあって、この時期のMGCカスタムは手慣れた感じにまとまっています。それでいて細かい部分を少し変えるだけで、オリジナルカスタム感を演出しているんですから、立派なものです。

現存するメーカーで、この手のカスタムモデル製作の残滓が残っているのはWAぐらいですけれど、最近は少量生産のカスタムメーカーみたいになってるので、意味合いが違ってきてますね。

昔みたいにベーシックなトイガンが量で売れない以上、メーカーがカスタムモデルを作る余裕が内のでしょうね。寂しいことですw

今日はここまで!!!!!!!MGCスタビカスタム8
MGCスタビカスタム8
MGCスタビカスタム8


新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


MG500 MGC コルト ガバメント スタビライザー カスタム(Re.)

さて今回は「 MGC コルト ガバメント スタビライザー カスタム」です。17年の暮れに取り上げたモデルですが、メインSPを交換したついでに再掲載です。

MGCスタビカスタム

このモデルはMGC時代の93年頃に作られた(恐らく)直営店カスタムですね。シルバーとブラックの2種が発売されていました。スタビライザーはエアガンのGM6用に作られたアルミ製で、それをピンガンのフレームにネジ止めしてあります。

スライド&フレームはABS製で、スモールカート仕様の古い世代のガバメントカスタムですが、この頃のMGC製品は作りがホント良かったです
後年、新日本模型時代にも「スタビライザーカスタム」が再販されたので、人気は高かったと思われます。再販モデルは全くの別物でしたけど。

MGCスタビカスタム2

アンビセフティやビーバーテールグリップセフティ、マグファンネル等のカスタムパーツはマキシコンプ等に使用されていたお馴染みのパーツ。スライドは(恐らく)ピンガンのスライドをコマンダーサイズにしてトップにセレーションを切ったもの。

フレーム&スライドともに磨いてあるようで、表面の光沢が非常にキレイ。HWモデルを見慣れた目には、とても新鮮に映ります。

MGCスタビカスタム3

発売時に店頭で見たときは寄せ集め感が強かったカスタムですが、仕上げの良さがマイナスイメージを上回りました。買い逃したシルバーモデルを未だに探したりしています。メインSPを交換したので、スライドの動きも軽くなってABSモデル特有のキシミ感が減ったのも良いですね。

MGCスタビカスタム7
左から:ボーリングピンカスタム、ロングスライド スペシャル、スタビライザーカスタム

今回引っ張り出したガバメントカスタムの中でスキップドチェッカーグリップ仕様モデルを揃えてみました。ロングスライドスペシャル以外はオリジナルグリップのままですけど、完全に好みが出て似たようなモデルに見えます。

この頃のカスタムモデルは目的の反動軽減の対処法の違いが、それぞれの個性になっているので似たようなモデルでも見飽きないのが良いですね。モデルガン的にも細かいパーツの違いがあるのが興味深いですw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


MG557 MGC コルト コンバットエリート(後期型) その弐

MGCコンバットエリート10

さて今回は「MGC コルト コンバットエリート(後期型)」の続きです。

新日本模型時代の製品とはいえ仕様パーツのほとんどがMGC時代のもののようなので、仕上げや加工も悪くはありません。バリエモデルとしては結構手が込んでいます。

MGCコンバットエリート7

スライド左刻印は「COLT MKⅣ -SRERIES 80-」と「ランパント コルトマーク」これらはガスガンからの流用ですね。

MGCコンバットエリート8

右側スライドの「COMBAT ☆ERITE☆」のモデル名。エアガンにはコンバットエリートが無かったので、これは新規で作った刻印ですね。

MGCコンバットエリート9

フレーム右側の「SPG COLT'S PT.F.A.MFG.CO.HARTFORD.CONN. U.S.A.」「CG17945」の刻印はシリアルNOのみ専用のものに打ち換えてあります。フレームの素材が変わってもMGC時代と同じ刻印です。

MGCコンバットエリート12

リアサイトは、シリーズ80になってから採用された視認性の高いものが使われています。フロントサイトも同様ですが、これはガスガンのデルタエリートからの流用だと思います。スライド後面から覗くインナーシャーシが黒染め仕様なのはMGC時代と同じです。

リングハンマー用のグリップセフティはデルタエリートと同じモノですがシルバーメッキなので専用パーツですね。

MGCコンバットエリート5

ラバーグリップは専用のもの。と言ってもデルタエリートのメダリオンを変えただけのものですが、恐らくメダリオン自体は新規でしょう。グリップだけ別売もされていました。古いラバーグリップは白化し易いですけれど、ラバープロテクタント等のオイルを吹けば元に戻ります。

フレームのフロントストラップは縦にグルーブが入ってマガジン挿入口が広げられたもの。これも専用パーツですね。

MGCコンバットエリート6
上:コンバットエリート用マガジン、下:ガバメント用マガジン

マガジンはリアルカートサイズながらデルタエリート専用のもの。通常のガバメントマガジンがブラック仕上げなのに対して、昔のMGC金属モデルにあった虹色メッキのような仕上げ。なんらかのメッキ仕上げと思われますが、コンバットエリート専用マガジンでした。

MGCコンバットエリート4

デルタエリートのメッキフレームバリエーションのようなイメージでしたけど、見た目も良いし結構好きなモデルです。45口径の汎用性を考えると、実銃だったらコンバットエリートの方が売れそうですね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


MG557 MGC コルト コンバットエリート(後期型)

さて今回は「MGC コルト コンバットエリート(後期型)」モデルガンです。

MGCコンバットエリート

「MGC コルト コンバットエリート」は93年にデルタエリートと一緒に発売されたモデルでしたが、最大の欠点がHWフレームに蒸着メッキをして作られたフレーム。

HWにメッキをすること自体が画期的と、自画自賛していましたが如何せんメッキの強度が無さ過ぎて,直ぐにメッキが剥げるとんでもない代物でした。今だったら回収騒ぎですね。

MGCコンバットエリート2

後にMGCの製造部門が廃止され新日本模型時代に再生産された後期モデルが今回紹介するモデルで、フレームはABS樹脂にメッキを欠けたモノに変更されています。長年探していましたが、昨年漸く手に入れました。

新日本模型時代の製品ながらフレーム以外のパーツはMGC時代のものらしく、湯流れの後はありますが、普通に見る限りは気にならない程度です。内部の金属シャーシも黒染めしたモノが使用されています。

MGCコンバットエリート3

93年発売のMGC時代の「コンバットエリート」も所持していますが、仕上等も差が無いのでメッキ剥がれを気にせずに弄れる分、圧倒的に後期モデルの方がデキが良く感じます。例によってメインSPをタニコバ製に交換しているので、手動でスライド操作をするときも動きがスムーズです。

最初からこの仕様で発売してくれれば無駄な出費が無かったのにw

詳細編は次回で。
今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



MG215 MGC クラーク ボーリングピン モデル(Re.) その弐

さて今回は「MGC クラーク ボーリングピン モデル」初期モデルの続きです。

MGCピンガン初期10

今回は後にキットモデル化された「クラーク ボーリングピン モデル」との違いを中心に細部をみていきます。初期モデルのフレームはオリジナルGM5のフレームを加工して作られているため、シルバーフレームはありません。

トリガーガードもGM2カスタムと同様、後から熱を加えて角型に加工しているので、角が若干薄くなっています。

MGCピンガン初期9

スライド左側先端の刻印は「Clark" BOWLING PIN MODEL」のモデル名とおそらくショップの所在地「KEITHVILLE,LA.71047」が入れられています。初期モデルの刻印は機械彫りでホワイトが入っているのが特徴です。

COLT'S MKⅣ / SERIES'70 」「GOVERNMENT MODEL」と口径表示「,45AUTOMATIC CALIBER」の刻印はノーマルのGM5のものと同じです。

MGCピンガン初期5

バレルウェイトとフロントサイト、バレルスリーブは加工痕が残っているので、ハンドメイドのカスタム品のようです。バレルも後に量産されたBURSTバレルでは無く、ノーマルのGM5のバレルを先端で延長してシルバーに塗装されたものが使われています。

MGCピンガン初期11

右側スライドの「COLT'S GOVERNMENT MODEL」、フレームの「COLT'S PT.F.A.MFG.CO.HARTFORD.CONN. U.S.A.」シリアルNO「12581C70」「MGC」もノーマルのGM5と同じもの。

サイト部分とエジェクションポートに加工が施されていますが、スライドもノーマルのGM5のモノを加工しているようです。

MGCピンガン初期2

フレーム後端のタン(出っ張り)部は後のキットモデルのようなビーバーテールグリップセフティ用に丸められた形状では無くノーマル形状のままです。そのためグリップセフティはホーグタイプのモノが使われています。

後にこのグリップセフティも単体で発売されていましたが、同型上のカスタムフレーム用タイプが発売されると、見かけなくなりました。スパーをカットされたハンマーも後のピンガン用ハンマーと異なり、ノーマルGM5のハンマーをハンドメイドで加工したものです。

MGCピンガン初期

トリガーガードとフロントストラップ部のチェッカリングは後加工によるモノなので、仕上げはイマイチ。トリガーはキットモデルのプレーンなモノでは無く、グルーブが刻まれたシルバーメッキのロングトリガーが使用されています。

MGCピンガン初期3

グリップはスキップドチェッカーグリップですが、ヘレッツ製では無く国産のようです。アドバンテージグリップシステムが組み込まれていますが、グリップスクリュー用の穴を深くしてノーマルサイズのグリップスクリューで対応しています。

恐らく発売時点ではロングタイプのグリップスクリューがまに合わなかったのでしょう。アドバンテージグリップシステムもプレスでは無くハンドメイドで作られたモノのようです。

MGCピンガン初期12

一部の量産パーツを除いて、殆どのパーツがハンドメイドで加工されたカスタムパーツで作られている、本来の意味でのカスタムモデルです。生産時期はキットモデルが出るまでの短い期間でしたが、当時入手していたらキットモデルとの根本的な違いに気がつかなかったかもしれません。

元気があった頃のMGCの製品は、本当に良くできていますw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


道楽カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR