FC2ブログ

MG564 MGC M586 パワーカスタム HW その弐

さて今回は「MGC M586 パワーカスタム HW」の続きです。前回触れられなかった細部について見ていきたいと思います。

MGCパワーカスタム12

このモデルは、先日述べたとおり形状的にはパワーカスタムの「Grand Master(PPCマッチの最上位クラス)」というモデルをデザインのベースにしているので、実銃との違い(ベースモデルがLフレームなのとステンレスモデルなのは除くw)を含めて紹介していきます。

MGCパワーカスタム6

ABS製フラットサイドのブルバレルには実銃だと「Grand Master」の刻印がある場所に「Poewer Custom」の刻印が入っています。バレル前後の飾り模様はそう略されています。アルミ製リブサイトのクーリングホールの形状とフロントサイトガード、サイトガード下の窪みとかもよく似た雰囲気です。

バレルしたのウェイト部分は形状もよい感じですけど、実銃にある2本のピンが省略されているのが残念。モデルガンではバレル右側は何の刻印もありませんが、実銃では「BY Power Custom INDEP,MO.(所在地 ミズーリ州 インデペンデンス)」の刻印が打たれています。

MGCパワーカスタム

リブサイト上面の雰囲気はかなり実銃に似ています。実銃との主な違いは次の通り。グルーブが6本しか無い(実銃は8本)。フロントサイトのアジャスタブルを示す矢印と、ロックスクリューが無い。競技の行われる4つの距離ごとのアジャストスクリューが省略されています。

MGCパワーカスタム2

リアサイトには、ダイヤルを回すと競技の行われる4つの距離(7・15・25・50ヤード)を瞬時に切り替える機能が、再現されています。画像の「2」は15ヤードを表します。回すときにダイヤルのクリック感が弱いのが、気になります。

MGCパワーカスタム9

サイトの視認性を高めるために大型で斜め下向きになったリアサイトブレードと、ダブルアクションオンリーのデホーンドハンマーは実銃通りに再現されています。また実銃のグリップのバックストラップ部には滑り止めのステッピング加工がしてありますが、モデルガンでは再現されていません

MGCパワーカスタム7

シリンダー後部には実銃同様、各チャンバーごとに番号が打刻されています。各チャンバー入り口を広げるリーマー加工は、実銃と異なり省略されています。モデルガン的には何の効果もありませんが、ABS時代のスマイソンカスタムでは行われていたのに残念ですね。

MGCパワーカスタム10

グリップはHOGUEのベース付き木製グリップを模したキャスト製のもの。結構リアルに塗装されていますが、ここは木製グリップに交換したいところです。トリガーはセミワイドトリガーの角を落としたもの。これだけの加工で指に馴染む気がするから不思議です。

細部を見ていくと実銃と異なる箇所もありましたが、ハンドメイドで量産化するのが難しい部分であるとか、コスト的に省略した箇所がほとんどだと思われます。エアガン全盛期にモデルアップしてくれただけで感謝ですね。

TAITO時代のMGCは往年の作りの良さが消えてアラが目立つ製品も多く、余りパーツで作られたような粗製乱造カスタムも多かったイメージですけれど、手の込んだハンドメイド的な秀作カスタムもありました。このモデルもそんな一挺でした。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



スポンサーサイト



MG564 MGC M586 パワーカスタム HW

さて今回は「MGC M586 パワーカスタム HW」。TAITO時代のリボルバーカスタムの中でも、フラッグシップ的な存在だったモデルガンです。

MGCパワーカスタム5

ABS削り出しのフラットサイドブルバレル。恐らくハンドメイドの金属製のリブサイトやダイヤル式のリアサイトが装備された高級カスタムでした。当時の価格は45K位だったと思うのですが、定かではありません。書いてありそうな資料あったんですが、現在行方不明。見つかったら、分かるかもしれません。

MGCパワーカスタム16

2004年6月号のGUN誌の表3広告に初掲載されています(この時が最初で最後だったような)。記憶ではボブチャウカスタム等の発売は、この少し前だったような気がします。店頭ではパイソンPPCカスタム等と並んで展示されていたような記憶があります。

MGCパワーカスタム8

今回のパワー・カスタムは80年代に人気だった実銃競技のPPC用に、ガンスミスのロン・パワー氏が作ったカスタムガン「グランドマスター」を元に製作したと思われます。実銃との一番の違いはベースモデルがKフレームからLフレームになっている事(カスタムなのでLフレームモデルもあったかもしれません)。

また実銃のイメージはステンレスモデルだったので、HWモデルのモデルガンは少し印象が違うかも。余談ですがアメ横のボンドショップ時代のMGCで、ハンドメイドカスタムだと思われる、ABS製のM586のパワーカスタム(リブ無し)を2.5inchモデルと共に見たような記憶がありますが、形状までは詳しく覚えていないのが残念です。

MGCパワーカスタム11

PPCカスタム等の競技そのものには、それ程関心はありませんでしたがカスタムリボルバー自体の印象が強烈すぎて、好きになりました。

未だにカスタムモデルのイメージというと、PPCカスタムとコンバットカスタムになってしまうのは、当時の印象が強すぎるからでしょう。年寄りならではの”あるある”ですねw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



MG207 MGC Lフレーム スマイソン カスタム(RE.)

さて今回は「MGC Lフレーム スマイソン カスタム」を紹介します。前回紹介したMGC(TAITO)スマイソンHWの元祖的モデルです。

MGCスマイソンカスタム5
左:スマイソンカスタム 右:スマイソンHW

このモデルは10年ほど前に一度取り上げましたが、1983年にMGCが限定100挺を謳って発売したカスタムモデルです。何度か再販されているようなので実際の生産数はもう少しありそうですけど、当時の価格背18,000円もした高級モデルでした。

MGCスマイソンカスタム2

同時期に発売されたCMCやコクサイのスマイソンと異なり、フロントサイトにレッドランプも入れられていない地味な外観で、バレルを付け替えて木製グリップを付けただけのようにも見えますが、量産モデルには無い加工が幾つかなされています。

MGCスマイソンカスタム3

一番のこだわり部分が、シリンダーのチャンバー入り口の部分が、リーマ加工によって少し広げられています。当時の競技用リボルバーでリロード時間を短縮するため流行っていたカスタム加工で、モデルガンで再現したのは、このモデルだけのような気がします。

モデルガンのカート形状を考えると実際の効果は殆ど無さそうですけど、再現した事が地味に凄いですね。他にも発火による体制強化?のためにフォーシングコーン部にシルバーメッキが欠けられていたりもします。

MGCスマイソンカスタム7

シリンダーのロックは、後加工によってヨークにディテンドボールが埋め込まれています。実銃のディビス製のスマイソンカスタムで行われた加工を再現したものですが、この辺りに量産モデルでは無い味を感じます。

MGCスマイソンカスタム4

この部分は個人で改良した部分でカスタム加工とは関係ないですが、リアのKサイトは、MGCがM586の2.5inchモデルを出した時に作られたベースの長いものに交換してあります。オリジナルモデルではベースが短いタイプのサイトだったので、パイソンバレルとサイトのの間に5mm程の段差の凹みができていました。

MGCスマイソンカスタム6

今見るとカスタムモデルといっても、それほど大したカスタム加工では無いですけど、当時はややたら感心してたのを思い出します。バレルをパイソンのモノに付け替えた事自体が凄く感じたんでしょうかね。いずれにせよ、その時のインパクトがあったので、今でもスマイソンに対しての思い入れが強いですw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



MG561 MGC M586 キャリーコンプ

さて今回も部屋の片付けで発掘した(紹介してなかったブツを見つけたって事です)「MGC M586 キャリーコンプ」です。

MGC M586CCOMP

発売されたのは1994年4月頃。MGC休業決定(製造部門の廃業は95年3月)がこの年の11月ですから、その半年前に出されたモデルです。この年の8月頃にキャリーコンプカスタム(7ポート)モデルが4inchスマイソンと共に発売されたので、先に入手したのはカスタムの方でした。

当時はカスタムの方の印象が強くて、後から1ポートのキャリーコンプに気がついた感じでした。

MGC M586CCOMP2

所持モデルは、グリップをアンクルマイクスのラバーグリップに交換済み。久しぶりに見たら、ラバー表面がツヤツヤになってました。経年変化ですかね。

元のHWグリップ自体がアンクルマイクスグリップの形状をベースにしているので、あまり外観の変化が無いのが残念です。最も実際に握るとグリップの断面形状が異なるので、握り心地が全く違いますけどね。

MGC M586CCOMP4

このモデルも購入してから未発火のままです。思えば就職後、生活が一変したあたりからモデルガンの発火が減ったような気がします。このモデルを買った当時は確かに忙しかったです。発火しなかったからこそ、今も良い状態で残っているんですけど。

MGC M586CCOMP5

タナカのM19キャリーコンプと並べていました。タナカの製品は最新モデルなので、この2挺の間には四半世紀の時間差があります。見比べてもMGCのキャリーコンプのプロポーションが、見劣りしないのは流石です。

今よりも格段に情報が少ない時代に ここまでのモノを作っていたMGCは、やっぱり凄かったんですねw

▼ 1994〜95年のMGCモデルガンラインナップについての記事はこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=5935

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



MG559 MGC ウィルソン LEコンバット イーノスモデル MCW その弐

さて今回は「MGC ウィルソン LEコンバット イーノスモデル MCW」の続きです。

MGCイーノスモデル5

前回、このイーノスモデルが基本モデルでは無いかと書いたのには理由があります。使用パーツの殆どが量産パーツで、イージーオーダー専用パーツのスライド&コンプも後加工の無いベーシックな(一番安い)パーツが使用されているのがその理由です。

MGCイーノスモデル6

左側スライドにはオーダー刻印の「Wilson Combat COMPETITION GRADE」が入っています。これが当時の価格で2,500円、刻印位置は左右どちらでも選べたようです。スライド刻印は、ノーマルのシリーズ70タイプ。

フレームは量産カスタムパーツの角トリガーガード・シルバーで価格は3,800円。スライドストップレバーはステンレスカスタムに交換していますが、元はシルバーメッキタイプでした。

MGCイーノスモデル13

スライド上部はセレーションの無い「クラーク・ピンガンタイプ」3,600円が使用されています。コンプはイージーオーダー専用パーツの「ノンブッシングタイプのシリーズLE イーノスタイプ」で、価格は6,000円と一番高価なパーツとなります。

画像では分かりませんが、量産パーツのリコイルSPガイドと後加工で前面がコンプ用にカットされているプラグの組み合わせが使われています。

MGCイーノスモデル15

フレームは量産フレームなので刻印はピンガンのモノと同じ。マガジンキャッチはステンレス製に交換済みですが、当初はクロームシルバーの「エクステンドマガジンキャッチ」1,200円が付いてました。トリガーはウィルソンらしい「3ホールタイプ シルバー トリガー」です。

MGCイーノスモデル11

メインSPハウジング、グリップセフティも現在はWA製の交換済みですが、当初は量産パーツの「チェッカード ストレート メインSPハウジング」「ビーバーテイル グリップセフティ」のそれぞれクロームシルバータイプが付いていました。

グリップも木グリに交換済みですが当初はプラ製、グリップだけは交換された可能性もありますけどね。

MGCイーノスモデル14

ハンマー、アンビセフティもWA製ステンレスパーツに交換していますが、元はMGC製のクロームシルバー「オーバルハンマー」と同アンビセフティが付属していました。ハンマーが量産パーツだったので、シアー&ディスコネクターもオリジナルパーツ(シルバーメッキ)でした。

MGCイーノスモデル7

チャレンジャー誌に載っていたカスタムの一例「ウィルソン コンペティション グレード」が8,900円だったことを考えると、コンプ以外のパーツが量産パーツで構成されている似たような構成
の「イーノスモデル」も同程度の価格だと推測できます。

カスタムワークス完成品として、MGCボンドショップで販売されていた「ウィルソン イーノスモデル」の価格が35,000円だったと記憶していますから、同じモデルの可能性は高いと思います。

実際はどうだったのでしょう。いろんな想像するのも中古モデルを入手した時の楽しみの一つですね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


道楽カウンター
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR