FC2ブログ

Carbon8 M45CQP Ver.2を試射してみましたw

さて前回も紹介した「Carbon8 M45CQP Ver.2」を試射してみました。

M45CQPver2実射

今回は8本のボンベを使い切ったので700発程撃った事になります。10mレンジで撃ったのでHOPの掛かりは分かりませんが、0.25gのBB弾だと狙ったところに素直に集弾する感じです。新たに組み込んだサイレンサー用アウターバレルや、集光サイトにも全く問題はありませんでした。

M45CQPver2実射2

Ver.2で改良が施されたスライドストップノッチは。700発撃った後もケズレが発生していません。Ver.2からスライド内部の金属シャーシでスライドストップレバーを受ける構造になったので当然ですけど、これで気兼ねなくスライドオープンさせることが出来ます。

M45CQPver2実射4

スライド内部を見ても金属シャーシにや固定ネジ部分も問題はありません。またスライド自体の破損やヒビなども見られませんでした。元々所持しているVer.1もスライド破損は起きていないので、バッファーが強化された事で、より耐久度が増したということでしょう。

M45CQPver2実射5
上:Ver.2のスライド、下:Ver.1のスライド

一方、ノッチ対策が施されていないVer.1のスライドストップノッチは、かなり削れてきました。当初はスライドは消耗品と割り切るつもりでしたが、ノッチ以外は破損の気配もないのでWAに準じた手法でケズレ対策を考えることにしました。

完成したら、また紹介するつもりですw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



スポンサーサイト



AG353 Carbon8 M45CQP 2nd lot CO2GBB

さて今回は8月に改良再販された「Carbon8 M45CQP 2nd lot CO2GBB」です。

m45cqp 2nd2

今年の1月に発売された「Carbon8 M45CQP」は評判が高かったのか、あっという間に品切れになってしまい、作動が気に入って予備を購入しようと思っても手に入りませんでした。6月の再販予告と童子ぐらいに予約して、ようやく今月に2丁目を手にすることが出来ました。

m45cqp 2nd3

Carbon8のHPに「改良のため1st lotとのスライドとフレームの互換性は無くなりました」と書かれていたので、よく見てみても外見的には全く1st lotと変わりありません。個人的には45ACPの刻印はなおして欲しかったんですけどね。

m45cqp 2nd
上:2nd lot、下:1st lot

スライド内部を見てみると、2nd lotは「①リコイルバッファー」「②スライド内金属シャーシ」が改良されているようです。

このうち①のリコイルバッファーはバッファー自体が柔らかめで厚みのあるものに変更されているので、ブローバックの衝撃をより緩和するためだと思われます。一部で問題になったスライドの破損対策ということなんでしょうね。

②のスライド内金属シャーシの延長は、延長部分にスライドストップレバーのノッチがかかるように溝が刻まれています。マルイのノッチ欠け対策と同様、内部の金属部分でスライドストップレバーを受けることで、スライドノッチの破損を防ぐ改良のようです。

m45cqp 2nd4

1st lotではスライドの破損こそありませんでしたが、スライドストップノッチの削れは反動が強い分酷いものでしたので、今回の改良は大歓迎です。まだ、大して撃ち込んでいませんが調子は上々です。サイトを変更してから、フレームの改良(レイルの撤去?)やグリップの変更を検討するつもりです。

Carbon8 M45CQPの詳しいレビュー記事はこちら

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



AG348 Carbon8 M45CQP その後

GWも今日から後半戦です。
雨が続いたので、予定していた事の半分もできていません。
残り4日で、どこまで取り返せるかなw

さて今回は入手してから3ヶ月以上経った「Carbon8 M45CQP」のその後についてです。

AG348 Carbon8 M45CQP その後3

今日は久々にレンジに行って、ボンベ10本分撃ってきました。通算で50ボンベ、およそ4000発程撃ったことになりますが、今のところ問題は起こっていません。

AG348 Carbon8 M45CQP その後4

最終弾発射後にスライドをホールドオープンさせていたら、削れ防止策が施されていないスライドストップノッチにダメージの痕がしっかり残りました。今からでも金属片を埋め込んだ方が良さそうですね。

AG348 Carbon8 M45CQP その後5

スライドストップノッチ以外は、スライド先端のダストカバーと接触する部分にスレ痕が残っている程度で、スライドにはヒビなどの致命的なダメージは無いようです。スライドの肉が薄い前部セレーション後方にも内外共に問題はありませんでした。

当たり個体だった可能性もありますが、個人的にはこのM45CQPには購入当初危惧していたような構造上の弱い部分は無いと思っています。オリジナルのスライド刻印やダストカバー部の中途半端なレイル形状は気に入りませんが、作動に関しては大満足ですw

Carbon8 M45CQPの過去のレビュー記事はこちら


今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



AG46 タニオ・コバ H&K VP70M (再)

さて今回は、ゲームに影響されて、久々に手に取った「タニオ・コバ H&K VP70M」です。

タニコバVP70

暫くぶりで撃ってみたら、セミ・3バースト共に問題なく作動しました。相変わらず撃って楽しいモデルですね。実銃と違ってシングルアクションのハンマー式なので、スライド式トリガーで引く距離が長くてもトリガープルが軽いから撃ちやすいですね。

これならゲームのように遠距離でヘッドショットを狙うのも、普通にできますね。唯一残念なのは最終弾発射後に、スライドがホールドオープンしないので、BB弾が無くなってもすぐに気がつかないことぐらいです。

今回はゲームっぽい雰囲気を出すために、フリーダムアート製のサイレンサーアダプターを付けてカートリッジケースと一緒に取ってみました。ゲームに登場したロングマガジンは無理にしても似たようなコンペは付けたいですね。

新品で購入してから10年以上も経っていますが、その間コバキャップを交換した以外は故障知らずで、マガジンからのガス漏れもありません。良いモデルだと思うんですが、売れ行きが良くなかったためか、海外に金型を売却しちゃったのはホント勿体ないですね。



過去に撮った動画も合わせてUPしておきます。
今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



AG348 Carbon8 M45CQP

本日帰宅したら、予約していた期待の新製品が届いていました。
早速開封して見ましたが、新製品でワクワクするのは久々です。

Carbon8 M45CQP

届いたのは「Carbon8(カーボナイト)」というブランドの新製品「Carbon8 M45CQP」で、作動にCO2を使ったガバメントタイプのGBBです。

「Carbon8(カーボナイト)」というブランドはエアガンアクセサリーやKJワークスの国内販売を行っている「HoneyBee WAREHOUSE(株式会社 ハッチ)」が2017年に「Cz75 Co2 GBB」のために作ったブランドで、「M45CQP」が第2弾と言うことになります。

Carbon8 M45CQP2

海外メーカーの既存製品をベースに日本向け仕様のトイガンを作らせて販売しているのスタイルで、国内の初速規制に合わせるだけでは無く、フレーム&スライドの素材変更や全日本トイガン安全協会(STGA)の安全基準に適合させるように改良が加えられているので、安全度はかなり高いと思われます。

本体はMEUピストルにレイルフレームを組み込んだようなオリジナルモデルで、スライド刻印もオリジナルとなっていますが、雰囲気的には良い感じに仕上がっています。パーティングラインなどの処理は甘いですけど、価格も低めなので気になったら個人で仕上げれば良いレベルです。

Carbon8 M45CQP5

気になるシングルカラムマガジンへのCO2ボンベの挿入は、マガジン横からボンベを入れて、下からスクリューで固定する方式です。当然マガジンの左右幅よりもボンベ幅があるので、はみ出す形にはなりますが、フレーム内部の形状を変えることで上手く収めています。グリップ交換もある程度の加工で実銃ようグリップが装着できるようです。

Carbon8 M45CQP3

特にマガジンバンパーの出っ張り以上にマガジンが長くなっていないために、マガジンを装着したときに全く違和感がありません。CQBタイプのガバをモデルアップしているのは大正解ですね。
このサイズでマガジンが作れるのなら、前作の「CZ75」のマガジン長も変更して欲しいぐらいです。

Carbon8 M45CQP8

時間が無くて、まだ撃ち込んではいませんが室温17°でも激しいブローバックを見せます。特に新しいボンベの時は作動音も大きすぎるぐらいです。低温に強いCO2の面目躍如です。1ボンベで90発前後の燃費のようですが、これだけしっかり作動するだけでも充分楽しいですね。

気になる初速は0.2gBB弾使用時で84m/s前後。新規ボンベ挿入後は若干高くなるようですが、それでも0.7J未満といったところです。KSCのようにリアルライブメカなので、スライドを引いてからで無いと初弾が撃てないのも良いですね。

耐久性など暫く使用しないと分からない部分もありますが、なんとも楽しいモデルですw

Carbon8 M45CQPの詳しいレビュー記事はこちら

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



道楽カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR