FC2ブログ

MG171 WA コマンダー カッツコンペンセイター・カスタム(Re.) その弐


さて今回は「WA コマンダー カッツコンペンセイター・カスタム」の続きです。

WAコンプカスタム6

WAコマンダーカスタムは、オリジナルのハーフシルバーモデルが発売されて3ヶ月も経たないうちに、オールシルバーモデル、ステッピングフレームのブラックモデル、ハーフシルバー、オールシルバー、角トリガーガード&ステッピングフレームのブラックモデル、ハーフシルバー、オールシルバーが発売されます。

その後、オリジナルフレームのマズルブレーキモデル、カッツコンペンセイターモデル、5インチバレルモデル等が加わり、あっという間に10醜類以上のバリエ展開になりました。センターファイアー化されたのはバリエ展開された辺りだと思いますから、初期のサイド発火式モデルの方が数が少ないかも。

WAコンプカスタム7

スライド左刻印は2行の「COMBAT COMMANDER」のモデル名と「COLT AUTOMATIC 」「CARIBER.45」ランパントコルトロゴが入っています。コンバットコマンダー カスタムは全て共通スライドだったので、この刻印も共通です。

ロングスライドストップレバーはステンレス製。初期のものは研磨されていましたが、バリエ展開が始まった辺りから、砂型の痕が残ったままの仕上げに変わっています。ノーマルサイズのシルバートリガーと共に、コンバットコマンダーカスタムの共通パーツです。

WAコンプカスタム8

左側スライド刻印は「COLT'S COMBAT COMMANDER MODEL」。エジェクションポートは、この時期のカスタムによく見られる形状に広げられています。フレーム刻印は「12581C70 MGC」でMGCのGM5と同じもの。フレームはMGCからパーツ供給されているのが分かります。

WAコンプカスタム9

リアサイトはBO-MARサイト。刻印やネジなどの細かいパーツを見る限り、MGCからの供給では無くWAオリジナルパーツのようです。ハンマー、アンビセフティはステンレス製でこれもコマンダーカスタムの共通パーツです。

このモデルのアンビセフティは、オプションのワイドセフティに交換してありますが、量産(カスタム)モデルで、ステンレスパーツが3点も付いてくるのは当時としても破格でした。パーツ自体も別売されていたので、セフティなんかは随分購入しました。

このモデルの特徴の各トリガーガードとステッピング加工。角トリガーガードはGM2時台のカスタムと同じ後加工によるもの。ステッピング加工も手作業で刻んでいるようで、モデルによってステッピングのパターンが微妙に異なります。

WAコンプカスタム15

アルミ製のカッツコンペンセイターは、8ポートタイプ。他にもマグナポートタイプがありました。スライド上部にはナショナルマッチのようなリブが付けられていますけど、本来はコマンダースライドにはないものです。カスタムモデルなので気にするところではありません。

WAコンプカスタム17

前回述べたように、このモデルはオリジナルのコンペモデルでは無く、角トリガーガード&ステッピングフレームモデルに別売のコンペパーツを付けたものです。当時はオプションパーツも豊富だったので、購入後にいろんなパーツを組み込むだけでオリジナルカスタムが作れました。

今のエアガンの外装カスタムと同じですね。この手の趣味は時代が変わっても、やってることに大差が無いのが面白いw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



スポンサーサイト



MG171 WA コマンダー カッツコンペンセイター・カスタム(Re.)


さて今回は「WA コマンダー カッツコンペンセイター・カスタム」モデルガンです。これも年初にメインSPを交換した内の一挺で、10年ぶりの再掲載になります。

WAコンプカスタム3

WAのコンバット コマンダーカスタムが発売されたのが83年。5月の後楽園モデルガンショーで初お目見えだった記憶があります。その後センターファイアー化と、フレーム&スライドのし上げ違いのバリエ展開があり83年の暮れぐらいに発売されたのが、今回のカッツコンペンセイターカスタムだったと思います。

WAコンプカスタム4

所持モデルは。既存の「ステップッドブラックフレーム&角トリガー カスタム」に別売のコンペセイターパーツを組み合わせたもの。アルミコンプとスライドの地肌の色違いが気になって、コンペとスライドにブラックスプレーで塗装しています。

WAコンプカスタム
左:タニコバSP、右:WAオリジナルSP

WAのメインSPはMGC製よりも径が太くて長さが短いもの。ハンマーコッキングが硬く感じられるので、フレームへの負担はMGCよりも強いかもしれません。SP交換後はスライドの動きも軽くなりました。

WAコンプカスタム2
リコイルSPハウジングはこの時期のMGCと同様、メインSPキャッチピンが貫通しない構造になっています。救いはピンが割ピンになっていないので、ドライバーでピンをこじって外すのは比較的簡単に行えます。細かいパーツはMGCと共用だと思ってましたが違うんですね。

WAコンプカスタム5

アルミ製コンプは、ピッチを切ったマズルに前方からネジ止目で固定されています。バレルスリーブはスチール製で、全体バランスはマズル側にあるので実際の重量よりも重く感じます。

今見ると塗装したコンプやスライドの粗さが気になります。当時は満足してましたが、若気の至りそのものですね。塗装を落としてオリジナルの地肌に戻そうかと真剣に考えています。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


MG555 MGC ボブ・チャウ スペシャル Ⅰ 完結編

さて今回は「ボブ・チャウ スペシャル Ⅰ」の完結編です。完結編と言っても、調整したベルトクリップを装着した画像を載せたかっただけなんですけどね。

MGCボブチャウS20

いつも違ってベルトクリップのある右側の画像から。実銃の画像を見ると、ベルトクリップはスライドセレーションの後ろから3本目まで削られているようなので、4本目まで行きかけている今回のは削りすぎ。Rを上手く付けるために仕方なかったので、気にしないことにしてます。

母V¥ブチャウS27

左側を上にすると、ベルトクリップの弾性が強いので、浮き上がった感じになります。アンビセフティもWAのステンレス製にしたかったんですがオリジナルのセフティが、しっかり後加工でエッジが丸められていたので、そのままにしました。

MGCボブチャウS21

BWCから発売されたボブ・チャウ スペシャルは手が出せなかったし、イベント限定のタニコバGM7版はリアサイトがボーマーだし。最も手に入りやすいWA版はエアガンなので、未だにMGC版がモデルガンとしては最大公約数的にはベターなんでしょうね。

トイガンの購入を年間一挺だけに絞って、BWC版の再販に備えようかな(日々の物欲に全く勝てる気がしないんですけどw)。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



MG549 WA スタームルガー スーパーブラックホーク 7.5inch レストア終了

さて今回はレストアが終了した「WA スタームルガー スーパーブラックホーク 7.5inch」のお披露目です。

WA SBレストア完了8

今年の夏に開催されたイベントで入手したWA製SBHは完動で格安だった分、「カート無し」「リアサイトブレード&スクリュー無し」「箱なし」「発火済み」のモデルでしたが、年末になってようやくレストアが終了しました。

「カート無し」については、C-TEC製の空撃ち用44SPダミーカートで代用しました(44MAG用だとシリンダーに入らないので)。オリジナルカートと違ってカートが中空で軽いので、シリンダーにカートを込める際の金属音が良い感じになりました。

WA SBレストア完了9

「発火済み」のレストアは、シリンダーインサート部分についた汚れをドレメルの真鍮ブラシで磨き落としてから中性洗剤で洗いました。その他の汚れや錆も真鍮ブラシでの磨き落としです。発火数が少なかったのか、汚れが酷くなかったので何とかキレイになりました。

入手時はメッキの状態はそれ程悪く無さそうに見えましたが、よく見ると退色して薄くなった部分やムラが出ていたので、軽めにコンパウンドで磨いています。余り磨くと金色が落ちてしまうので気休め程度です。やっぱり「箱無し」モデルは表面のダメージが避けられませんね。

WA SBレストア完了3

グリップは実銃用の中古グリップを取り付けました。簡単な加工で取り付けられたのでWAオリジナル木製グリップを探すよりも合理的でした。グリップ自体が程度の良くないものだったので、キズ隠しに「Tru-Oil」で仕上げています。

WA SBレストア完了7

一番苦労したのがリアサイトブレード。最終的にMGCプラパイソンのサイトブレードを加工して流用しましたが、サイト自体の構造が違うためにリアサイトベースに切り込みを入れるなどの加工もしてます。リアサイトスクリューはGM5のグリップスクリューを加工して使用しています。

今回のレストアは欠落パーツ自体は2点(リアサイトブレード&スクリュー)でしたが、流用できるパーツを見つけるのに時間がかかりました。加工自体はヤスリとドレメルがあればできるレベルだったので、それ程苦労はしていません。

無事にレストアが終了して、手軽に弄って遊べる「WA スーパーブラックホーク」を手に入れました。安物買いの何とやらにならならずに済んで、ホント良かったですw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



WA ルガー スーパーBH レストア編 その四(リアサイトブレードの変更)

さて今回もWA スーパーブラックホークのレストアの続きで、リアサイトブレードの変更です。

WA SBレストア完了5

中古で入手したスーパーブラックホークにはリアサイトブレードが欠品でしたので、レストア第一弾としてハドソン製ブラックホークのリアサイトブレードを移植してみました。

が、どのように調製してもブレード自体の高さが低く、しかも左右調整スクリューとブレードが干渉して、ブレードが右上がりの斜め状態が修正できませんでした(修正するとブレードが更に低くなってしまう事に)。

WA SBレストアリアサイト2
右:調整後のハドソン製BHのブレード、左:調整後のMGCプラパイソンのブレード

そこで、ハドソン製BHのリアサイトブレードに見切りを付けて、サイズの合いそうなMGCプラパイソン用のリアサイトブレードをWAのリアサイトに合わせてみると、上手く行きそうだったので早速加工してみました。

WA SBレストア完了6

若干ブレード幅が長めですけど、ブレードの高さは充分。左右の調整機能までは再現できませんでしたが、見た目上は満足です。これで一応のレストア終了とします。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



道楽カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR