FC2ブログ

第92回 ビクトリーショーに行ってきたw

1月12日(日)13日(月祝)に開催される「第92回 ビクトリーショー」の初日に行ってきました。

92Vショー

開場1時間前に到着しましたが、既に入場待ちの行列が6階会場から一階まできてました。年初のイベントというのもあるでしょうけど、相変わらずの人気でした。

今回は会場で見かけた発売予定の新製品と、個人的に気になったモデルを紹介します。

92Vショー2

(旧)和室工房さんのブースで見かけた固定スライドガスガンの「TAURUS CURVE」は,今回サンプル展示のみ。独特のカーブしたフレームが魅力です。発売は2月開催のイベントに合わせ津予定とのこと。開場では再販された「B&T VP9」が人気でした。

92Vショー6

carbon8さんのブースにあった新型CO2ガスガン「STRIKER-9(仮称)」。オリジナルデザインのモデルで販売予定日等は未定との事でしたが、グロックよりも握りやすいグリップが印象的でした。

92Vショー7

プラウダさんのブースにあったルガー.22オート風GBB。マガジンはマルイグロックシリーズと同タイプのダブルカラシアムマガジンを使用して、セミ・フル切り替え可能。1万円に近い予定販売価格と、かなり魅力的なモデル。グリップも細身で握りやすく、色々楽しめそうなモデルです。

92Vショー5

ハートフォードさんのブースにあった「コスモガン」の粉体モデル。まさかと思って聞いてみると、製作予定との事。具体的な計画までには至っていないようでしたが、ワクワクしますね。フル稼働でモデルアップされるのを期待しています。

92Vショー3

92Vショー4

一品モノとして販売されていたモデルで気になったのが、シュワルツローゼM1898とFNブローニングM1900の樹脂製ディスプレイモデル。両者とも原寸モデルで、スライド(ボルト)が可動してマガジンの脱着もできるスグレモノ。

オートマチックピストルの黎明期のモデルならではの独創的なメカとデザインが良いですね。写真の2次元でしか見たことが無いモデルを、立体モデルとして手に取れて感動しました。ブース名を失念したのでネットで調べたら、キノハナさんという方の製作と思われます。再現度の高さに脱帽です。

92Vショー8

今回の戦利品は、ゆも庵さんのブースで入手した「ワルサー モデル9」。Pocket's gunsmithingさん製作の樹脂製ディスプレイモデル。最初に狙っていたマットブラックモデルは売り切れで、メタリック調ブラックモデルを入手しましたが、仕上げが良いので超満足。

実物は想像していた以上に小さくて、スプリング類こそ仕込まれていませんが、スライドやセフティが可動してマガジンの脱着もできるのには驚きました。実銃に準じた構造で、分解も出来る再現度は個人製作とは思えない完成度です。

92Vショー9

(旧)和室工房さんのB&T VP9とPocket's gunsmithingさんの「ワルサー モデル9」。トイガンとしての性格や、素材もサイズも異なる両モデルですけど、目の付け所が凄いですね。しかも工作精度や仕上げの良さは個人製作のレベルを超えているのが凄いです。

海外モデルベースの輸入トイガンは、相変わらず元気ですね。それに負けないぐらい個人製作トイガンにインパクトがあったのが印象的だった、今回のビクトリーショーでした。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



スポンサーサイト



2019年購入トイガン BEST10(後編)

明けましておめでとうございます。
本年も本ブログを、よろしくお願いします。

さて今回初めて、旧年中(元日にも)に間に合わなかった「2019年購入トイガン BEST10」の後編です。
2年連続で年をまたいでしまいましたが、ようやくUPできましたのでお付き合いをお願いします。

第5位 NORTHEAST STEN MK2 初期モデル GBB

トイガンBEST13

購入してから、未だに紹介していないモデルです。発売されたのは2018年だったと思いますが、2ndロットで漸く手に入れました。

NORTHEASTという知らないメーカーの製品でしたが、全体の仕上げも悪くなく(グレーっぽい仕上げはモデルガンのSTENを見慣れているので違和感がありましたが)、細かい部分までリアルに再現されています。

マガジンハウジングも回転させて収納位置にする事も当然できますし、初期モデル特有のコッキングノブの形状もキチンと再現されています。横置きマガジンでのガスブローバック作動も生ガスを吹くことも無く、しっかり作動します。

唯一の問題は入手後直ぐに、ループストックの後期モデルの発売がアナウンスされた事。T字ストックは握りにくいんですよね。

第4位 Carbon8 M45 CQP 2nd Lot GBB

2019トイガンBEST18

Carbon8が発売するSTGA公認のCO2ガスガンの第2弾。1st Lotでスライド破損が起きた事に対するバッファー強化ととノッチ削れ対策が施された改良モデル。作動性に関しては1st Lotの段階から絶好調だったので、耐久性が増して安心して撃ちまくれるモデルになりました。

オリジナルの刻印や中途半端なダストカバー部のレールはイマイチ好きになれませんが、圧倒的な実射性能が全てをカバーしています。ボンベが入るフレームの膨らみも最小限にとどまっているので、加工次第で実銃グリップが付けられそうな所も魅力です。

Carbon8 M45 CQP 2nd Lot GBBの詳しい記事はこちら

第3位 SIG Airsoft P320-M17 GBB

2019トイガンBEST2

実銃メーカーのSIG社が販売する、アメリカ軍制式ハンドガンの民間仕様モデルのエアガン。自社モデルをエアガン化しているだけあって、再現度は高くフレームのモジュラー構造もしっかりとと再現されています。再現し難いTANカラーも、実銃のコヨーテカラーの写真と違和感の無い仕上がりです。

生産はVFC社とされているだけあってブローバック作動はスムーズで実射性能も国内メーカーに匹敵します。本来は国内メーカーが出すべきモデルですけど、実銃メーカーが出張ってくると太刀打ちできないですね。

第2位 UMAREX グロック19X GBB

2019トイガンBEST11

アメリカ陸・空軍のモジュラー ハンドガン システム トライアル用に作られたモデルの民間仕様モデル。グロック社の正式ライセンスによって作られているだけあって刻印や各部の寸法等、再現度の高いモデルです。トライアル用モデルがベースのためミリタリー色の強いモデルとなっています。

G19サイズのスライドにG17サイズのフレームを付けたスタイルは、思いのほかバランスが良く、ヒンガーレストの無いグリップも非常に握りやすくなっています。内部メカも新しくなってブローバックの作動もスムーズで反動も強めです。

何よりもグロックの最新モデルの一つがいち早くトイガン化されたことが、凄いですね。今後、最新モデルのグロック19MOS等のバリエ展開も期待したいです。
UMAREX グロック19X GBBの詳しい記事はこちら

第1位 ショウエイ G43 ABB

トイガンBEST14

昨年入手したモデルの中で、最も高価だったモデル。還暦記念と言うことで入手しました。モデルガンがベースになっているだけあって再現度は高く、個々のパーツの加工精度も高く丁寧に仕上げられています。

新開発のエアーブローバックシステムは、マガジンにフロンの代わりにエアーを充填するシステムで、気温の影響を受けない代わりに一回のチャージで1マガジン10発しか撃てないのが欠点です。また操作性もシビアで、ボルトをフルに引かないと発射できなかったりするので、快調に作動させるには慣れが必要です。

それでも高く評価するのは圧倒的な存在感と、モデルガンのようなセミオートマチックライフルのブローバックを火薬を使わないで楽しめる事につきます。M4系に比べると重くて取り回し難い長さですけど、二次大戦のドイツ軍好きには堪らないモデルです。

トイガンBEST10は以上ですが、2019年度に入手したお気に入りのトイガンアクセサリーや中古で入手したモデルも付け加えておきます。

WA スターム・ルガー スーパーブラックホーク 7.5inch モデルガン

2019トイガンBEST22

イベントで入手した中古の発火済みモデルを、クリーニング後欠損パーツを流用自作してレストアしたもの。グリップも実銃用のモノに付け替えています。

スチール製のハンドが組み込まれているので作動に不安はありません。元々シリンダーに作動痕が残っていたりもするので、気楽に弄じれるのも良いですね。手間をかけた愛着もありますが、普段使いできる気楽さが最大の魅力です。

タニオコバ コルトM4CQB 10,5inch モデルガン


タニコバM4-1

発火用に入手した未発火の中古モデル。付属品が欠けていたりした割には本体が思った以上に状態が良かったので、まずはドレスアップのベースにするつもりです。ボルトを手動で動かしてみても各スプリングのバランスが良いせいか、動きがスムーズなのが素晴らしいです。

できるだけ早く撃てる体制(予備カート&マガジンの入手と発火スペースの確保)が急務です。

StereamLight TLR-6 Tactical Gun Light

2019トイガンBEST15

グロック42用に入手したウェポンライト。トリガーガードの固定するタイプですが、装着するとガタツキも一切無く、銃と一体となるデザインが良いですね。性能的にもトイガン用としては充分以上で、実銃用なのに比較的安価で国内入手が可能なのが魅力です。


振り返ると昨年も相変わらずの散財でした。2018年に比べて海外製品が増えた事、マルイ製品が無かった事(年末に安売りしていたライトニングホークを入手したのみです)が印象的です。

特に海外製品の購入が増えた理由は、海外メーカーの技術の向上と強力な新製品開発力が上げられます。背景にあるのは海外トイガン市場の拡大で、実銃メーカーのエアガン市場の直接参入やライセンスビジネスの本格化がそれを裏付けています。先細り感のある国内メーカーですが、今年こそは活性化して欲しいですねw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします









2019年購入トイガン BEST10(前編)

さて、いよいよ2019年 令和元年が終わる最終日となりました。今年も懲りずに購入してきたトイガンをの中から、恒例のBEST10を選んでみたいと思います

今回は前編として、第10位から6位までをご紹介します。基本、独断と偏見で選んでますのでご容赦をw

第10位 KSC IWI タボール21 GBB

2019トイガンBEST6

この間紹介したばかりのモデルですがM4系ではない長物GBBで、しかもブルパップ式ライフルのモデルアップというだけで個人的評価は高いです。もちろん本体のデキの良さや作動性の高さ、既存モデルとのマガジン共用可能な点も評価できます。

反面、共用可能なマガジンが相変わらず重くタボールの重量バランスを考えると、そろそろ軽量化を図って欲しかった部分です。同じように軽量ボルトを使った作動性重視の考え方も、反動の強化にもチャレンジして欲しいところです。

第9位 UMAREX(VFC)グロック19 Gen4 GBB

2019トイガンBEST20

グロック社の正式ライセンスを受けて作られただけあって、外見の再現性は非常に高いモデルです。しかもグロック19Gen4のモデルアップは初めてですね。内部メカも以前のGen3に比べて改良されており、作動性は大幅に改善されていて、国内モデルに引けを取りません。

Gen4フレームは想像以上に握りやすかったですけれど、実銃の世界では既に次の世代にに移っているので、最新のGen5をモデルアップして欲しかったです。また、サイズの違うバックストラップのパーツが付属しないのも残念(殆ど使わないのですが、あると楽しめます)。

第8位 タナカ グロック18C Gen3 EVO2 モデルガン

2019トイガンBEST9

タナカが1996年にグロックG18のモデルガンを発売してから20年以上経って、漸く90年代の新型モデル G18Cが発売されました。モデルガンのグロック18Cは、以前CAWからカスタムモデルで発売されただけで今回が初モデルアップ。個人的には待ち望んだモデルです。

耐久性重視でスライドがABSなのは理解できますが、フレームをHWにしたのがいただけません。HWの肌触りは、実銃のポリマーフレームとは全く異なるので握ると不自然さを感じます。昔から各社グロックのフレームHWが多いのは何故なんだろ?

折角リニューアルして発火性能も良くなったんだから、そろそろ30連マガジンも欲しいですね。

第7位 タナカ S&W M19 3inch K-Comp Ver.3 HW ガスリボルバー

2019トイガンBEST

S&Wパフォーマンスセンターの3inch K-Compのモデルアップ。予想外のニューモデルだったので、数年ぶりにペガサスリボルバーを入手しました。3inchコンプモデルはMGCのLフレーム以来のお気に入りです。Kフレームになって一層シャープになって、精悍さが増しました。

実射性能も、以前にあったような初弾タマポロも無く集弾性も良くなっている感じです。ダブルでトリガーを引いて、ハンマーが落ちる前にキチンとシリンダーストップがかかるS&Wアクションは、やっぱり良いですね。

第6位 「タナカ M1897 Sawed-off Ver.2」モデルガン

2019トイガンBEST3

ソードオフタイプのM1897が漸くモデルガンで発売されました。エアガンでは2006年にHWSが50+50丁限定でカスタムモデルを販売した後タナカからも発売されましたが、モデルガンでは過去一度も発売されませんでした。個人的にはモデルガン化は諦めていただけに、最も期待したモデルです。

ポンプアクションのショットガンは、発火しなくても作動だけで楽しめる上に、ソードオフだからハンドガン感覚で遊べるのが良いですね。アクション自体もver.2になってから動きが軽くなった気がします。ウインチェスターのロゴが無いのが残念ですが、国内でも実銃があると商標取るの難しいんですね。発火用にもう一挺欲しいモデルです。
第6位までは以上ですが次点にした2モデルも、ついでに紹介します。

次点1 KSC SIG&SAUER P230 Early HW GBB

2019トイガンBEST16

P230のバリエモデルですが、あえて初期モデルに戻ったのが良いですね。初期に見られる細かいスライドのセレーションや、平面のままのスライドストップレバーが特徴的なモデルです。個人的には右側スライドの「INTERARMS」刻印に惹かれました。

「INTERARMS」とは希代の武器商人と言われていたサミュエル・カミングス氏の起こした企業で、当時のヨーロッパ系オートの代理店として、この刻印の入ったモデルを専門誌ではよく見かけたものです。ひとつの時代を感じさせる刻印ですね。

次点2 マルシン COP.357 シルバーABS(6mmカートリッジ仕様)ガスガン

2019トイガンBEST10

実銃はとっくに製造中止になったマイナー銃ですがブレードランナー等の映画で度々使われているため、知名度がそれなりにある、4発銃身を持つデリンジャータイプの特徴的なモデルです。今回の再販で6mmカート仕様になっています。

カートリッジ自体は357MAGダミーカートと同サイズで、かなりリアル。BB弾はブレット側から入れるので、エアガンとしての実用性は低下しますが、モデルガン的な発射までのプロセスという新たな楽しみが付加されたモデルです。

マルシン COP.357 シルバーABSの詳しいレビュー記事はこちら


前編は以上です。5位から1位までの後編は、残念ながら今年も新春以降となってしまいました。

それでは皆さま、良いお年をお迎えくださいw
今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします




MG553 タニオコバ コルトM4CQB 10.5inch

さて今回も年末駆け込み紹介で「タニオコバ コルトM4CQB 10.5inch」モデルガンです。

タニコバM4-3

このモデルも今年の夏にドレスアップ&発火用として中古で入手したモデルです。一部付属品が欠品していましたが、未発火で状態も悪くない個体でした。できれば発火済み品をもっと安く手に入れたかったんですが、タニコバM4は中古自体があまり出回ってないんですよね。

半年以上探してましたが条件に見合うモデルが見つからなかったので、ショートバレルで未発火のこのモデルを選びました。

タニコバM4-2

タニオコバのM4は刻印がローエンフォースメント向けのカービンで、チャージングハンドルやストックもコルトオリジナルでは無く最初からカスタム化されています。元々、模型的な精密さよりも発火やドレスアップ重視で作られているので、ハンドガード等は電動ガンと互換性があるように作られているはずです。

タニコバM4-1

自宅の発火スペースは物置場と化しているので直ぐには使用できないので、まずはドレスアップから始める事にします。直ぐにできるのはハンドガードとグリップ、ストックの交換と光学機器の装着までは、手持ちのパーツ群で何とかなりそうです。

手動で作動させてみるだけで、各パーツがスムーズなのには驚かされます。ハンマーコッキングの時に引っかかりがあったり、ボルトがどこかに擦れるような感覚が一切ありません。本当に調子が良さそうなので、できるだけ早く発火できる環境を作らないとですw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします




「東京マルイ FESTIVAL 6th」で発表された新製品

恒例となった年度最後のトイガンイベント「東京マルイ FESTIVAL 6th」の初日に行ってきました。
今年は事前に新製品のヒントの発表も無く心配していましたが、未発表の新製品2つが発表されました。

マルイフェスタ6th

一つ目はガスブローバックライフルの「AK-M」です。マルイ初のAKシリーズのGBBです。会場に展示してあった試作品は流用パーツとやキャスト製パーツも多く、モックアップに近いもので製品化までは時間がかかりそうです。

フレームは実銃のスチールでは無くアルミ削り出しになるようです。ストックハンドガードは木工製品に弱いマルイなので、樹脂製とのこと。

マルイフェスタ6th2

2つ目は「グロック17 Gen4」。”ようやくGen3以外のグロックが”と言う気持ちと”今更Gen5でなくGen4”と言う気持ちが半々です。Gen5発売前に計画が進んでいたんでしょうけど「USP」を製品化したときと同じで、相変わらずスピード感が無いですね。

マルイフェスタ6th3

展示してあった試作品は「AK-M」と異なり、外見部分はしっかり作られていてディテールもしっかりしていたので、製品化はかなり早そうに思われます。

来年の新製品が2つだけとは思えないですけど、現時点でこれだけしか発表が無いのも寂しいですね。マルイが体力切れとは思いたくありませんけど、少し心配です。

「東京マルイ FESTIVAL 6th」のもう少し詳しい記事はこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=7297

ついでのMk46 Mod.0 実射 動画


今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



道楽カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR