FC2ブログ

VFC MP5ストック分解とボルトキャリアーの組み込み

さて今回は前回の続きで、VFC MP5ストックの分解についてです。

VFCMP5ボルトアッシー15

VFCのストック分解は入手から10年経って初めてです。取説にも分解方法は無いので、主にSTRIKE ARMSさんのブログを参考に作業を進めました。最初にストック基部とストック部を分解します。これはストックリリースレバーを引き出す側に回しながらストックを最後まで引き抜くだけです。

VFCMP5ボルトアッシー11

次にストックリリースレバー基部にある、小さなイモネジ(丸で囲った部分)を6角レンチ(1.27mm)を使って外します。この部分にはSPのテンションがかかっているので、組み立て時の位置合わせが面倒な部分ですが、分解時はには特に問題はありません。

VFCMP5ボルトアッシー3

ストックリリースレバー基部にある大型のCリングを外します。Cリングの片方の爪を押さえながら、もう一方をドライバーなどで少しずつ押す感じで外します。力を入れすぎるとドライバーの先端でけがする可能性があるので注意です。

VFCMP5ボルトアッシー4

イモネジとCリングが外れれば、ストックリリースレバーが外せます。あとはネジを2本外すだけです。

VFCMP5ボルトアッシー12

ストック基部の内側にある2本のネジを6角スクリューで外します。

VFCMP5ボルトアッシー6

ストック基部のカバーが外れ、大きめのネジが顔を出します。アルミのバッファー部分を押さえながら6角スクリューでネジを外しますが、ネジにはロックタイトが付いているので多少力が要ります。

VFCMP5ボルトアッシー7

無事バッファー部分が外れました。後はバッファーとネジを外したまま逆の手順で組み立てます。面倒なのはストックリリースレバー基部の小さなイモネジの位置合わせだけです。最初にイモネジを軽くねじ込んだ状態で、SPのテンションを片手で押さえながらネジ位置を感で合わせる感じです。

分解する前に画像を撮っておくと、大体の位置がイメージできるので作業しやすいと思います。

VFCMP5ボルトアッシー8

組み立て終わると、バッファーを止めてたスクリューの穴が空いたままですが、最新のMP5SD3のストックもこのままのようです。

VFCMP5ボルトアッシー14

SD3用の新型ボルトキャリアーを組み込んで、ストックを装着。無事組み立て終了です。

VFCMP5ボルトアッシー9

組み立て後試射してみると、旧型ボルトキャリアーに比べて反動は軽めですが、ボルトの後退スピードとキレが断然良くなった感じです。セミはもちろん、室温18度でバーストも問題なしです。フルで全弾撃ちきるのは、この季節では難しそうかな。

本体の動きが良くなったので、気化効率が良くなった新型マガジンを購入しようと思ったら、どこにも在庫がありません。海外からの個人輸入も、航空便が停滞している現状では難しそうなので、暫くは旧マガジンで楽しむしか無さそうです。

夏場には完全版に仕上げたいですねw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



AG361 UMAREX(VFC)グロック 18C JP ver. その弐

さて今回は前回の続き「UMAREX(VFC)グロック 18C JP ver.」です。

UMAREX G18C9

ロングマガジンが標準装備なのは嬉しいですけど、いつもとは逆にノーマルマガジンを購入する事になるので、結局あまり変わらない気がします。国内メーカーのG18Cと異なり、ロングマガジンにエクステンドマグバンパーが付いていないのも寂しい気がします。

UMAREX G18C7

ロングマガジンのガス注入ノズルは、バルブの直ぐ下に付けられています。ガス注入時にマグバンパーをずらす必要が無いのは大変便利。何でノーマルマガジンをこの仕様にしなかったのかんでしょうか。

UMAREX G18C3

例によって刻印を見ていきますが、左側スライド刻印はグロックロゴと「18C」のモデル名「AUSTRIA」の国名と「9×19」の口径表記です。

G18Cがアメリカで生産されているかは不明ですが、アメリカで販売されているモデルは、パーツの生産はオーストリアで組み立がアメリカなので生産国表記ががオーストリアなのだそうです。

UMAREX G18C12

スライド上面の切り欠きと、バレルのガスポートが、グロック18Cの外見上の特徴です。この部分のデザイン変更が無いのは、効果的だから? それとも開発が継続されていないから? 気になるところです。

UMAREX G18C5

グリップにはグロックロゴ、正式ライセンスモデルならではですね。馴染みのあるGen3グリップですが、握りやすい気がするのは実銃データーの提供を受けているからなのかな。ちなみに国内メーカーでグリップにロゴが入っているものは、国内販売限定だからと思われます。

UMAREX G18C4

このモデルで気になるのはセレクターのパーティングライン。他の部分の仕上げが良いだけに気になる部分です。セレクター自体の動きは大変スムーズなだけに惜しいですね。

UMAREX G18C6

スライド右側には「BSE023」の製造NOとグロックロゴが。チャンバー部にも「BSE023」の製造NOが入っています。

実銃では製造国・生産者名「MADE IN AUSTRIA GLOCK, INC., SMYRMA, GA 」が入っているフレーム部分にには「Offichiality Licensed Product of GLOCK」の刻印になっているのはUMAREX製グロックに共通しています。

正式ライセンス製品の良さは、刻印のリアルさと再現度の高さだと思っています。本来加算されているライセンス料も大量生産によって、割高感の無い価格に抑えられているので満足度も高いです。できれば今後、MOSモデルやG45等の最新モデルのバリエをスピーディーに展開して欲しいですw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



AG361 UMAREX(VFC)グロック 18C JP ver.

さて今回は「UMAREX(VFC)グロック 18C JP ver.」ガスガンです。

UMAREX G18C

今年の1月に発売になった、グロック社の公式ライセンスモデルです。グロック18シリーズはエアガン向きの素材だけあって、MGCのGBBからモデルアップされてきました。今回モデルアップされたG18は、バレルに反動制御用のガスポートが付いたG18Cと呼ばれるモデルで、オプション装備の30連タイプのロングマガジンが標準装備なのが特徴です。

UMAREX G18C11

実銃がローエンフォースメント専用のため、G18シリーズは知名度の割には情報に乏しく、特に最近の情報は皆無です。今回モデルアップされたお馴染みのGen3タイプが現行モデルなのか、それとも新世代モデルがあるのかは不明。個人的にはGen5フレームのG18Cが存在すると嬉しいのですが。

UMAREX G18C2
上:グロック18C、下:グロック19X

スライド内部を見て見ると、ブローバックエンジンは改良されたグロック19Xと同じものが使用されているようです。リコイルSPシステムの違いから、HOPUP調製は旧タイプのチャンバー下のダイヤルで調製するタイプになっています。

UMAREX G18C8

海外製品で気になる初速は、室温23℃で東京マルイ製0.2gBB弾を使用して75m/s前後。ノーマルサイズのマガジンを使用すると70m/s前後に下がります。これなら真夏日でも規制値をオーバーすることは無さそうです。

UMAREX G18C10

室温23度で実射性能を試してみると、フルで1マガジン50発を1トリガーで撃ちきることは出来ませんでした。今の時期はバーストで使うのが現実的でしょうね。

個人的にマシンピストルの類いは大好きで、G18シリーズもMGC、KSC、マルイ、UMAREXと買い続けています。グリップの良さと刻印のリアルさはUMAREXとなりますが、作動性能は実際どうなんでしょう。もう少し暖かくなったら同条件で比較してみようかな。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



AG359 AEG SIG P320-M17 GBB TANカラー

さて今回は「AEG SIG P320-M17 GBB TAN」GBBです。

WE P320-1

最初に販売されたSIG P320-M17のトイガンでしたが、刻印が全くないので当初は入手に躊躇していたモデルです。しかもAEG(ASIA Electric Guns)という聞き慣れないメーカー。

結局入手に至ったのは、製造はWEぽいであるとかSIG者公認を申請中とかの噂に乗せられたから。入手後、1ヶ月ぐらいで本家SIG AIRSOFTからP320-M17の発売がアナウンスされたのには苦笑しかありませんでした。

WE P320-2

本体を手に取ってみるとスライド刻印が全くないのでのっぺりとはしていますが、それ以外は実銃のSIGP320-M17を上手く再現しているようです。色目の違いが気になるサンドカラーは黄色みが少ない文字通りのTANカラー。実銃はもっと黄土色っぽいコヨーテタンですけど、無難?な色目です。

最も市販モデルのP320をベースとしているようで、太めの旧型トリガー(暴発問題が起きたとき野タイプ)や小型のスライドストップレバー、チャンバー側面の形状が現在のP320-M17とは異なります。

WE P320-4−5

恐らく実銃ともっとも異なるの(撃発方式は除く)がシャーシをフレームに取り付ける構造で、シャーシがトリガー前部でネジ止めされています。実銃ではフレームとテイクダウンレバーのみで固定されているので、少々興ざめ。後発のSIG AIRSOFT版では再現されているので、尚更です。

WE P320-3

もっとも後発でもあり、実銃メーカーが自社ブランドで発売しているSIGP320-M17と比べると色々アラが出てきてパチモノっぽい印象にもなりますが、トイガン自体の性能自体は昨今の海外製トイガン同様、国内モデルと変わらないレベルです。

気温が低いと流石にスライド動作はモッサリしますが、冬場以外であればブローバック作動も快調で集弾性も悪く無さそうなフラットな弾道です。

WE P320-4
(左:SIG AIRSOFT製P320-M17、右:AEG製P320-M17)

実銃メーカーのSIG社がエアガンを発売したことで、P320-M17は形状そのものにまで商標が及ぶ可能性が出てきています。今後他メーカーがSIG社に無断で同モデルをトイガン化することは、日本国内限定であっても難しいでしょうね。

その意味ではSIG社のエアガン発売前に出たこのモデルは、貴重な例外になるモデルかもしれません。

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



AG357 SIG Airsoft(VFC) P320-M17 GBB

さて今回は「SIG Airsoft(VFC)P320-M17 GBB」です。

SIG P320M17-1

実銃メーカーのSIG Armsがエアソフトガン市場に進出した最初のモデルがこの「SIG Airsoft P320-M17 GBB」です。SIG Airsoftは販売と管理だけで、製造はVFC社と言われています。

実銃メーカーが販売しているエアソフトガンなのでSIG社のロゴや刻印はほぼ実銃通りで、恐らく図面なども提供されていると思われます。再現が難しいデザート系の色も、実銃のコヨーテタンに近い感じで違和感はありません。

SIG P320M17-2

モデルアップしているのは軍用のM17ではなく市販モデルのP320-M17MS(セフティ付きで、各レバー類がブラック仕様)と思われますが、21連マガジン仕様(P320-M17MSは17連マガジン仕様)なので、厳密には異なります。

あえて市販モデルをベースとしているのは、軍用モデルをそのままエアガン化すると契約上問題があるのかもしれないですね。

SIG P320M17-9

特筆すべきは実銃のモジェラー構造をしっかりと再現していること。実銃同様にテイクダウンレバーを抜き出すだけで、トリガーアッセンブリーをフレームから外すことができます。これが、可能なのはパーツの精度実銃並みに高いということですね。

SIG P320M17-3

気温20℃以上であれば作動は快調で、切れの良いブローバックで反動も強めです。室内で撃った限りでは断層も素直で集団性も高そうです。リコイルSPガイドを使ったHOP調製機能も便利で使いやすいです。

以前であれば、最新のアメリカ軍制式ハンドガンを真っ先にモデルアップするのは国内メーカーでしたが、最近は蚊帳の外状態です。大規模メーカーによるライセンスの独占や、実銃メーカーのトイガン市場への参入によって、国内市場も海外メーカーが主流になっていくのでしょう。

海外メーカーのレベルが高くなってきているので製品に対する不満はありませんが、やっぱり寂しいモノがありますね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします






道楽カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR