FC2ブログ

AG359 AEG SIG P320-M17 GBB TANカラー

さて今回は「AEG SIG P320-M17 GBB TAN」GBBです。

WE P320-1

最初に販売されたSIG P320-M17のトイガンでしたが、刻印が全くないので当初は入手に躊躇していたモデルです。しかもAEG(ASIA Electric Guns)という聞き慣れないメーカー。

結局入手に至ったのは、製造はWEぽいであるとかSIG者公認を申請中とかの噂に乗せられたから。入手後、1ヶ月ぐらいで本家SIG AIRSOFTからP320-M17の発売がアナウンスされたのには苦笑しかありませんでした。

WE P320-2

本体を手に取ってみるとスライド刻印が全くないのでのっぺりとはしていますが、それ以外は実銃のSIGP320-M17を上手く再現しているようです。色目の違いが気になるサンドカラーは黄色みが少ない文字通りのTANカラー。実銃はもっと黄土色っぽいコヨーテタンですけど、無難?な色目です。

最も市販モデルのP320をベースとしているようで、太めの旧型トリガー(暴発問題が起きたとき野タイプ)や小型のスライドストップレバー、チャンバー側面の形状が現在のP320-M17とは異なります。

WE P320-4−5

恐らく実銃ともっとも異なるの(撃発方式は除く)がシャーシをフレームに取り付ける構造で、シャーシがトリガー前部でネジ止めされています。実銃ではフレームとテイクダウンレバーのみで固定されているので、少々興ざめ。後発のSIG AIRSOFT版では再現されているので、尚更です。

WE P320-3

もっとも後発でもあり、実銃メーカーが自社ブランドで発売しているSIGP320-M17と比べると色々アラが出てきてパチモノっぽい印象にもなりますが、トイガン自体の性能自体は昨今の海外製トイガン同様、国内モデルと変わらないレベルです。

気温が低いと流石にスライド動作はモッサリしますが、冬場以外であればブローバック作動も快調で集弾性も悪く無さそうなフラットな弾道です。

WE P320-4
(左:SIG AIRSOFT製P320-M17、右:AEG製P320-M17)

実銃メーカーのSIG社がエアガンを発売したことで、P320-M17は形状そのものにまで商標が及ぶ可能性が出てきています。今後他メーカーがSIG社に無断で同モデルをトイガン化することは、日本国内限定であっても難しいでしょうね。

その意味ではSIG社のエアガン発売前に出たこのモデルは、貴重な例外になるモデルかもしれません。

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



スポンサーサイト



AG357 SIG Airsoft(VFC) P320-M17 GBB

さて今回は「SIG Airsoft(VFC)P320-M17 GBB」です。

SIG P320M17-1

実銃メーカーのSIG Armsがエアソフトガン市場に進出した最初のモデルがこの「SIG Airsoft P320-M17 GBB」です。SIG Airsoftは販売と管理だけで、製造はVFC社と言われています。

実銃メーカーが販売しているエアソフトガンなのでSIG社のロゴや刻印はほぼ実銃通りで、恐らく図面なども提供されていると思われます。再現が難しいデザート系の色も、実銃のコヨーテタンに近い感じで違和感はありません。

SIG P320M17-2

モデルアップしているのは軍用のM17ではなく市販モデルのP320-M17MS(セフティ付きで、各レバー類がブラック仕様)と思われますが、21連マガジン仕様(P320-M17MSは17連マガジン仕様)なので、厳密には異なります。

あえて市販モデルをベースとしているのは、軍用モデルをそのままエアガン化すると契約上問題があるのかもしれないですね。

SIG P320M17-9

特筆すべきは実銃のモジェラー構造をしっかりと再現していること。実銃同様にテイクダウンレバーを抜き出すだけで、トリガーアッセンブリーをフレームから外すことができます。これが、可能なのはパーツの精度実銃並みに高いということですね。

SIG P320M17-3

気温20℃以上であれば作動は快調で、切れの良いブローバックで反動も強めです。室内で撃った限りでは断層も素直で集団性も高そうです。リコイルSPガイドを使ったHOP調製機能も便利で使いやすいです。

以前であれば、最新のアメリカ軍制式ハンドガンを真っ先にモデルアップするのは国内メーカーでしたが、最近は蚊帳の外状態です。大規模メーカーによるライセンスの独占や、実銃メーカーのトイガン市場への参入によって、国内市場も海外メーカーが主流になっていくのでしょう。

海外メーカーのレベルが高くなってきているので製品に対する不満はありませんが、やっぱり寂しいモノがありますね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします






AG355 UMAREX グロック19 Gen4 その弐

さて今回は「UMAREX グロック19 Gen4」の続き、詳細編です。

UMAREX G19 Gen4-6

スライド左側刻印はのグロックロゴ、「19 Gen4」のモデル名、生産国「AUSTRIA」、使用口径「9×19」と実銃通り。「AUSTRIA」刻印は、未だにアメリカ国内で生産していないって事なんでしょうね。

フレームのロッキングブロックピンはGen3と異なりモールドのダミー。これは内部パーツをロッキングブロックピンの無いG19Xと同じにしたことによるものでしょう。

UMAREX G19 Gen4-8

スライド右側には「VGKB24」の製造NOとグロックロゴが。チャンバー部にも「VGKB24」の製造NOが入っています。

実銃では製造国・生産者名「MADE IN AUSTRIA GLOCK, INC., SMYRMA, GA 」が入っているフレーム部分にには「Offichiality Licensed Product of GLOCK」の刻印があります。

UMAREX G19 Gen4-10

UMAREX G19 Gen4-9

フロント・リアサイト共にグロック社製のナイトサイトタイプを再現していますが、G19X同様実銃とは違って樹脂製なのが残念。できればオプションで金属製サイトが欲しいところです。

リコイルSPガイドはHOP調製機能があって、正面の穴に付属の3mmレンチを差し込んで右に回せばHOPを強めることができます(弱める場合は逆に回します)。

UMAREX G19 Gen4-7

グリップの滑り止めテクスチャーがドット状になっているのが、外見上最もGen4らしい部分。R部分が角張っていないので、トイガンのG19の中では最も握りやすく感じます。これでフロントストラップ部のフィンガーチャネルが無くなればもっと握りやすくなるんでしょうね。

グリップのグロックロゴは、若干テカりすぎている感もありますが、実銃もこんな感じのようです。

UMAREX G19 Gen4-12
(上:UMAREX G19Gen4、下:UMAREX G19Gen3)

グリップの握りやすさは、バックストラップ部分の膨らみが小さくなっていることの影響も大きいようです。実銃ではオプションのバックストラップをグリップにプラスしてグリップの太さを調整する仕様なので、ノーマルのグリップは従来よりも当然細くなっているのでしょう。

UMAREX G19 Gen4-15
(上:UMAREX G19Gen3、中:UMAREX G19Gen4、下:UMAREX G19X)

内部メカはGen3から一新されて、G19Xと同じものになっています。ぱっと見違いが分からないブリーチ部分もシリンダーやピストンが新しくなっていて別物です。ガス効率も高くなってる以上に、各パーツの動きが滑らかで抵抗が減っている感じがします。

UMAREX G19 Gen4-14
(左:UMAREX G19Gen4、右:UMAREX G19Gen3)

同じような外観でも、作動面では別物のように進化を遂げたグロック19Gen4。UMAREX製グロックシリーズの製造はVFC社だと言われていますが、最近の同社のGBBモデルはVP9以降、国内モデルに引けを取らない作動性です。

国産トイガンとは生産量が違いすぎるので当然コスパも良いし、模型としての再現度も高くなっている事を考えると、Gen5以外のグロックバリエーションの展開に期待すること大ですね。国産メーカーに、似たような機種に投資できる余力が無さそうなのが寂しいですけどw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



AG355 UMAREX グロック19 Gen4

さて今回は「UMAREX グロック19 Gen4」です。

UMAREX G19 Gen4-4

入手したのは確か8月ぐらいだったと思いますので、4ヶ月近くも紹介していなかった事になります。といっても放置していたわけでは無く、今年入手したモデルのなかでは気に入っている方なので単なる怠けです。

同時期に発売されたG17 Gen5と購入を悩みましたが先にG19Xを入手していたこともあって、敢えてのGen4に。本当はG19Gen5(できればG19MOS)が欲しいんですけどね。

UMAREX G19 Gen4-5

以前入手したUMAREX G19 Gen3はスライドを引くと抵抗感があったりして、作動させるのに若干の調製が必要でしたが、Gen4のスライドの動きは実にスムーズに動きます。ガスを入れての空撃ちでも引っかかる感じはゼロ。実に快調です。

UMAREX G19 Gen4-1

気になって中を見てみたら、内部構造はG19Xと同じメカになっていました。これなら実射性能も期待できます。

反面、HOPUPの調製をリコイルSPガイドで行うので、スライドからバレルとリコイルSPユニットを取り外すのに一手間必要になったり、スライドロックレバーSPがリコイルSPに変わったお陰でレバーを左右均等に下げにくくなったのもG19X譲りなのは、残念なところです。

UMAREX G19 Gen4-11

室内でしか撃っていないんですが、BB弾の飛びはフラットで集団性も高そうです。室内なら今日の気温でも快調に動いてくれます。刻印も正確だしグロック19Gen4をモデルアップしているのは、このモデルだけなので、グロック好きの自分にとっては買って正解でしたw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



AG351 UMAREX グロック19 Gen3 その弐

さて今回は「UMAREX グロック19 Gen3 」の続きです。UMAREX製グロック19はグロック社の公認モデルだけあって、外見の再現度は実銃に準じているようです。今回は細部を中心に見ていきます。

UMAREXグロック19-6

スライド左側の刻印は国産メーカーでもお馴染みの「GLOCKロゴ」モデルナンバー「19」、生産国「AUSTRIA」口径表示「9×19」となっています。刻印自体は太くハッキリと入れられているので視認性はバッチリです。

UMAREXグロック19-8

スライド左側はセレーション前部の「GLOCKロゴ」製造番号「GEM208」チャンバー部にも同じ刻印が入っています。フレームのグリップ部分の刻印は「Offichiality Licensed Product of GLOCK」となっていて実銃の「MADE IN AUSTRIA GLOCK, INC., SMYRMA, GA 」とは異なっています。トイガンと実銃を区別する上でも同じには出来なかったと思われます。

UMAREXグロック19-11

ダストカバー部のシリアルNO「KA032○○○(下3桁は消してます)」は固有の連番シリアルで、パッケージのシリアルと連動したもの。KSCと同じですね。
フレームに「cal.6mm BB」とプリントされているのは、実銃が販売されている国でもトイガンとして販売するための配慮でしょう。

UMAREXグロック19-7

グリップ左側には他のトイガンでは省略されることが多い「GLOCKロゴ」がしっかり入っています。グリップエンドとマガジンバンパーの間にスキマがあるのが気になりますが、写真などで見ると これも実銃通りのようです。

UMAREXグロック19-9

グリップ右側下部に実銃にはUS取得パテント「US.Pat, 4,638,880, 4,825,744 4,898,646」番号が入っていますが、残念ながらここは空欄で単なるフラットなスペースになっています。

UMAREXグロック19-10

マガジンバンパーには「GLOCKロゴ」が入り、実銃同様ストッパーで固定されています。ガスを注入する際はマガジンバンパーをずらして行う必要がありますが、トイガンとしての実用性よりも模型としての外見を優先させているのが分かる部分です。

UMAREXグロック19-12

最近の海外トイガンメーカーは生産設備を持たず、実銃メーカーのライセンスを取得して協力会社にトイガン生産を委託する大手メーカーに集約されてきている感があります。

代表的なのがフランスのCybergun社とドイツのUMAREX社で、グロックのトイガン用ライセンスを持っているのがUMAREX社で、日本のメーカーとは完全に規模が違ってきましたね。一昔前の日本の劣化コピーから完全に脱却して、実銃の模型として通用するものになってきているようです。

アフターサービス以外の強みを国内メーカーは早く持たないと。辛いよねw

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



道楽カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR