FC2ブログ

AG51 ウェスタンアームズ ベレッタM1934 カーボンブラック その弐

いよいよ冬らしく寒くなってきました。休みの日は家にいるので余計総感じるのかも、省エネだとか言っても会社って暖かいんですよね。

さて今回は引き続き「ウェスタンアームズ ベレッタM1934 カーボンブラック」ですが、WAのモデルガンとの比較です。

(上の画像:上 モデルガン 下 ガスガン)
一見して分かるのが、ガスガンのセフティレバーがかなり小振りになっていること。形状もこちらの方がリアルです。。モデルガンはサテンフィニィッシュになっているため、表面のヒケもあまり目立たなくなっています。

ベレッタ比較2
↑↓ 左 ガスガン 右 モデルガン
ベレッタ比較4
側面から見ると、左右の刻印が違っている以外は、全体のラインに違いはありません。ボリューム感や、全体のシャープさも遜色がありません。モデルガンの方がモッサリしていると思っていたので意外です。
ガスガンの、マガジンガス注入口が目立つのは見逃しましょう。

ベレッタ比較3
↑ 上 モデルガン 下 ガスガン

上面から見ると、カットされたスライド部分の面取りの処理が、モデルガンは平面的で広いのに対して、ガスガンはRがかかっていて狭くなっているのが目につきます。バレルとスライドのバランスはどちらもほぼ同じ。

ハンマーもガスガンの方が小振りになっています。エキストラクターはモデルガンはライブなのに対しガスガンはモールドなのが、残念なところ。小さなリアサイトを別パーツにしているのだから、ここも別パーツにして欲しかったところです。

モデルガンの発売から、ガスガンが発売されるまで25年以上経っている割には、モデルガンの正確さが際立つ結果になりました。

オリジナルのABS版と比較すれば全体の印象もかなり違ったと思いますが、デザイン自体はかなり正確なのには驚きました。

自分的にはMGCの金属ベレッタの代用品的なイメージしかなかったWAのM1934が、名作だったことに改めて気づいたのが今回の大収穫!

今日は満足して終了!!

lanking←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR