FC2ブログ

MG38 MGC P220 HW 自衛隊仕様

今日も暖かめの一日だったので気分は悪くないんですが、仕事は徐々に佳境に向かっています。また、どんどん忙しくなるかと思うと憂鬱です。

さて今回は「MGC P220 HW 自衛隊仕様」モデルガンです。MGC末期に突然モデルガン化されて、それまで日陰の商品だったP220の中でも人気になったモデルです。その後、タイトーブランドになっても継続して販売されていたのでそれなりの人気だったのでしょう。

P220自2
ノーマル版との違いは刻印だけ。ライセンス生産しているミネベアの文字と、陸自マークが入っています。刻印自体は深くきれいに入っているので新たに型を作ったのかな?

スライド自体はノーマル版と同じ、中期型スライド(前方に絞りがあって、セレーションの数が多い)なので、自衛隊仕様はあり得ないはずなんですが、当時はそれで充分満足でした。

タナカからP220の自衛隊仕様がモデルアップされてから急に存在価値が低くなりました。当然後発のタナカの方が再現精度が高く、スライドも後期型になっています。(全体のボリュームもタナカの方があるようで、比べるとMGCの方が小さく感じます)

P220自3
MGCは、当時最新鋭だったP220を発売したものの、何となく冷淡でバリエもHW仕様と、シルバーメッキ仕様とこの自衛隊仕様しかありません。リアルカートの45を使えばBDAとかもできたはずですけどね。

モデルガン初のオートマチックファイアリングピンを再現しながら、センター化も見送られています。噂にあるように鈴木製作所のP220の制作発表と発売中止に何か関係あるんですかね?

前回のタナカP226Rと違って、購入してからの満足度が高かったモデルです。

今日はここまで。

lanking←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR