FC2ブログ

MG60 WA S&W M59コンバット・カスタム(オリジナルタイプ)

今日でこのblogも400日目!
300日目でも書きましたが、我ながら良く続けたなと思います。
合わせて、いつもご覧いただいている皆様に感謝です!

WA M59CA2-2

さて今回は「WA S&W M59コンバット・カスタム(オリジナルタイプ)」モデルガンです。

WAとしては、GMカスタム、ベレッタM1934に次ぐモデルガンとなります。発売時期は手持ちのWAのカタログでは79年末となっているので、MGCのM59とほぼ同時の発売ということになります。その頃はMGCと仲良かったんですね!

オリジナルモデルという名称の意味は不明ですが、木製HWグリップ付きのタイプのことです。販売価格は当時で、35,000円というオドロキの価格!当然その頃は当然手が出せませんでした。


WA M59CA2-1

時は過ぎて、固定スライドガスガン全盛の頃、MGC ボンドショップでなんと15,000円で投げ売りされていたのを二丁購入したのが、今回紹介するモデルです。

WAのカスタム箇所は、スライド上部のセレーションと、ボーマ風フルアジャスタブルサイト。フレームは切り込みを入れて、金属製のフィンガーグループパーツがはめ込まれています。これらは、カスタムの名に恥じない非常に手の込んだ加工です。

その他は、前述の木製HWグリップ、マガジンバンパー、ロングスライドストップ、カスタム?ハンマー(オリジナルの肉抜きをしてないだけに思えますが)、ワイドトリガーなどのカスタムパーツがてんこ盛りです。

WA M59CA2-3

写真のモデルはトリガーをノーマルタイプに個人加工をした物を、マガジンをMGCのメッキマガジンに交換してあります。ちなみにフレームのシルバーメッキは、グレーっぽいWA独自の物。MGCの流用ではないのは流石です。

社会人になってから、投げ売り価格で出会えたのがホントラッキーでした。

後のPPK/Sやセキュリティシックスと違い、未だに劣化、破損と無縁です。これはMGCの基本設計の高さが大だと思いますが、自分的には非序に満足度の高いモデルガンです。

今日はここまで。明日もM59シリーズで行く予定!!

lanking←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR