FC2ブログ

AG56 ウェスタンアームズ S&W M6906

祝 WBC二連覇!!

八回以降の息詰まる攻防、緊迫したものすごい試合でした。
十回表のイチローの打席なんか、理屈抜きで感動モノでした!!
ここまでの良い試合で勝てて本当に良かったです。

野球の試合だけで、今日一日がハッピーになれるんですからスゴイものです。
ペナントレースの試合でもあの緊迫感が出せれば野球人気も落ちないのに‥。

WA6059

さて今回は「ウェスタンアームズ S&W M6906」ガスガンです。
S&W M59の3rdシリーズのコンパクトモデルがこのM6906となります。

このモデルは90年頃に発売された固定スライドガスガンで、S&W M59シリーズ初のコンパクトモデルでした。外観のデキの良さから、期待して購入したのを覚えています。

所持モデルはノバック型サイトの付いたカスタム仕様だったと思います。当時のガスガンといえばMGCのガバシリーズやM459、WAではP38などがありました。

WA6059-2

先に書いたように外観のデキは素晴らしく、S&Wオートらしさを再現しています。ハンマーもノンスパータイプで、コンシールド仕様なのが新鮮でした。

ただしデキの良さは外観だけで、シングル・ダブルアクションはスムーズで、集弾性もそこそこでしたが、コンパクトさ以外は新鮮さが感じられませんでした。

これは当時の固定スライドガスガンの仕様が基本的に皆同じで、撃ち味もほぼ同じという点が大きく影響しています。(ようするにガワだけ違って、中身はどの製品も同じ)

当時はガスガン熱も冷めていき、MGCのCZ以外はほぼスルー状態になりました。二度目のトイガン休止期です。休止状態はMGCのグロックが発売されるまで続きました。

WA6059-3

MGCグロックの発売を境に、固定ガスガンの時代は終焉を迎え定期ますが、その中でもMGCのM645と並び、水準以上のデキであったことは確かです。

直系の後継はショーティーフォーティーになりますが、未だに入手していません。機会があったら二丁並べてみたいモノです。

今日はここまで!

lanking←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR