FC2ブログ

MG86 マルシン ワルサーPPK

今日は春のクラッシック第1弾「桜花賞」。
1番人気のブエナビスタの強いこと強いこと!
2着も2番人気、レッドディザイア。

面白かったけど、馬券的にはチョイ勝ちでした。
来週の皐月賞はがんばるぞ~。

PPK3

さて、今日2本目は「マルシン ワルサーPPK」モデルガンです。

80年代のモデルガンブームの時も、PPK/Sは2社から出てましたがPPKはついに発売されず。ショップカスタムはありましたが手は出せずに忘れかけてたら今年になっていきなり発売。何でかな~?

PPKはタニオアクションのモデルガンが各社から出ていたので、自分と同年代の方なら、一度は接したことのあるモデルガンだと思います。

その割には本格的なモノは、過去CMCの金属モデルしかありませんでした。そのCMC製もダブルアクションを省略した作動重視のモノ。当時それが気に入らず購入しなかったら、52年規制で販売中止になり、お約束の後悔。

その後30年過ぎて復活してくれただけで満足です。

PPK

スライドはPPK/Sと同じなので、今更の気もしますが若干バレルが長いような…。サイトのホワイトも入れといて欲しかったところです。

スライドABS、フレームHWはマルシンが意識して取り入れた素材とのことですが、そんな素材感の違いが感じられませんでした。スライドのブルーぽい感じは好きですけど。

フレームは完全新規で、PPKってこんなに小さかったっけ?と思う程、新鮮に感じます。マガジンのフィンガーレストがないと小指を置く場所がありません。

グリップはPPK/Sと比べるとかなり平べったいんですが、握り心地は全く問題有りません。今回イマイチに思ったのがこのグリップ。ワルサーロゴが大きくて全体にしまりがない感じ。

PPK2

MGCのグリップのイメージが強いせいだと思うのですが…。この後出る、BLKタイプは色が茶系になるみたいだし、木グリもでるので馴染めなかったら取り替えようと思っています。

今回の目玉は、32オートのダミーカート。想定以上に小さくいのに、プライマー部にレッドが入っていたりして思わずニヤリとしてしまうデキです。

手動で排莢させたりするのがクセになりそう!、BLKモデルも楽しみです。

今日はここまで!!

lanking←ぽち・ぽち・ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



AG57 WA SVI エクセレーター 5inch(R)

サボリ癖が付いて、昨日はお休み。
今日も忙しくなりそうなので早めにUPします。

SVI

今回は久々のトイガン「WA SVI エクセレーター 5inch(R)」ガスガンです。
発売は、2002頃だったと思います。当時まだあったニューMGC上野店で購入したのを覚えています。これが自分にとって初のハイキャパガバのガスガンでした。

自分的にはガバのハイキャパシリーズは何となく興味が持て無かったのに加え、KSCのSTIとWAのSVの商標を絡めた足の引っ張り合い等の胡散臭さが余計このシリーズを敬遠させていたと思います。

購入動機はズバリ派手だったから。レースガンがフレーム等を派手にカスタムしているのは知っていましたが、あくまでショップレベルやパーツでの供給。実銃が発表されて(GUN誌かなんかの記事になって)直ぐに発売されたのも印象的でした。

SVI2

シルバーのボディにレッドのグリップ、ゴールドのコーンバレル、レールとフルートが刻まれたフレームはインパクト充分。まるで60年代のアメ車みたいです。

動作性能は、さすがマグナでHWのスライドを問題なく動かします。集弾性能は、あまり良くなかったと記憶しています。グリッピングは思った程太くなくフィットするんですが…。

SVI3

全体のサイズが思ったより大きいんですよね~。マガジンバンパー部の出っ張りも影響していると思いますが。ガバメントのスリムさを知っているだけに、気になります。

マグファンネルを取っ払って、マガジンバンパーをスリム化すれば少しは良くなると思うんですが、そこまでして気に入る必要があるのって感じがして未着手。

あくまで個人的な相性なんでしょうけどね! 
それでも最近出たKSCのシューマッハカスタムや、WAのコンパクト系には興味を引かれるんだからいいかげんなものです。

今日はここまで!

lanking←ぽちっとお願いします!
道楽カウンター
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR