FC2ブログ

MG107 マルシン スミス&ウェッソン M39

いよいよ梅雨っぽくなってきましたが、明日は何か暑そうです。
梅雨入りは来週らしいけど、その前に真夏日が来るんだとか。
あ~嫌な季節!

マルシン M39

さて今回は「マルシン スミス&ウェッソン M39」モデルガンです。

発売は82年頃だったと思いますが、プラグファイアーカートリッジとの組み合わせと9種類のバリエで注目を集めたブローニングハイパワー。疑似ショートリコイルを再現したワルサーP38に続く、新生マルシンモデルガンの第三弾。

MGCのM39とは、ショートリコイルの再現、リアルナパーツ構成で差を付けています。

マルシン M39-2

初期のモノはロストワックスパーツを使用し作動面での評価も高かったのですが、価格改訂時にロストパーツのダイキャスト化が計られ、その他のコストダウンによって、作動の良さは失われました。

所持モデルは価格改定以降のモノ。シルエット全体はMGCに比べて、やや角張った印象がありますが、驚くほどよく似ています(当たり前か)。

スライドやグリップ等の仕上げが粗いところが見受けられます。作動させるとかなりギチギチした感じ。スムースさは感じられません。

マルシン M39-3

スライドを引くとショートリコイルしたバレルに新鮮さは感じますし、ハイパワー共有のカートが入るマガジンには存在感があります。

しかし、作動の悪さが足を引っ張って、正直あまりイメージが良くありません。中古で購入したからかもしれません。

最近エクセレントHWで再販されて、惹かれた部分もありましたが結局購入にはいたリませんでした。

やっぱ、MGCのM39の方に肩入れしちゃってます。

今日はここまで!!

lanking←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR