FC2ブログ

AG78 KSC SIG&SAUER SP2022 その弐

明日から連休!
今週も忙しかったので、明日は多分ダウンしてそうです。

さて今回は「KSC SIG&SAUER SP2022」ガスガンを、旧作P2340と比較してみました。

KSC SIG比較
↑ SP2022。 フレームは完全新規製作で、トリガーガード形状の変更やレイルがピカニティ仕様となっています。

トリガー部も新造されてるようで、セフティは組み込まれていません。スライド刻印変更は当然にしても、リヤサイトもナイトタイプに変わっているのは細かい変更点。

KSC SIG比較2
↑ P2340。レイルはオリジナル仕様なので20mmレイルアダプターを装着済み。ずんぐりしたP2340が益々太く見えます。

トリガーはセフティが内蔵されたエアガンオリジナル仕様。意外なことにグリップは共通みたいです。
KSC SIG比較4
↑ SP2022右側。刻印自体は少なめでチャンバー部の刻印は9mm仕様となっています。フレーム前部の押しピン跡も実銃同様に再現したとのこと。

KSC SIG比較3
↑ P2340の右側。こちらも刻印は少なめ、チャンバー部刻印は40S&W。古いモデルなので、表面の塗装が剥がれ気味。このあたりの軽い仕上げがKSC製品を安っぽく見せている部分ですかね。

KSC SIG比較5
↑ 上:P2340マガジン 下:SP2022マガジン。P2340のダブルフィードに対し、SP2022はシングルフィード。2340に見られる装弾時のジャムはこのフィーディング方式の違いによる物。

構造上の欠陥があったので、SP2022はシングルフィードに変更したと思うのは、うがった見方?

発売に10年もの差があると、ガスガンの完成度の違いが嫌でも感じ取れます。P2340が生産中止になるのも判る気がします。

今日はここまで!!!!

lanking←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR