FC2ブログ

MG157 MGC コルトナショナルマッチカスタム HW

昨日から熱が下がって楽になったと思ったら、
今度は下の子供と、嫁がインフルに‥。
最初に家に持ち込んだ責任を痛感してます。

幸か不幸か、会社からは今週いっぱい休むよう言われたので
今度は、替わって看病役をやらないとね。

HWNM

さて今回は「MGC コルトナショナルマッチカスタム HW」モデルガンです。

MGCが最初にHWモデルを発売した時のモデルで、塗装とかブルーイングとかの処理はされていない素材のまんまのモデルです。確か何度か限定で発売されていたと思います。

80年代後半だったと思うんですが、HW素材と言えばイングラムのボルトや初期VP70のスライドぐらいのイメージしかなかったので、ハンドガンにフルで使われたことは、金属モデルの再来かと思うぐらいの驚きでした。

当時発売していたのは、「シリーズ70」「ナショナルマッチカスタム6インチ」「デトニクス」そしてこのモデルの4種類だったと思います。

HWNM2

購入時にブルーイング出来ると聞いて、喜んで購入しましたが、結局ブルーイングしたのは6インチだけで、このモデルはご覧の通り、そのまんまとなりました。

モデルそのものは、ホーグ5インチのスライドをオリジナルガバのフレームに組み込んで、ワイドトリガー装備にしただけの寄せ集めモデルですが、HW素材のグレー地の印象が強かったのか、妙に新鮮に映りました。

HWNM3

当時から強度が無いとか、色々言われていたので、これが後にトイガンの主流になるとは思っても見ませんでした。

当時は単なるカスタム生産品としか受け止めていませんでしたが、今考えるとテスト販売みたいな位置づけだったんでしょうね、発火モデルでしたし。

そう考えると、ちょっと歴史的なモデルガンって言う気もしてきますが、購入者はモルモットみたいなものですよね。当時のMGCが晩年の不良品続出状況でなかったのが救いでした。

今日はここまで!!!!
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR