FC2ブログ

MG158 MGC コルト ナショナルマッチ ロングスライドセミカスタム

今日で、インフル4日目。
既に熱は平熱に戻っていますが、ウイルスの潜伏期間が過ぎるまであと一日!
社会復帰にこぎ着けます。

子供らも大事ないようで、まずは一安心です。

NM6インチ

さて今回は「MGC コルト ナショナルマッチ ロングスライドセミカスタム」モデルガンです。

MGC量産HWモデルガンの第二弾という形で、91年頃発売されました(ちなみに第一弾は、GM5ガバメントです)。

これらの量産HWモデルから、カートはCP-HWに変わり、セミカスタム以降定番化されるミルコートフィニッシュが初めて導入されました。

NM6インチ2

モデル自体は、ホーグ6インチにナショナルマッチ風フレームを付けただけの、間に合わせ的カスタムですが、錆びに強いとされるミルコートフィニッシュや、カート詰めが簡単な(若干ですが)CP-HWカートを採用するなど、かなり発火を意識したモデルとなっています。

その背景には、マルシン等の他社モデルガンの性能面での優位を取り返す意味があったと思っています。(閉鎖式カートも、メッキ表面仕上げも他社が先行してましたからね)

また、時期発売のM9ベレッタに採用する新カートや、仕上げのテストケースの意味合いもあったと思います。

さらには、新開発のBLKガスガン「グロック17」の発売もほぼこの頃だったので、売れ行きの落ちたモデルガンに新規金型を使う余裕もなかったことでしょう。(M16戦争で、ウェポンシステム展開等という狂ったような刻印バリエを始めたのもこの時期)

NM6インチ3

なんとなく、MGCの凋落を示すようなモデルみたいになってきましたが、仕上げ等は往年の良さを誇っていて、HWの湯じわなんか見られません(塗装のせいかもしれませんが)。

作動もガサガサしたとこもなく、スライドとフレームのスキマも殆どなく、製品としては上出来の部類だと思います。

今となっては、買っといて良かったモデルと言うことなんでしょうね。

今日はここまで!!!!
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR