FC2ブログ

MG159 MGC コルト ゴールドカップナショナルマッチ

家中が、インフルのため静かな一日でした。
幸いにも子供の熱も下がってきて大事には至らずほっとしてます。

こんな事があったから、あすのジャパンカップは勝てるかも?

MGC NM

さて今回は「MGC コルト ゴールドカップナショナルマッチ」モデルガンです。

91年頃発売された、遅すぎたGM5のガバメントバリエーションです。以前紹介したコンバットコマンダーと同時に発売されました。

さらにそれぞれに、ブラックナチュラル、ブラックミルコート、サテンクロームミルコートの三種の異なる仕上げのバリエがあり、かなり力の入った製品だったと思われます。

MGC NM2

ナショナルマッチと言えば、GM4以外は長らくホーグカスタム系スライドを見慣れてきたため、イライアソンサイトの乗ったスライドがとても新鮮でした。

ハンマー、トリガーはGM2の側面研磨仕上げからシルバーメッキに変更されています。当時はコントラスト的には悪くないとは思いましたが、気に入らなかったのは確かです。

今になって、メッキだったため酸化などの兆候もない当時のままの姿を見ると、この仕上げで正解だったと思わずにはいられません(苦笑)。

MGC NM4


MGC NM5

スライド刻印も、スモール刻印のナショナルマッチだったので、地味目。GM4で使われた刻印バリエに期待しましたが、とうとう発売になりませんでした。

所持モデルはグリップを木グリに交換した以外は、ノーマルのまま。なんとなくオリジナルのまま保っていたい感じなんですよね。

このモデルの発売後すぐに、スモールカートからリアル45口径サイズへと移行することになりますが、ナショナルマッチに関してはタイトーになるまでリアルカートにはならなかったと思います。

MGC NM3

今見ても、当時のMGCの品質の良さが感じられる仕上げと、組み立て精度は後年のモノとは雲泥の差です。発火性能も悪くはなかったと言う話は聞いていますが、自分では未発火なので何ともです。

ただし、手動での装弾・排莢はなかなかスムーズです。

このあたりのモデルをいじっている感覚は、自分的に今のWAのガスガンをいじっているのに近いモノがあります。WAのガバ系バリエは、MGCの代用品的なところがあるんでしょうかね。バリエ展開の方向性も似てますし。

当時MGCガバを購入していた層を、WAがターゲットにしているから、そう感じるのかも知れません。

卵と鶏みたいで、どっちでもいい話か!

今日はここまで!!!!

スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR