FC2ブログ

MGC ベレッタ M9シリーズ パッケージ

今日もあっという間に、あと2週間あまり
年を取ると、どんどん一年が短くなります。
その割りには、年の瀬っぽくないんですよね~、今年はギリギリまで忙しそう。

さて今回は「MGC ベレッタ M9シリーズ パッケージ」です。

94年のMGC終焉までは、モデルガンの箱って結構凝ったモノでした。
紹介してきたM9シリーズも経営的に苦しかったはずなのに手を抜いていません。

M9BOX
↑ ベレッタM9の初代パッケージ。素材はビニール系のもので、紙パッケージを見慣れた目にはとても新鮮でした。デザインも商標なんかどこ吹く風のベレッタロゴ。今これが出来るのはWAだけでしょうね。

M92F HWBOX
↑ 後期のベレッタM9パッケージ。初代とデザインは同じモノながら紙製に変更されています。コストの問題か耐久性の問題かはわかりません。

写真はカスタムHWのものなので、ベレッタロゴ内左上の価格部分がマジックで潰されています。このことからもバリエ展開を考えていなかったことが伺えます。

M96 BOX
↑ ベレッタM96のパッケージ。基本デザインは後期M9と同じですが、モデル名が大きく、ベレッタロゴが小さくなっています。販売店での混乱を避けるためのデザイン変更と思われます。(M9と大きく書かれたパッケージでは流石につかえないかった?)

M92FS BOX
↑ デザートストームのパッケージ。実銃のパッケージと同じデザインに作られたモノと記憶しています。他のM9シリーズと異なり4色刷りで、コストはUPしていると思われます。

しかもこれカスタム用なので、ロットは少ないはず、そのコスト分はやはり価格にのってたんでしょうね。

M9シリーズの展開(実質5年程度)だけで、こんなにバリエがあったのには驚きです。今日だったら、同じパッケージにシール対応でしょう。

パッケージに拘っていたKSCも最近はシリーズごとに同じモノになってきました。パッケージって開けるまでのワクワク感を溜める大事な部分だと思うんですが、そんなのは古い考えなんですかね。

最も、価格は安くして欲しいというのが最優先だから、簡素化するのもやむなしとも思っていますが。

今日はここまで!!!!
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR