FC2ブログ

09年度購入トイガン BEST10(前編)

今年も残り後一日、
年を取るとあっというまに一年が過ぎていきます。
振り返ると、今年も良くトイガンを買ったことに驚きます。

そんな一年を振り返った、購入トイガンBest10(前編)です。

KSC2022

第10位は「KSC SIG&SAUER SP2022」 ガスガンです。

基本は以前から発売されていた、P2340のマイナーチェンジで、新鮮みに乏しいんですが、システム7の完成度の高さに驚かされました(以前のシステムが実銃作動に拘りすぎて、ダメだっただけ?)。

USPシリーズ等の買い換え促進に大きく貢献したモデルです。

M29-3

第9位は「タナカM29 6.5インチ」 モデルガンです。

ガスガンの型を流用して、新規モデルガンとして発売されました。オート全盛時代にリボルバーの新規発売は嬉しかったですね~。しかもダーティーハリーの6.5インチはプラではMGCしかなかったのでなおさらです。

リアルサイズの44マグカートもWAのブラックホーク以来。カートに目がいくのもモデルガンならではの楽しみですね。

早くスチールフィニッシュ仕上げを出してくれないですかね。

MP9

第8位は、「KSC B&T MP9」 ガスガンです。

これもTMPのマイナーチェンジモデルなんですが、B&Tが改良した箇所を全て修正して発売されています。特にフォールディングストックとのシルエットが格好いいです。

残念なのがダブルフィードマガジンがそのままで、弾に気をつけても必ず装弾不良が発生すること。空撃ちしてる分には最高なんですけどね。 専用サイレンサーが1年たっても発売されないところがまた不満。

WA ボブチャウ1.5

第7位は、「WA ボブチャウSP ver1.5 ビンテージエディション」ガスガンです。

悪名?高い渋谷試作シリーズのボブチャウSP ビンテージ仕上げ。カーボンブラックの素材カラーと、手作業で付けられたダメージの雰囲気が、ボブチャウそのもの。

以前のブラックモデルと比較しても抜群の存在感です。木製グリップとゴールドバンパーのついたマガジンも良い感じです。よく言えば、今日風のメーカーカスタムの在り方を示した傑作!問題は昔のカスタム同様価格でしょうね。

タニコバ2

第6位は、「タニオ・コバ GM7」モデルガンです。

あの小林氏が作る新作モデルガン、しかも発火方式が火薬詰めが簡単なデトネーター方式で、使い捨てカートで発火性能がものすごく良さそういうことで、かなり期待していました。

製品自体はフレームのそりが出ていたり、内部構造がかなりアレンジされていたりして少々幻滅。発火するつもりで購入したのに、本体価格の高さでいまだに発火出来てません。

廉価モデルも発売されましたが、まだまだ高価。モデルガンの需要を考えると、しようがないのかも知れませんがなんか中途半端です。このカートを使った他社モデルガンのコンバージョンキットを出してくれないですかね~。

タナカパイソンSB3

次点は「タナカ パイソン 4インチ スチールフィニッシュ」ガスガンです。

何と言ってもこの仕上げの美しさ! 写真で見るパイソンのヌメヌメ感を上手く再現しています。メッキの色も過去最高じゃないですかね。

木製グリップが最近入手困難なのと、モデルガンじゃないので次点評価。でも今年店頭で衝動買いしたのは、このモデルぐらいでした。

さて明日は上位5モデル、ご期待?ください。
では今日はここまで!!!!!

楽天ブログランキング←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR