FC2ブログ

話題の「アバター」を観てきました

朝から雨の一日でしたけど、子供が忙しいのを幸いに
話題の「アバター」を観てきました。

アバター6

3D映画・CGというとキワモノ的なイメージが強かったのですが
見事に偏見を打ち破ってくれました。

まず惑星パンドラの世界観と映像美が素晴らしくキレイ。個々の設定は宮崎駿の各作品やゲームなどの設定と大差ないんですが、全体としての完成度と映像美としての昇華のさせ方のレベルが違います。

アバター5

ストーリー的には、ありがちなパターンでありながら、脚本や編集に無駄がなくスピード感あふれる展開で最後まで一気にみせてくれました。このあたりは監督の手腕なんでしょうね。

パンドラの異星人「ナヴィ」はCGで作られているんですが、デジタル・クローズアップという技術で俳優の表情がそのまま反映されています。CGなのに顔で演技ができるんです。そのリアルさはいままでのCG作品を過去のものにしたと言って良いでしょう。

アバター4

この映画の主題が反戦にあることは間違いないんでしょうが、大上段に構えることなくエンターテイメント作品として仕上げたことにも共感が持てます。アジアの大国では放映縮小になるのも当然でしょうが、国として小さいですね。

アメリカでも保守派が反発しているそうですが、それでも上映に対して制限がない(映画が主要産業であるということを踏まえても)方が数段まともな国だと思います。

アバター7

肝心の3Dですが、飛び出すことより奥行きの再現がなされていることには感心しました。臨場感が違いますね。高所から飛び降りるシーンなんかは、高所恐怖症の気がある自分は結構ビビるくらい迫力がありました。

この3Dシステムは4方式ほどあるらしいですが、一番良いと言われる「IMAX3D方式」の上映館が最寄りで川崎しかないので、評判の良くない「XpanD方式」の日劇で観ましたが、画面がやや暗いことを除けばあまり問題ありませんでした。

よく言われているメガネの重さも気にならず(顔がデカイってことですかね)最後まで目が疲れたりはありませんでした。ちなみに字幕のみずらさもあまり感じませんでした。

もしかしたら「IMAX3D方式」だと、想像を絶するほどの映像なのかも知れないと思い、時間に余裕があれば再度チャレンジなんて事も考えています。

映画館で観る価値のある映画だったと、超満足してます。

楽天ブログランキング←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR