FC2ブログ

MG205 CAW コルト 32オート 初期型

MGCがとうとう6月に清算になるそうです。
暫く前から判っていた事ですが、MGC・台東商事共に無くなるということで
50周年記念モデル等、細々と続いていたモデルの供給も店頭在庫限り。
感慨深いものがあります。

CAW32オート

今回はMGCの金型の大半を引き取ったと言われるCAWの限定モデル
「CAW コルト 32オート 初期型」モデルガンです。

基本的にはMGCが77年に発売した32オートの金型を使ったリメイクモデルですが、カートリッジの変更や刻印の変更などの細部を修正しています。

中でもこの初期モデルは刻印を初期型にあわせて変更し、グリップも木製ながら初期型を再現。おまけに外見ながらグリップを可動としました。

CAW32オート2

全体的には、平面が良く出されているので一見すると古さを感じさせません。刻印も深く入っているので(CAWの刻印の入れ方は自分的には好きですね)MGC時代よりも洗練された感があります。

グリップも木製ながら細かく再現されていますが、本来黒のベークライト製だったはずなので、色目を黒っぽくした方が良かったのでは。

グリップセフティの可動は期待していたんですが、元々出っ張りが少ない上に可動範囲も小さく、「??」という感じ。実際に動くという満足感は高いんですけどね。

CAW32オート3

所持モデルはCAWのネット通販で購入したものですが、予備のスライドが付いてきました。パテント年号が異なっているので、刻印の打ち間違え(発売が遅れた理由だったらしい)スライドをオマケとして付けたものらしいですが、何かトクした気分。

設計が古いだけあってセンターファイアーでもないし、内部構造も実銃とかけ離れていますが、何故か満足度が高いモデルです。懐かしいだけじゃなく、この時代のモデルに新鮮みを感じるからですかね。

CAWにはモデルガンに注目が集まっているうちに、MGCの金型を使ったリメイクモデルをシリーズで発売して貰いたいものです。

スポンサーサイト



明日はダービー!!

明日はいよいよダービー!
毎年このレースだけは取りたいですね。
ダノンシャンティが出走取り消しになったのは残念ですが
買い目が減ったのはラッキー?

皐月賞上位組とトライアル勝ち馬+馬場の悪さを考えて大型馬を検討しますか。

道楽カウンター
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR