FC2ブログ

MG216 ハートフォード 九十四式自動拳銃&六研九十四式自動拳銃

日本シリーズはロッテが買っちゃいましたね~
中日相手に強い勝ち方でした。
心配だった視聴率も、6・7戦目はうなぎ登りで20%を超えたみたい。

やっぱ、ああいう緊迫した試合は見たいと思いますよね。
野球人気のために、ペナントレースでも頑張って欲しいモノです。

さて今回はハートフォードと六研の九十四式自動拳銃の比較です。

九四式7
↑ 上:六研製無可動モデル。 下:ハートフォード製モデルガン。サイズ的には大きな違いはありませんが、どちらかというと六研製は角張ったシルエット。

九四式8
↑ 左:六研製 右:ハートフォード製。 六研製のボルトは角張り気味。フレームのネジを見る限りは、六研製は中期型をモデルアップ? ランヤードリングが大きかったりしますが、グリップサイズはほぼ同じ。

グリップパネルはハートフォード製の方が厚みがあって握りやすい。それにしても六研のグリップスクリューやマガジンキャッチのブルーのキレイさには感動。

九十四式10
↑ 六研製 右:ハートフォード製。六研製のフレーム(ダストカバー部)は、年代的には後のモデルらしく角張り気味です。トリガーの形なんかは両者ともそっくりです(同じモデルだからあたりまえか)

スライドの丸みは両者とも同じ用に見えます。その分六研のフレームの厚みが目立ちます。

九十四式12
↑ ハートフォード製に付いてきた、実銃マニュアルの複製。こういう小物が、ものすごくそそりますね。

六研のモデルで、初めて九十四式を握って、あの変なグリップが予想以上に握りやすいのに感心して、今度はハートフォード製を手にして、そのメカの作動を味わえて、また感心! こういうモデルガンってやっぱいいですね。

今日はここまで!!!!
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR