FC2ブログ

AG149 東京マルイ サムライエッジ ジル・バレンタインモデル

今日は、昨日より暖かいはずが風が冷たかったですね~
頭の痛みが取れず、すっかり風邪を引いた模様。
明日から休みで良かった‥

さて今回は「東京マルイ サムライエッジ ジル・バレンタインモデル」ガスガンです。

サムライ

言わずと知れた、バイオハザードタイアップモデルが発売されたのは1999年の暮れだったと思いますが、もう10年もたったのかというのが正直なところ。

バイオ4の映画を見てから自分的にはバイオブームが続いているもんで、時間が止まってい感があります。バイオシリーズとのタイアップはこのモデルが3弾目だったにもかかわらず、反響的には一番大きかったんではないでしょうか。

サムライ2

反響が大きかった理由としては前2作がDEをベースとしたモデルだったのに対し、価格的にも取り回し的にも楽なベレッタをベースにしたことが一つと、銃本体のカスタムデザインが秀逸だったことが考えられます。

特にデザイン的には、ブリガティールスライドとシルバーバレルの採用が大きかったと思います。トイガン的には初じゃなかったでしょうか、ありそうでなかった組み合わせですよね。

それと木製風+ラバー風のハイブリットグリップをの組み合わせがもの凄く格好良く、それまでマルイのベレッタを敬遠していたのにもかかわらず即購入となりました。

サムライ3

実射性能はマルイらしく全く問題無い作動を見せてくれますが、セフティでハンマーダウンが出来ない点は未だに馴染めません。気になるのはそこだけですね。

モデルガンの自作も考えましたが10年経っても実行に移せてないので、こうなるとメーカー頼みですかね。限りなく見込みはないですがマルシンかタナカが造ってくれるのを気長に待つとしますか。

今日はここまで!!!!!

スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR