FC2ブログ

AG153 KSC コルトM4A1カービン その弐

明日はJCダートです。
これも良く分かんないレースですね。

シルクメビウス、トランセンド、キングスエンブレム、ラヴェリータあたりの人気馬出決まりそうですが、全体にレベルが低そうなのでヴァーミリアンあたりを絡ませたら面白いかも。

人気のアリゼオは思い切って消したいし、トランセンドが1番人気だと藤田はちょっと不安だし‥。明日も悩むな~

さて今回は「KSC コルトM4A1カービン」の続きです。

KSCM4-7

↑ 金属製のバレル上面にはミリタリー刻印がしっかり入っています。やっぱりレーザー刻印よりリアルですかね、フラッシュハイダーも金属製。

KSCM4-8

↑ フロントポストサイトは、今まで見たM16系トイガンの中でも最もシャープなデキ。削りだしと言われても信じるかも。

残念ながら外装カスタムすると使わなくなってしまいそうなので、他に流用(MGCのモデルガン)を考えなくてはなりません。

KSCM4-2

↑ 自慢の大型ハンドガードは縦に長い形状。昔のマルイタイプのような径自体が大型の物と違って握りやすくなっています。アルミのヒートシールドは一重ですが、勿体ないのでMGC用にコンバートする予定です。

KSCM4-3

↑刻印がレーザー刻印なのが少々残念ですが、コルト刻印なのは評価できます。フレームカラーのブラックと、セフティやマグキャッチ等の金属パーツのメタルっぽいカラーのコントラストが自分的には気に入っています。

KSCM4-5

↑ ストックはブッシュマスタータイプ。オリジナルストックよりも頬付けし易い気がします。これも交換してMGCへのコンバート用となりそうです。

細部を見ていきましたが、個々のパーツのデキもそれなりに良く大陸性パーツよりも良い雰囲気ですが、外装カスタムするとほとんど交換になりそうでちょっと勿体ない気がします(MGCへの流用を企んでますが、上手くいかなかったら単に余剰パーツとなってしまいます)。

最後発で価格訴求で勝負をするんだったら、ストック、ハンドガード、キャリングハンドルを取り外した、カスタムベースモデルを3万円を切る定価で発売したらどうですかね。

メチャクチャ売れると思いますが、メーカーとしては商品保証が出来ないのでダメなんですかね。

市場シェア拡大した方がサードパーティの専用パーツも増えて、売り上げ拡大サイクルに入ると思うんですが。

そうなったら自分ももう一挺買っても良いな~

今日はここまで!!!!

スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR