FC2ブログ

AG168 ハートフォード M2019 C.S. ブラスター ガスガン

久しぶりに怠惰な休みを満喫しました。
心残りは、弥生賞を取れなかったことですかね。
素直に5点BOXにしとけば良かった。

さて今回は「ハートフォード M2019 C.S. ブラスター」ガスガンです。

ブラスターガス

以前紹介したモデルガンは初期生産型でしたが、こちらは再生産時の物。主な違いはレシーバーやフレーム部が型で作られた物になって仕上げが格段に良くなっています。

ブラスターガス5

こちらはガスガンなので、HWS製のチーフススペシャルにタナカのペガサスシリンダーを組み込んだものが内部に収まっています。タナカのチーフをそのまんま入れても良さそうですが、そこはいろんな事情があるんでしょう。

ブラスターガス6

実射性能は、まんまペガサスリボルバーそのもの。ただしサイトもないし、全体的に大柄なのであまり撃った気がしません。

BB弾の装弾もサイドカバーを開けて、シリンダー後部からガスを入れ、前部からBB弾を詰めるというペガサスならではの操作性が妙にめんどくさい。

ブラスタガス4

そういう意味では、ガンガン撃って遊ぶトイガンではありません(あたりまえか)。気をつけないといけないのは、後部トリガーのみライブなんですが、前部トリガーにも指が届いてしまうこと。

うっかり引こうとするとネジ留めされているフレームごとグニャっとした手応えがあり、「壊したか!」と青くbなることになります(実際その程度では壊れませんが、怖い手応えです)。

ブラスターガス2

スタイヤーのマガジン部分にあるLEDはボタン電池で発光しますが、スイッチがないため、発光しっぱなしになります。ここは何とかして欲しいところですね。

ブラスターガス3

デッカードブラスターは、ハートフォード製で十分と思っていたら、今月号のGUNしで紹介されている留之介助ブラスターに惹かれてしまいました。

内蔵されているのが44ブルドッグということは実物プロップと同じプロポーション。しかも製作がマルシンということになると、映画プロップ以上の価値がありそう。

でも価格が…。

へたすりゃエランのガバが買えそうな価格で…

久しぶりに欲しい~

さあどうするか…

今日はここまで!!!!!!
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR