FC2ブログ

中国高速鉄道事故について…

案の定というか、
いかにも中国らしく事故車両を地中に埋める事までして、大事故からたった一日半で運行を復旧しました。

が、何と言うべきか…。
元々同じ価値観や倫理観のある国ではないので、事故原因を調べないのかとか、隠蔽体質であるとか言うつもりはありません。

私見ですが、これがあの国の本性であり体質であると理解するしかありません。
川崎重工の技術を、自国の技術として特許申請できる神経も同じ本質に由来するものでしょう。

全体主義が資本を独占したときに、その資本力がどれだけ脅威になるか想像することは容易でしょう。

日本が封建的民主主義である以上に、あの国が共産主義国であることを再認識するべき時期に来ているんではないでしょうか。

謹んで事故に遭われた方の無事や、無くなられた方のご冥福をお祈りします。

今日はここまで!!!!!

人気ブログランキングへ←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR