FC2ブログ

MG239 ハートフォード 九四式自動拳銃 後期型

今日も涼しいですね~
過ごしやすくて生き返ったようです。
でも明日の夜から、また暑さがぶり返してくるようなので、一時の恵みって感じですね。

さて今回は「ハートフォード 九四式自動拳銃 後期型」モデルガンです。

九四式

モデルガンのレビューも久しぶりです、かれこれ一月ぶり。
ホント最近サボリ過ぎです。猛省!

このモデルも購入してから三ヶ月は経ってますが、最初の印象が「思ったよりも格好良い」でした。

九四式の後期型って資源の不足や工程の省力化で作動も覚束ない末期的モデルで、写真等でも一目で仕上げの悪い実銃のイメージが染みついて」いたので、自分でも以外でした。

九四式2

省力化の結果の直線的加工や材質の低下による肉厚さが、元々のデザインを良く見せているからだと思われます。これは仕上げなんかが前期型と同じ(モデルガンだから当たり前ですが)だからこその印象でしょう。

元々九四式の設計思想自体は???と思うぐらい複雑でいただけないので、省力化によってシンプルなデザインに近づいたからってこともあると思います。

九四式3

それにしても前期型との共有パーツが少なそうで、バリエとしてもコストだかなモデル(現に後期型の方が価格UP)を良く作ったモノだと思います。単に木グリ代だけだったりして。

前期型・後期型の見事な作り分けを見ると、立体的な精密模型教材と豪語するだけのことはあると感心します。箱まで流用じゃないのには驚きました。

九四式7

今日はここまで!!!!

人気ブログランキングへ←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR