FC2ブログ

MG240 CAW M1911A1 アルゼンチンアーミー その弐

今日は過ごしやすいかと思えば、湿度全開!!
夜になってやっと涼しくなりましたが、この湿度は何とかならないんですかね。

さて今回は「CAW M1911A1 アルゼンチンアーミー」モデルガン。
朝の続きです。

アルゼンチン5
↑ D. G. F. M. - (F. M. A. P.) という刻印は「Direccion General de Fabricaciones Militares, Fabrica Militar de Armas Portatilies 」の略称で工場名のことらしい。システマ・コルト製品には共通に入っている刻印とのこと。

アルゼンチン3
↑スライド右の「EJERCITO ARGENTINO」はアルゼンチンARMYのこと。アルゼンチン陸軍制式ってことなんでしょう。その前の数字はシリアルナンバー

アルゼンチン4
↑ バレル上部にもスライドと同じシリアルナンバーが入っていますが、擦れそうで操作しづらいのが難点です。

アルゼンチン7
↑ ネット限定だったコマーシャルミリタリーモデルのスライド左側

アルゼンチン8
↑ コマーシャルミリタリーモデルのスライド右側。

これだけくっきり入っていると、刻印違いだけで欲しくなってしまうのが理解できると思います。MGC GMの刻印違いも集めていますが、刻印が薄くってチョット寂しかったりします。

本来は守備範囲外なんですが、最近発売されたCAWのCOLT1849Pocketは気になりますね。これって、モデルガンメーカーとしてのCAWの製品に対する自分の期待度が高いからってことだと思います(単なる欲しがり病だったりもしますが)。

今日はここまで!!!!!

人気ブログランキングへ←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



MG240 CAW M1911A1 アルゼンチンアーミー

昨日更新しようと思っていたのに、睡魔が襲ってきてダウン。
反省を踏まえて今日は朝からUPします。

さて今回は「CAW M1911A1 アルゼンチンアーミー」モデルガンです。

アルゼンチン

CAWの発火タイプガバメントが発売される直前に出た、未発火モデル刻印バリエの一つです。

同時に発売された「戦前ナショナルマッチ」と購入を悩みましたが、MGCの「アルゼンチンアーミー」を購入し損なったトラウマもあるので、結局こちらを入手しました。

システマコルトといってもアルゼンチン軍の旧制式拳銃で、ガバメントとほぼ違いのないライセンス品ぐらいの知識しかなんですけど、この刻印しびれますね。

アルゼンチン2

最近はアニメの影響で、同じくブラジルのインペルの方がメジャーになりましたが、元々は同じような正式コピー品ですからね。好き嫌いはイメージや、刻印と行った枝葉の部分になるんでしょうね。

刻印以外はCAWのガバメントと同じものなので、平面の強い薄めのスライドなどはそのままで、ガバ系トイガンの中では最近の一番お気にモデルです(秘蔵のELANは、手軽に遊びづらいんです)。

アルゼンチン6

このところ資金を旅行やデジタル系に流出させているので、トイガン特にモデルガンに中々回らないのですが、CAWの発火式ガバと「戦前ナショナルマッチ」は何とかして手に入れないと、と思っています。

タナカのボディーガードやP230JPのHWも手に入れていないし、VFCのMP5も欲しいし…。日本みたいに赤字国債を気にしないで発行できればいいのにね。

今日はここまで!!!!!

人気ブログランキングへ←ぽちっとお願いします!
道楽カウンター
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR