FC2ブログ

WE HK416 オープンボルトキット組み込み

最近の休みはガスガンの調整で費やすことが多くなってきました。
これって良いことなんでしょうか??
何となく人間が退化・引きこもりしているような気もして、我ながらちょっと心配です(苦笑)。

さて今回は「WE HK416 オープンボルトキット」の組み込みです。
以前紹介した、WEのHK416の旧タイプGBBを、通常のボルトが稼動するブローバックへ変換するキットを購入したので、早速組み込んでみました。

HK416OP
↑ キットの内訳:バレル・トリガーアッセンブル・ボルト・エジェクターポートカバー・マガジン用パッキン他が入っていますが、なんと説明書がありません。絶句!

HK416OP11
↑ まずレイルについているスクリューを外してレイル自体を取り除きますが、スクリューが特殊なタイプなので悩みます。ネットなどではプライヤーなどで回すように紹介していますが、自分はサイズが合いそうな大きめのマイナスドライバーで外してみました。

HK416OP2
↑ レイル部分を外すとこんな感じ。

HK416OP3
↑ ガスピストン部分はスプリングテンションではまっているだけなので、最初に分解して取り外します。アウターバレル基部の穴を工具で回すとバレルがはずれるはずなんですが。

HK416OP12
↑ バレルを外すのに使えそうな工具を探してみました。
左からM4A1用:HK416に付属のWE工具。同じくKSC製、旧MGC製、WA製。上手くバレル径にあったのがなんとMGC製のもの。WA製は同じ型のはずなのに径が小さくてNGでした。

HK416OP4
↑ アウターバレルをはずすと、ブローバックユニットをアッパーフレーム側から取り外せるようになります。

HK416OP5
↑ ブローバックユニットを外したところ。一体型の真鍮製ユニットと、カバー状のボルトについているHK刻印が名残惜しかったりします。

ここから、オープンボルトパーツの組み込みになりますが、長くなったのと、今日はちょっと疲れたので、以下次回へ。

ということで、今日はここまで!!!!!

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR