FC2ブログ

MG247 ハートフォード 九四式自動拳銃 中期型 その弐

今週は寒い!寒すぎます!
早く暖かくならないかな~

さて今回は「ハートフォード 九四式自動拳銃 中期型 」の続きです。

94式中4
↑ これが中期型。マガジンが黒い処以外は、前期型との違いはぱっと見分かりません。ローアーフレームが太くなってるのは分かりますか?

94式前3
↑ 前期型。ローアーフレームのダストカバー部が細くすっきりしています。トリガーガードも薄くなっているところが、スゴイですよね。メッキマガジンが外から丸見えなのは、軍用としてはどうなんでしょ。

94式後2
↑ 後期型。末期型ともいうべきカマボコ板状の木グリが印象的。角張ったボルトと、下細りに見えないグリップのバランスは九四式の中で一番良いと思っています。

94式中5
↑ 中期型は昭和18年製をモデルアップ。製造番号がキレイに並んでいないのは実銃の打刻に合わせているんだとか。

94式前4
↑ 前期型は昭和12年製。モデルガンは表面処理が中期型と変わらないので、同じイメージ。実際は仕上げ自体がかなり違うはず。

94式後3
↑ 後期型は昭和20年製。仕上げ自体は最悪だった頃のモデル。この刻印は型で入れているようなので、きっとコストUPになってるんでしょうね。その拘りに引かれている部分は確かにあります。

94式3種2
右から、前期型、中期型、後期型。 フロントサイトのサイズが大きくなっています。

94式3種
右から、前期型、中期型、後期型。リアサイトのサイズが異なるほかに、ランヤードリングの大きさも異なります。

おおざっぱな外見でこれだけ違う。あるいは、これしか違わない。色々と思うことはありますが、バリエを揃える人は、違いがいっぱいあるな~と思うんでしょうね(自分もですが)

今日はここまで!!!!!

人気ブログランキングへ← ポチポチポチッとお願いします。
スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR