FC2ブログ

KSC M93Rのバレル破損

先に紹介したマルゴー別注20連マガジンとの比較用に久しぶりに各社M9モデルガンやKSCのM93Rを引っ張り出したところ、KSCのM93Rのバレルが自然崩壊しているのを発見。

KSC93R

バレルが破損していたM93Rは発売初期に購入した2ndタイプ(旧パッケージのHWモデル)で、同じく初期の1st共々バレルが自然崩壊する持病があったモデルです。

慌てて他の93Rを調べたところ1stモデルの方は早々にバレルが崩壊して2ndのバレルになっていますが、そちらは問題なし。生産時期の異なるPROTO 93Rも無事だったので一安心です。

KSC93R2

割れ方を見る限り、インサートとデトネーターの接触面付近からインサートの切れるあたりで樹脂部分が破断しているので、製造時の樹脂に問題があったパターンでしょう。家電なんかだったら初期不良交換パターンになりますが、モデルガンの世界では運が無かったということですね。

最も破損したモデルは製造から10年以上経っているモデルなので、これで無償修理しろと言ったらただのクレーマーですね。それよりも今の心配はパーツの有無です。以前破損したときに予備のバレルを購入しておいた記憶があるのですが、発見できなかったのでKSCに在庫を問い合わせをして返事待ち。

おそらく返事が返ってくるのは週明けor連休明けでしょう。パーツがあってくれれば文句は言いませんですw

今日はここまで!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


スポンサーサイト



マルゴー別注 タナカ・MGC・マルシン M92用 20連マガジン

先週末、久々に御徒町のマルゴーさんに立ち寄って見つけたのが、この「マルゴー別注 タナカ・MGC・マルシン M92(モデルガン)用 20連マガジン」

マルゴー20連7

ケースから出して見せてもらったら、KSCの刻印が入っていました。更によく見ると。KSC製のM93R用20連マガジンのボトムカバーを外したモノらしいのが分かりました。聞いてみるとマルゴーさんが独自KSCに注文して納品した別注マガジンなんだそうです。

DSC00459.jpg
▲ 上:マルゴー別注20連マガジン 下:KSC製M93R用20連マガジン

タナカ(MGC)、マルシンのM92F(M9)はカートサイズが近いものの、マガジン自体はマルシン製が若干厚みがあるため、マルシン製マガジンはタナカ(MGC)M9には入らず、タナカ(MGC)製はマルシンM92Fだとマガジンキャッチがかからないため、使い回しができませんでした。

KSC製M93R用マガジンは両者の中間の厚みなので、両メーカーに使えるって事なんですね。マルシンのドルフィンにM93Rマガジンを使える事は知っていましたが、タナカ(MGC)に使うことは考えてもいなかったので、改めて成る程です。

DSC00463.jpg
▲ MGC製M9と20連マガジン

DSC00461.jpg
▲ マルシン製ドルフィンと20連マガジン

実際にMGC、マルシンのM9系モデルガンにマガジンを装着してみると、マルシンに多少のガタはあるものの、どちらもしっかりマガジンキャッチはかかりました。手動でカートリッジの装填排莢を試してみても問題なし。

M93Rのマガジンを使ったときと違って、カバーが無いだけでM9シリーズのロングマガジンに見えます。同じ性能のマガジンでも流用感が無いのが良いですね。

これだけネットショップが普及すると、実店舗のトイガンショップはオリジナル商品作りとかをしないと大変なんでしょう。メーカーさんの方もコストを余りかけずに、製品化と流通まで卸せるのでメリットがあるはずですしね。

どんどんニッチ化が進む懸念はありますが、この手のアクセは素直に嬉しいですねw

今日はここまで!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



道楽カウンター
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR