FC2ブログ

AG299 KSC ベレッタM92エリート2 システム7改

さて今回はイベントで入手した「KSC ベレッタM92エリート2 システム7」の再登場です。

KSCエリート2再6

イベントで入手したベレッタM92 エリートシリーズは1A、2ともにサプレッサー用スレッド付きのバレル仕様になっていました。

これはKSCがメッキモデルの生産を止めたために、システム7用の新たなメッキバレルが無いための処置だと思われます(ソードカトラスのバレルを加工?)が、オリジナルのシルエットの方が格好良いんですよね。

KSCエリート2再7

そこで、先に紹介したバーテック用バレルを塗装したものを実際に取り付けて見ました。塗料の厚みのためにフレームの溝を磨く等、若干の調製が必要でしたが、無事オリジナルのショートバレルに換装することができました。

KSCエリート2再3

シルバーの粒子の粗さはありますが、ジルコニアクリスタルの光沢のおかげで、メッキスライドとの違和感はあまり感じません。正直思っていたよりもメッキフレームと一体感があったので一安心です。最近は実銃でもバレルとスライドが素材違いのモデルは多いので、尚更気にならないのかもしれません。

KSCエリート2再

もう少し乾燥させたいので塗膜の耐久性とかは試していませんが、組込時の感じではかなり表面硬度がありそうな印象を受けました。あと半月ぐらいしたら試してみるつもりです。

KSCエリート2再4

メッキスライドのエリート2で違和感が無かったので、ブラックスライドのエリート1A用にもう一本バレル塗装&換装にチャレンジする気になりました。その前にエリート2のKSCグリップを何とかしないとですね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


スポンサーサイト



まだまだベレッタM92系ブーム継続中!

さて今回は2週間前から取りかかっていた、KSC製M92バーテックのバレル塗装が完成したので、その紹介です。

KSCエリート2バレル

M92バーテック用のショートバレルを注文して、届いたのが9月末。KSCはネットでパーツ注文ができるのが良いですね。今回はこのバレルを塗装して、イベントで入手したM92エリート システム7版用のシルバーバレルにしました。

KSCエリート2バレル2

使用したのはお馴染みのキャロムショットのステンレスシルバー。中性洗剤で洗ってからドライヤーで乾燥させて塗装。数回重ね塗りしてから3日間乾燥させます。この段階では表面が金属粉ぽい粗さがあるので、細かいコンパウンドで磨いて表面をならします。

KSCエリート2バレル3

その後に光沢と表面硬度を付けるために、同じくキャロムショットのジルコニアクリスタルを薄めに数回吹き付けて、10日間乾燥させます。乾燥後はコンパウンドと仕上げクロスで磨いて完成です。

KSCエリート2バレル4

上のメッキバレルと比べると、さすがに粒子の粗さが分かりますが先端のアルミ部分と比べると遜色の無い仕上がりになりました。元のバレルからインナーバレルやロッキングブロックを組み込んで完成です。

塗料の厚みのせいかロッキングブロックを多少削る必要がありましたが、問題無く組み上がりました。次回はこのバレルユニットをエリートに組み込みます。

今日はここまで!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


道楽カウンター
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR