FC2ブログ

Safariland 6320 ALS Duty Holster グロック用

以前紹介したホノルルGUNSHOPでの戦利品の第3弾 「Safariland 6320 ALS Duty Holster グロック用」です。

サファリランド6320ALS

バーゲン品の山の中で多かったのがグロック用と左用のホルスター。左利きが多いアメリカでも左用が余るのは分かるんですけど、グロック用が多いのは、競合や現行モデルを含めて、よほどアクセサリー類が市場にあふれているって事なんですかね。

サファリランド6320ALS2

このモデルも現行モデルでは無いようですが、まだ一般流通はあるみたいですね。ストラップが無いタイプなので、「Level1 Retention」と呼ばれるモデルのようです。ちなみにテールのようなガードが無くてストラップだけのものが「Level2 Retention」、ガードとストラップの両方ある物が「Level3 Retention」と区分けされているようです。

サファリランド6320ALS3

ホルスター裏面にはホルスター名と適用銃名が入っています。ベルトループ部にはサファリランド刻印と製造元、「使用前に説明書を読め」の注意書きが入っています。ダイヤル型の製造年を見る限り作られたのは2008年2月のようです。10年前のデッドストック品なら安いわけです。何と$20でした。

ホルスター位置や角度の調整機能が無いのは、最近のカイデックスホルスターを見慣れると不思議に感じますが、位置の調整は別売のベルトループと交換することで行えたようです。

サファリランド6320ALS6

サファリランドホルスターはエジェクションポートの角を利用してロックする方式で、丸で囲ったレバーを矢印の方向に押すことでロックを解除できます。サムブレイクホルスターに慣れていると、Blackhawkのロックタイプより使い易いかもしれません。

サファリランド6320ALS5

KSCのグロックを入れてみましたが、このホルスターもキツいですね。内側に張られたスウェードが抵抗になっているようです。オイルでスウェードを馴染ませてみて改善しなければ、ドライヤーかヒートガンでホルスター自体を矯正するしかなさそうです。

KSCのグロックは、Blackhawkのホルスターではジャストフィットだったので、Safarilandのホルスターが3種ともキツかったのは、少々以外でした。レザーの747と開口部の広いコンペティション用の007は何と矯正できそうですが、このモデルは苦戦しそうですね。

コピー品のホルスターが合わなければ、安物を買った自分が悪いと諦めが付きますが、実物を買って合わないのはね。安物なのには変わりありませんが、何とか頑張ってみますw

今日はここまで!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR