FC2ブログ

MGC(TAITO) パイソンPPCカスタム HWの組立編 その四


さて今回は「MGC(TAITO) パイソンPPCカスタム HW」の組立編最終です。

TAITOパイソンPPC3インチ2

さて、MGCパイソンPPCカスタムのポイントと言えば、スラブバレル&リブ。もう一つはコンバットタイプのグリップでしょう。今回フレーム自体の入手に踏み切れたのは、グリップ自体を所持していたのが最大の理由でした。

パイソンPPCカスタム用の木製グリップは3種類あって、MGC時代の初期モデルに使われた”ナス型”のラウンドタイプとそれ以降に使われたスクエアタイプ。そして今回紹介するTAITO時代のHOGUEグリップです。

TAITOパイソンPPC3インチ18

MGC(TAITO)パイソン用にHOGUE発注した専用グリップとのことで、内側がグリップウェイト用に大幅に削り込まれているので、通常のモノグリップと異なりセパレートタイプになっています。

木質やフィンガーチャネルの雰囲気もHOGUE製と言うよりもアルタモント製みたいですけど、HOGUE製として単品でも販売されていました。自分も単品で入手したクチです。

TAITOパイソンPPC3インチ14

メーカー純正のグリップだけあって、ピッタリと装着できました。太めのグリップですけれど握り心地自体は悪くありません。不思議なことにグリップスクリューの頭がノーマルパイソンとは逆に右側に来る仕様になっています。オリジナルのPPCカスタムも同様なので、全部の仕様のようです。

TAITO製パイソンPPCカスタム3インチのオリジナルモデルは、デホーンドハンマー仕様だったと思いますが、今回はスパー付きのままとしました。パイソンフレームにデホーンドハンマーは間延びしそうで似合わないと思ったからで、加工が面倒だったわけではありません。

3インチモデルになった段階でPPC競技用のモデルでは無いはずですが、驚くほど良いバランスなのに驚いています。自己満の世界ですけど、中々良いモデルに仕上がりましたw

今日はここまで!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



スポンサーサイト



道楽カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR