FC2ブログ

WE G39用SF IDZストックキット

三連休の成果のもう一つが、「WE G39用SF IDZストックキット」の取り付けです。

H&Kがドイツ連邦軍用に開発した新型レイルと折りたたみ収縮機能付きストックのキットということで、早速手持ちのWE G39Cに取り付けて見ました。

G36キット
↑新型トップレイル。レイル側面のリブを無くし、折りたたみフロント・リアサイトをレイル部に埋め込んでいます。サイト自体はホント予備って感じです。

G36キット2
↑ トップレイル自体はABS製で、裏に金属プレートの補強がありますが、リブがないので強度的には弱く、しなりますね。

G36キット6
↑ トップレイルの取り付けは、旧レイルをフレーム側面の3本のネジを外して、レイルを前方にスライドさせて取り外すせば、逆の手順で取り付けられます。

G36キット7
↑ トップレイルのサイトを立てたところ。簡易サイトながらサイト自体は見やすいです。リブがないので、コッキングハンドルは操作しやすくなります。

G36キット3
↑キットのもう一つが、収縮機能付きの折りたたみストック。SCARのように収縮可能で、チークピースも稼動します。実物のリコイルパットは別パーツだと思いますが、こちらはABSの一体モノ。

G36キット4
↑ストックヒンジ部のピンを上に抜き出して、旧ストックを外します。取り付けは逆の手順で、ポン付けできました。ウマレックスのG36ストックと異なり、こちらは折りたたんだ状態で排莢可能になっています。

G36キット8
↑ 短縮状態だとかなりコンパクトな印象。やたらゴテゴテしている感があります。

G36キット9
↑ ストックを延ばして、チークピースを上げた状態。ガタがないのは良いんですが、収縮レバーとかがちょっとちゃちな感じ。

G36キット5
↑近代化されたG36C。どちらかといえばG36Kあたりの方が似合うかも知れません。

WE純正パーツだけあって取り付けは簡単なんですが、質感的にどうもチャチな部分が目につきます。ウマレックスのストックの方が質的には良さそうです。

それよりも、春先まで調子の良かったG39Cが、今回試射をしたら、弾ポロまではいかないものの、やたら弾道が乱れまくりとなった方が気がかりです。

暑さで、チャンバーパッキンが弱まったのかも。次回調整が必要そうです。

最後になりましたが、原田芳雄さんのご冥福をお祈りします。
龍馬暗殺、泣けましたね。

今日はここまで!!!!!

人気ブログランキングへ←どれでも、ぽちっとお願いします!

人気ブログランキングへ←どれでも、ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR