FC2ブログ

MG240 CAW M1911A1 アルゼンチンアーミー その弐

今日は過ごしやすいかと思えば、湿度全開!!
夜になってやっと涼しくなりましたが、この湿度は何とかならないんですかね。

さて今回は「CAW M1911A1 アルゼンチンアーミー」モデルガン。
朝の続きです。

アルゼンチン5
↑ D. G. F. M. - (F. M. A. P.) という刻印は「Direccion General de Fabricaciones Militares, Fabrica Militar de Armas Portatilies 」の略称で工場名のことらしい。システマ・コルト製品には共通に入っている刻印とのこと。

アルゼンチン3
↑スライド右の「EJERCITO ARGENTINO」はアルゼンチンARMYのこと。アルゼンチン陸軍制式ってことなんでしょう。その前の数字はシリアルナンバー

アルゼンチン4
↑ バレル上部にもスライドと同じシリアルナンバーが入っていますが、擦れそうで操作しづらいのが難点です。

アルゼンチン7
↑ ネット限定だったコマーシャルミリタリーモデルのスライド左側

アルゼンチン8
↑ コマーシャルミリタリーモデルのスライド右側。

これだけくっきり入っていると、刻印違いだけで欲しくなってしまうのが理解できると思います。MGC GMの刻印違いも集めていますが、刻印が薄くってチョット寂しかったりします。

本来は守備範囲外なんですが、最近発売されたCAWのCOLT1849Pocketは気になりますね。これって、モデルガンメーカーとしてのCAWの製品に対する自分の期待度が高いからってことだと思います(単なる欲しがり病だったりもしますが)。

今日はここまで!!!!!

人気ブログランキングへ←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR