FC2ブログ

M245 ハートフォード 二十六年式拳銃 HWモデルガン

十二年初競馬、京都金杯・中山金杯はともに負け!!
新春の縁起物だからって始めてるのに、
2つとも外すなんて今年は縁起良くないかも…今年も?

さて今回は「ハートフォード 二十六年式拳銃 HW」モデルガンです。

26年式

このモデルも昨年購入したものですが、まさか商品化されるなんて思ってもいなかったので発売されただけで感動物です。

元々、旧軍の兵器にはそんな関心があった訳じゃないんですが、年齢を重ねるに従って旧軍兵器に対する義務感みたいなものが芽生えてきたのは自分でも不思議です。

26年式4

メーカー広告で「日本人の知恵」とうたわれているだけあって、独特のヒンジ状に開くサイドプレートや左右非対称のグリップ等、立体で見ないと分からないことだらけで非常に興味深いです。

外見上はナガンリボルバーのコピーのような印象でしたけど、実際は全然違ったのも驚きでした。

26年式2

残念だったのはグリップ。当然木製と思っていたら付いてきたのはプラ製、そのプラ製グリップが気泡が入ったりしていて出来がイマイチです。

今後グリップの交換は規定路線となりましたが、ハートフォードの木製グリップに代えるか、CAW製にするか悩みますね。

今日はここまで!!!!!

人気ブログランキングへ← ポチポチポチッとお願いします。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Re:M245 ハートフォード 二十六年式拳銃 HWモデルガン(01/05)

私も先日、やっと現物を拝むことが出来ました。確かに思わず衝動買いしたくなる出来でしたが涙を飲んで我慢しました(笑)。

グリップはハートフォード純正の物は後期タイプとショップで聞きました。例えば綺麗なブルーイングをする場合は前期型が断然いいですよね。シリアルナンバー的にも前期型のチェッカータイプが良さそうですからCAWが良いのではないでしょうか?

カットモデル、出すんだろうなぁ・・・。

Re:M245 ハートフォード 二十六年式拳銃 HWモデルガン(01/05)

>元々、旧軍の兵器にはそんな関心があった訳じゃないんですが、年齢を重ねるに従って旧軍兵器に対する義務感みたいなものが芽生えてきたのは~

わかります。私も何度かタナカの旧軍騎兵銃をポチりそうになりました。でも結局、別な物に目移りして買えそうにありません。
ばらだぎさんは、ホントに購入なさるから立派ですよ。

この赤茶色のプラグリップは、ベークライトを表現したようにみえますね。
ベークライトには目の詰まった物から、荒いものまでありますから、気泡は「あり」かもしれませんよ(笑)。

Re[1]:M245 ハートフォード 二十六年式拳銃 HWモデルガン(01/05)

WICAさん
どうもです。

HWSの滑り止めが荒い感じに見えるのは後期タイプだからなんですか。そうすると、前期型のCAWということになりますね。

Re[1]:M245 ハートフォード 二十六年式拳銃 HWモデルガン(01/05)

烈風@さん
どうもです。

購入するのは義務感だけじゃなくて、好奇心からってのも大きいですね。知ってるようでよく知らないのが旧軍兵器だったりしますから(苦笑)

グリップをベークライト製と思うのは、有りかもです。出費削減につながりますしね(笑)
道楽カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR