FC2ブログ

MG117ハドソン VZ61 スコーピオン初期型(再掲載)

今日も涼しかったですね。
日曜なのに一日バタバタしていたので、気づいたら夜って感じでした。
明日は月曜、やれやれです。

さて今回は「ハドソン VZ61 スコーピオン初期型」モデルガンです。

スコーピオン最初期

3年ほど前に紹介したモデルですけれど、今回他のスコーピオンを引っ張り出したついでに改めて紹介。GUN pro誌の影響も多少はありましたけどね。

スコーピオン最初期2

81年頃発売されたこのスコーピオンは同時期に発売された同カテゴリーのMGCイングラムが抜群の発火性能を示したのに対し、アレンジメカをしても作動製はよくなく、幻の東欧製ミニサブマシンガンのモデルアップという点と、黒い金属製が売りのモデルでした(金メッキ¥時代もありましたが)

スコーピオン最初期3

元々グリップの形状が短く太めなので、グリップ形状をかなり細めに削り込みました。長さはともかくバランスと色目はかなり改善できたと思っています。

所持モデルは金色メッキになる前の最初期モデルですが、亜鉛合金素材が良くないらしく、3年前にも劣化による盛り上がりが散見されたのですが、今回進行しているのを発見。ちょっとショックでしたね。

スコーピオン最初期5
↑ アッパーフレーム左側面後部のブツブツが増殖しています。

スコーピオン最初期4

↑ 右側面は変わらないようですが、酷い有様ですね。

3年前の写真はこちら
→http://plaza.rakuten.co.jp/baradagi/diary/200906190000/

劣化にショクを受けて、その後スコーピオンを2丁手に入れましたが、ロングランモデルながらの改良箇所も発見できました。

そのあたりは次回以降で。
今日はここまで!!!!

姉妹ブログ(今は同じ内容ですが)はこちら→玩具道楽・・・三昧


フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR