FC2ブログ

MG302 タニオコバ GM7 S&W 1911

昨日とはうって変わって涼しい一日!
一日中ぼーっとしてたら、小林可夢偉が鈴鹿で3位入賞。錦織が有明でツアー2勝目となる優勝と、みんながんばってました。 少し反省。

さて今回は「タニオコバ GM7 S&W 191」モデルガンです。

3年前にGM7を購入したときは、内部のデフォルメやフレームの反りなどで低い評価しかしてなかったんですが、マルシン&タニコバ コマンダーの発火を経てあっさり評価を高くしましたw

タニコバSW1911

アレンジされたデザインは発火を第一と考えていたからだったんですね。そのアレンジされた設計が生かされたのが今回のS&W 1911。GM7のエキストラクターが実銃と異なるモールド仕様だったのを生かして、モールドを削り落とし外装式エキストラクターを新たにモールドで加えました。

コルト系エキストラクターをリアルに再現してたら、スライドを再設計・金型変更だからモデルアップできなかったでしょうね。

タニコバSW1911−2

限定モデルだけあって、チャンバーのカートリッジインジケーターの再現や、カットされたサムセフティなどかなり手を入れています。グリップのS&Wメダリオンを見ると不思議な感じです。このメダリオンを残したいためにグリップ交換が出来ないでいます(昔アルタモントであったとは思うんですが)。

タニコバSW1911−4

グリップメダリオン以上に素晴らしいのがスライドの刻印。シャープにしかも深く入っているのでくっきり目立ちます。スライド素材とのコントラストがハッキリしてるのも良いんでしょうね。

タニコバSW1911−3

初代GM7にあったフレームの反りなどもなく、文句のない仕上がりに満足していますが、旧MGCのパーカーモデルや、マルシンノエクセレントHWと同じように触った跡や指紋が残りやすいのが玉に瑕です。

手袋を付けて触ったり、触った跡にきれいに磨いていておけば良いんでしょうが、発火重視のモデルガンにそれはない気がしますよね。もっともやはりこの価格では撃つのに躊躇してしまいます。それとも発火用を手に入れるかなw

残園ながら凱旋門賞のオルフェーブルは、直線残り10mで差されて2着。たらればで言えば仕掛けが早かったんでしょうが、一日の最後でホントに残念です

今日はここまで!!!!!

姉妹ブログ(今は同じ内容ですが)はこちら→玩具道楽・・・三昧

←ポチッとお願いします
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR