FC2ブログ

AG210 M−41A パルスライフル コンバージョンキット

さて今回は「M−41A パルスライフル コンバージョンキット」です。と言ってもコンバージョンキットを組み込んだ電動ガンってことですけど。

M41−Aパルスライフル

M−41A1と言えば、エイリアン2に出てくるUSCMC(植民地海兵隊)の正式ライフルということになるんですが、映画用プロップはトンプソンM1A1のレシーバーにスパス12のフォアグリップやM870のレシーバーをベースに作られています。

実物パーツを使うと妙にリアリティが増すのは、スターウォーズ4のミニチュア模型やブレードランナーのブラスターと同じで、このパルスライフルにも同じようなリアリティがあって好きですね。

M41−Aパルスライフル10

所有モデルは「ARMOURY DESIGHN」という中国メーカーが10年ぐらい前に発売したもの。その後発売されたG&P製と同じものだと思います(最近完成品で発売されたスノーウルフのものも電動ガン部分以外は同じ金型では無いかと思われます)

M41−Aパルスライフル4

初めて購入した中華製コンバージョンキットでしたが、組み立て自体は非常に簡単で付属のカラープリントを見ながら組み立てました。むしろマルイ製トンプソンをばらす方がネジが多くて大変だった気がします。ストックを固定するスクリューが合わなかったので、ハンズで短い物を買いにいったことぐらいしか、手間がかかった記憶がありません。

10年前の中華製ッてことを考えると奇跡に近いかな。摺り合わせも最低限しかしてないしね。パーツ自体はグリーンのフレームはプラの成型で、金属パーツも多く、マルイトンプソンの金属フレームと合わせると、そこそこの強度旗持ててます。

M41−Aパルスライフル2

このキットの最大の売りが、この残弾カウンター。映画でも効果的に使われてましたが、実際に銃口センサーと連動してBB弾の発射にあわせてカウンターが95発からマイナスされます。装弾数はマルイの多弾数マガジン(190発)を使用しているので丁度2回転でゼロになります。

電動ガン(次世代前)自体は目に見えて動くパーツがない分、カウンターのように動きが分かりやすいギミックは楽しめますね。架空の銃ですが。ブレードランナーブラスターと合わせて好きなトイガンです。

今日はここまで!!!!!!

←ポチッとお願いします

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR