FC2ブログ

MG325 マルシン S&W モデル2 アーミー

やっぱり年末はバタバタしますね。
何だかんだで忙しい

さて今回は「マルシン S&W モデル2 アーミー」モデルガンです。

S&W2アーミー

龍馬の拳銃として同じみのS&Wモデル2は98・99年頃の発売だったと思いますが、自分の印象としては「何故こんなモノを」という唐突感でした。後から知ったところに寄るとマルシンで発売される前に通販モデルとして「ブレインズ・レプリカ」「フランクリン・ミント」の両ブランドで龍馬の銃として販売されていたようです。

S&W2アーミー2

「龍馬の銃」を販売するというのが先にあれば、モデル2の製品化も分かったんでしょうが当時はそれ程情報が無かったしね。自分がこれを購入したのは龍馬云々じゃなくてチップアップ式のメカが新鮮だったことと、EXHW+木グリ仕様だったことですね。

チップアップ式とはバレル下側のフレームにあるロックを外してバレルを上に押し上げることで、シリンダーを外して装弾排莢をするメカのことです。他にもトリガーガードのないトリガー形式や、リアサイトを兼ねたシリンダーストップなどの過度期のピストルらしいアイデア満載です

S&W2アーミー3

実銃ではS&W社の2作目のカート式リボルバーで、前作よりも口径を拡大し32口径としたことから大ヒットし、S&Wの礎を築いたモデルということになっています。確かにSAA何かと比べると小口径ですがグリップ外乗に小さいのは何故?2本指で握るのが精一杯のサイズにどうしてなるのだろう。コンシールド性が必要だったのか。

グリップ以外も結構小ぶりなこのモデル2、中々面白いモデルではあります。

今日はここまで!!!!!!
←ポチッとお願いします
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR