FC2ブログ

MG371 フランクリン・ミント モーゼル ミリタリー M1932

さて今回は「フランクリン・ミント モーゼル ミリタリー M1932」モデルガンです。

ACM712

フランクリン・ミント社(以下F・M社)とは高級雑貨関連の通販を中心とした販売会社ですが,一時期マルシン製トイガンをカスタムするなどの付加価値を付けてラインナップに加えていました。今回紹介するモデルもそのひとつで、9880円×10ヶ月というとんでもない価格で販売されていました。

当然そんな価格で買うはずもなく、オクで1ヶ分と少々で購入しました。最も木製ディスプレイボードが付属していないので、通販用ではなく通常の流通で販売された商品の可能性もありますが、マルシンM712以下の価格で無ければ買わなかったでしょうねw

ACM712-2

マルシン製M712との違いは、ダミーカート仕様になっていること。ボルト等のシルバーメッキパーツが黒染めパーツになっていること。木製グリップもブラック仕上げになっていて、全体のトーンを合わせています。一番目に付く左サイドにある鷲の紋章はドイツ帝国のものを模しているようですが、1932年採用のこのモデルには時代的にそぐわないですね。

商品名称をマルシンのM712からF・M社がM1932に代えたのは違うモデルっぽく演出したかったのだと思いますが(M712はアメリカ販売時の形式名。1932は年式による区分名)両方とも同じモデルってことぐらい直ぐ分かるのにね。

また、F・M社の広告に出てくる国際軍事資料館なるもの(今回のM1932は監修したとあります)は幾ら調べても実態不明で,限りなく胡散臭い昔の通販会社の匂いを感じます。まともな軍事資料を扱ってるところなら、前述の鷲の紋章なんか付けないでしょうに。

ACM712-3

まあ、販売会社については色々言いたいことはありますが、正規で購入したわけでもなく、製品自体はマルシン製のしっかりしたものなので、モーゼルM712のバリエとして考えれば仕上げも悪くないし、金とブラックのコントラストも良い感じで気に入ってます。鷲の紋章については気にしないようにしてますが。

今日はここまで!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR