FC2ブログ

AG246 VFC H&K MP7A1

既に動画で紹介している「VFC H&K MP7A1 GBB」の紹介です。

DSC05653.JPG

気になるサイズについては、全長が420mm(国産2社はそれぞれ380mm)なので、一回り大きめになっています。現状H&K HP並びにH&K USA HPにおけるMP7A1の全長が415mm(USAではmm換算420mm)となっているので、リアルサイズなのはほぼ間違いないですね。6年前に製品化したモノと比べれば、よりリアルになるということでしょう。

DSC05800.JPG

基本的にサイズが一回り大きくなっただけで、細部については国内2社と再現性は変わりありません。異なる点はボルトリリースレバーの動きが逆になって、上から下に押し下げてボルトリリース(恐らくこちらの方が正しいはず)するようになっている点と、フロント・リアサイトの形状、サイドレイルがオプションになっているぐらいです。

DSC05655.JPG

サイドレイルはオプション製品の告知がありませんが、マルイ製G36C、VFC製G36Cのものが使用できますが、形状がリアルでアルミ製、オプションパーツとしても販売していたVFC製の方が良さそうです(3本セットなのでアンダーレイルが無駄になりますが)。最も予備マガジンの発売もまだなので、マガジンなどの販売と一緒に専用オプションとした発売されるでしょう。

UMAREXからKSC MP7A1用として発売されているQDサイレンサー&ハイダーがそのまま流用できますし、アルミ製トップレイルはピカニティサイズに準じているのドレスアップもし易いですね。

DSC05863.JPG

肝心の作動面も国産2社よりも重いボルトにもかかわらず快調で、この季節でも問題無く1マガジンをフルで撃ち尽くせます。海外製なので耐久性やマガジンのガス漏れなどの心配な部分はありますが、製品のデキ自体はは国産と遜色はありません。

早く予備マガジンを揃えて,撃ちまくりたいです。

今日はここまで!!!!!

VFC H&K MP7A1の詳しい記事はこちら。

VFC H&K MP7A1の実射動画はこちら。

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR