FC2ブログ

MG407 MGC S&W M459 HW (759風カスタム) その弐

さて今回は「 MGC S&W M459 HW (759風カスタム)」の続きです。

MGC459ー8

今回のカスタム(パーツ交換だけですが)のポイントはスライドではオリジナルリアサイトをM759のMMCサイトに交換したことで、スライド後部のボリュームがアップしています。実銃で、この形状のリアサイトが存在していたかは不明ですが、スライドよりもオーバーしているのでサイトレディアスは長くなっているから、理にはかなっているようです。

MGC459ー1

リアサイトが後部に突き出た影響で、操作しにくくなったハンマーはスパーを延長したM759のものに交換。見た目のバランスはこちらの方が良いようです。アンビセフティもM759の「くの字型」のセフティに交換しようと思いましたが、スライドには取り付けられても、フレームの出っ張り(スライドストップ固定用)につかるので、M459のものに戻しています。見た目の仰々しさは無くなりましたが、操作性は余り変わりません。

MGC459ー7

メインSPハウジング部分もM759のものと交換していますが、チェッカリングが入っているのと形状的に断面のRが強いためか、握り心地が少し良くなった感じです。ハウジング内部の形状がエアガンとモデルガンが異なるため、メインSP(ハンマーSP)はエアガンのものをそのまま使っています。作動的には問題ありませんが,発火したときのBLKに与える影響は不明です。

MGC459ー6

マガジンキャッチはM745用のロングタイプに、グリップもM745用のプラグリップと交換しています。個人的にはM459後リガーガードにはチェッカリンググリップのほうが似合うと思います。グリップ自体も薄いので握り心地も向上しています。予備で取っておいた木製グリップが見つからないので、ネットで探そうと思っていますが、最近見ないんですよね。

ちなみにグリップスクリューをシルバーのものに交換していますが、ABS時代のM39・M59は皿形ネジで、ガスガンのM459以降はナベ型ネジなので,厳密には互換性がありません。グリップについてもネジ部分がそれぞれ異なるので要注意箇所です。

このモデルのカスタム(パーツ交換)箇所は以上の5箇所(リアサイト、ハンマー、メインSPハウジング、グリップ、マガジンキャッチ)。全てポン付けなので本体加工も無く外見をここまで変えられるんですから、当時のモデルガンは楽しむ余地がまだまだ合ったという事でしょう。ガスガン用のマガジンボトムまで気が回らなかったのがちょっと残念でした。

今日はここまで!!!!!!
新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR