FC2ブログ

WE ナイツ PDW ver.3コンバージョンキット 組み込み その弐

さて今回は「WE ナイツ PDW ver.3コンバージョンキット 組み込み 」の続きです。トリガーユニット交換の為にロアフレームの分解を行います。

WE PDW UpGrade5

M4系に準じて、最初にグリップを外してセフティのクリック用のプランジャーとスプリングを取り外します。次に右側のセフティの六角スクリューを外してアンビセフティを取り外します。この時ハンマーはコッキング状態で行います。

WE PDW UpGrade4

左側からセフティを抜いて(抜きにくい場合はフレーム上部のシアーに連動している板状のパーツを前方に押しながら抜く)、この時ボルトストップも前方から固定ピンを抜いて外しておきます(どのみち交換するパーツなので)。

WE PDW UpGrade3

フレーム右側のピン固定用板スプリングを外して、マガジンキャッチ寄りの上部のピン(他のピンはダミー)を右側から叩いて抜きます(ピンは左側で固定されているので、右側から叩くこと)。後はフレーム内部でトリガーユニットを固定しているプラスネジを外して、トリガーユニットを上部に抜き出します。

WE PDW UpGrade

新トリガーユニットをフレームに組み込む前に、付属のノッカーロック用のパーツとスプリングを組み込みます。次に、フレームから取り外した旧トリガーユニットの右側面に付いている銀色のパーツ(シアーに連動した板状のパーツを抑えるパーツ)を取り外して、新トリガーユニットに取り付けます。

WE PDW UpGrade2

この状態の新トリガーユニットをフレームに取り付けてから、ボルトストップは新規のモノに交換してから逆の手順で組み立てます。最後にバッファーをキット付属の薄いタイプに交換して終了です。

WE PDW UpGrade13

ここで手動で操作しながら摺り合わせなどの調整を行う予定でしたが、純正パーツだけあって全く問題がなく、本当のポン付けで作業完了。途中手間取ったことと言えば、トリガーユニットを取り付ける際に、旧ユニットからの銀色のパーツを付け忘れたことぐらいでした。

もっともネット情報で大まかな分解方法が分かった事が、簡単に組み込めた最大の要因ですけどね。

実射してみたところ、マガジンの挿入時に多少力が要る(ようは叩き込む感じ)ようにはなりましたが、装弾不良は解消しました。ブローバックの調子も良くなったようなのでWEのHPを確認すると、ver.3になってシリンダー径が大きくなっていたようです。

今日はここまで!!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR