FC2ブログ

AG288 WA コルト ホーグ ビアンキスペシャル 完結編

今回で「WA コルト ホーグ ビアンキスペシャル」も4回目、一応の完結編です。

WAホーグカスタム15

新装なったホーグビアンキスペシャルですが、WAから発売されたのは2009年。その後何度が仕様を代えて発売されたと思いますが、今回入手したのは元箱の様子から2009年のモデルと思われます。

時期的にはSCW2とSCW3が混在していたと思いますが、新発売モデルだった事もあり固定HOP仕様、ノッチ対策ありのSCW3モデルのようなので、現行モデル並の仕様です。

WAホーグカスタム16

ホーグの6インチカスタムは過去MGCから限定カスタム、NMのキットモデル、WAからもカスタムとしてモデルガン化されていましたが、いずれもミッキー・ファラー氏がビアンキカップで使用したモデルではなかったので、長年の憧れでした。

WAホーグカスタム23

最も近かいメージだったのがMGCの限定カスタムでしたが、スライドがシリーズ70のものでした。ビアンキカスタムは1963年〜68年までのUSナショナルマッチのスライドで作られている事です。

ボブ・チャウカスタムと同じ「「NM7791435」のスライドNO(これについては過去色々悩んで調べましたw)がビアンキカスタムにもしっかりと入っていますし、セレーションが斜めになっていてスライドトップにリブの無いスタイルが格好良いんですよね。

WAホーグカスタム17

レストア後に試射してみると、スライドが重い事もあって反動はノーマルスライドのガバよりも重い感じですがモッサリした感じはありません。弾道も素直な感じなのでパッキンの劣化は無さそうです。今度集弾性も試して見たいですね。

ノッチ対策がされているのを良い事に、スライドをホールドオープンさせてロングスライドストップレバーでリリースするのに嵌まってしまいました。

実用面から最近のカスタムガンには使用されなくなりましたが、便利な事は確かですね。80年代初頭のカスタムモデルの雰囲気って本当に良いですね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR